TOP >作品データベース >ビューティフル・デイ

ビューティフル・デイ

みんなのつぶやき
「ビューティフル・デイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    41
  • 普通
    7
  • 残念
    2
総ツイート数
1,533
ポジティブ指数89
公開日
2018/6/1
原題
You Were Never Really Here
配給
クロックワークス
上映時間
90分
解説/あらすじ
「ザ・マスター」「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」などの実力派俳優ホアキン・フェニックスと「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督がタッグを組み、第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞...
Copyright (C) Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. (C) Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • yuuri_k08
    『ビューティフル・デイ』実は途中で耐えられないかも…と思ったんだよね…。音量がキツくても劇場はそのまま向き合うしかない。そう思った作品は久々で、でもしっかり見届けたくて…観終わった後は疲労感と、じわじわ来る熱い感情でいっぱいだった。
    いいね
  • yuuri_k08
    先日観た『ビューティフル・デイ』たぶん今年のベストになるんじゃないかな…素晴らしい映画だった。
    いいね
  • take_suyama
    「ビューティフル・デイ」、斬新な感覚はあったけど、それでも俺はPVぽいと感じた。ちなみにPVぽい映画を否定してる訳ではなく、要はそのカメラワークやカットや編集が効果的かどうかだと思う。
    いいね
  • sashay__shante
    そういえば『ビューティフル・デイ』のホアキンさん、とにかく肉体が凄かったんだよ なんていうかこう…あの妙にモリモリと分厚くて、傷だらけで、なんとも言えない哀愁というか…肉体の迫力がすごいんだわ なによりも彼の人生を雄弁に語っている肉体 ほんとすごいから、必見
    いいね
  • jili_t
    ビューティフルデイは少女役の子がかわいかった映画。タクシードライバーに似てた!
    いいね
  • RikkarJ
    「ビューティフル・デイ」鑑賞。またしてもヤバい映画観ちゃった…胸のざわつきが抑えられない。セリフ少なめで映像と音に無意識に集中させてくれるし息苦しくなるシーンが度々あるしなんといっても殺しアイテムがトンカチ🔨ってところがグッときた。
    いいね
  • NagayamaTds
    「ビューティフル・デイ」BGMは少なければ少ない程良い、と言う人をぶん殴るような劇伴が素敵。音量もでかくて耳障りで爽快。 内容は良く分からない。ひたすらホアキン・フェニックスの強烈な佇まいを見る映画。こういうワガママな映画もシネコンで見られるのが良い。
    いいね
  • Iri_Zeze_Laika
    『ビューティフル・デイ』は素晴らしかったなあ 内面的な狂気を客観的に描いて、ジョニー・グリーンウッドの音楽がまるで精神に巣食うモンスターみたいな役割を果たしてる リアルサイコパスのホアキンとアンビエントではなく、ロックミュージシャンのジョニーだから成立した作品だね
    いいね
  • bnd_ksk
    「少年は残酷な弓を射る」 残酷の方向性と結末、説明の少なさがかなり好きなタイプでした。 調べたら新進気鋭の女性監督。現在新作「ビューティフルデイ」公開中の様子。 今後もメインストリームに流されず、この路線のを作り続ければ名作を産み出してくれそう。
    いいね
  • lubudaloso
    「ビューティフル・デイ」、、サイコを見れていないのだが、、、それがこの映画の中でとてもユーモアを感じさせるのが良い。ジョーが、水浸しのバスルームを掃除するシーンで着ているあのズボンの柄に、私は明るさを感じてしまう。人間らしさというか。。
    いいね
  • m___419
    『ビューティフル・デイ』映像音楽演技どれをとっても素晴らしい。さすがリン・ラムジー。相反する存在が繋がる瞬間が印象的。
    いいね
  • arikuikun
    『ビューティフル・デイ』 型破りな楽曲の挿入の仕方も新鮮でどんどん作品世界に惹き込まれる。本当に凄い映画を観てしまった。
    いいね
  • iha0130
    「ビューティフルデイ」はキューブリックが撮ったタクシードライバーのようであり、ノーカントリーの匂いも感じるし、レオンの匂いも感じるし、ドアップの演出はミヒャエルハネケのセブンスコンチネントぽいなと思ったり。とにかく傑作達の集合体みたいなとんでもない映画でした。
    いいね
  • bandits1997love
    『ビューティフル・デイ』、彼と彼女の向かう先はきっとレオンとマチルダのようではないのだろう。高齢の母と暮らす独身男性を描いた介護映画でもある。ジョーはトラウマを抱え生き延び、トラウマを抱えるだろうニーナと共に生きていくのか。
    いいね
  • aburahaya
    「ビューティフル・デイ」殺し屋が少女買春をさせられている少女の奪還を依頼されるという「レオン」みたいな映画かと思いきや全然違った。どこでも入手できるハンマーで撲殺するスタイルが身上なので凄惨な描写が続くけど妙に幻想的で全てが主人公が見ている夢のようで現実感がない。
    いいね
  • chi_masagaya
    「ビューティフルデイ」作品全体を包むJグリーンウッドの音楽はこの映画の一部となって冷たく輝く…素敵だ。
    いいね
  • yama_tt
    ビューティフル・デイ、何がいいって90分であるところがいい。あれが120分あったら、またがらっと印象が変わってしまう。90分、なんだけれどすごく濃密である。ヒロインが出過ぎないのもよい。もっと観ていたいと思わせる絶妙なペース配分であった。すごく残酷で綺麗な映画。
    いいね
  • s_utsugi
    『ビューティフル・デイ』、大変素晴らしい作品でした。トンカチ片手にさまようホアキンの姿は、恐ろしくもあり、哀しくもあり、寂しくもあり。やっぱり自分はこういう寂しくて遣る瀬無い人物が危うい足取りでフラフラしてる映画が大好きなんだなぁ、と。
    いいね
  • ion_alcali
    「『ビューティフル・デイ』の劇伴、マジ神だったなあ…。監督のリン・ラムジーの監督という仕事の範疇を超えるレベルの音楽的センスは一回置いといて、まず劇伴が最高!!大正解!えっと音楽のジョニー・グリーンウッドって………って、レディへのジョニーじゃねえか!!!(スマホをブン投げる)」
    いいね
  • raincity3
    すでに日本公開が始まったリン・ラムジー監督のフィルムノアール「ビューティフル・デイ」。ジョニー・グリーンウッドの音楽は、いつも通りさえているし、ふホアキン・フェニックスにも胸を打たれる。リンの映画、もっと、日本でも多くの人に見てほしいです。
    いいね
    もっと見る Loading...