TOP >作品データベース >30年後の同窓会

30年後の同窓会

みんなの感想/評価
「30年後の同窓会」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    45
  • 普通
    6
  • 残念
    2
総ツイート数
1,616
ポジティブ指数93
公開日
2018/6/8
原題
Last Flag Flying
配給
ショウゲート
上映時間
125分
解説/あらすじ
「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督が、「さらば冬のかもめ」でも知られるダリル・ポニックサンの小説を原作に、30年ぶりに再会した男たちの再生の旅路を描いたロードムー...
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • frodopyon
    #30年後の同窓会(2)  ♡この作品と「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」でスティーブ・カレルの印象がまるで違うのに感心。こちらでは物静かで朴訥とした雰囲気。戦死者に対する政府の嘘について、怒りと癒しの両方を描いているのが優しいな。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『30年後の同窓会』#movie 発端の唐突感を乗り越えれば楽しめる反戦ロードムービー📽😄
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『30年後の同窓会』を鑑賞。30年間音信普通だった軍隊仲間との再会。最初は、微妙な再会だったかも知れないが、強烈なひと時を過ごした仲間との絆は大きいよね。ただ、戦争は、深い傷を残すよね。心に染みる映画でした。
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『30年後の同窓会』りんクレーター監督作は概ね好きなのだがこれはモヤった.ロードムービー部分と30年前のできごとへの決着は良い(時間にして9割以上).しかし,,,そこで星条旗なのかぁ…
    いいね

    普通
  • pharmacy_toe
    『30年後の同窓会』30年ぶりに再会した友人たちとのロードムービー。変わりゆく社会と変わらない友情。息子が引き合わせた理由 http://eiga-suki.blog.jp/archives/lastflagflying.html
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『30年後の同窓会』ストーリーは悪くないんだが、むしろ良すぎるぐらい。ただ映画の主旨はなんだかんだ言ってもアメリカは軍事大国だしそのためには国旗も掲げるよという内容だ。ガス抜き映画っていうところか。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『30年後の同窓会』邦題はかなり違うぞ。「Last Flag Flying」だもの。ベトナム戦争の退役軍人の30年後。その一人の男の息子が湾岸戦争で戦死したというストーリー。その遺体を引き取りに行く3人の悲喜劇。アメリカの戦争批判も含まれているのだがラストは国旗を引き立てる内容。
    いいね

    残念
  • Mochina1984
    『30年後の同窓会』渋い。イラクで戦死した息子を迎えに行く主人公とベトナム戦争の戦友二人。今のアメリカとかつてのアメリカをうっすらと対比させつつ、3人の過去が浮かび上がる丁寧な作り。ロードムービーというよりは電車ムービーな点も良い。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【30年後の同窓会】理不尽に人生を変えられた男たちの傷心の旅は、国家への静かな怒りを滲ませる。それでも国への誇りを失わず、彼らが笑っていられるのは共に戦う仲間がいるから。”まだ闇じゃない”と歌うディランの曲はまるで鎮魂歌のように響く
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『30年後の同窓会』シネマイクスピアリにて鑑賞。二つの戦争の悲劇を三人の中年男を通して描くほろ苦ロードムービー。道中から浮かび上がる喪失感や贖罪の気持ち、戦争の意義。三人の掛け合いが時に可笑しく泣き笑いな気持ちに。静かな反戦映画だ。
    いいね

    良い
  • snow200
    『30年後の同窓会』アメリカ版あゝ同期の桜。海兵隊の同期が30年後に出会う。テニスプレーヤーや御曹司ではなく妻・息子を失い人生の悲哀を集めるスティーブ・カレル、良い役者だ。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『30年後の同窓会』息子を亡くした男とその腐れ縁の戦友が、息子の亡骸を地元に連れ帰るロードムービーだが、性格も行動も異なる男たちだが、なんだか正義の味方のようで、戦争という悲惨な行いを風刺してくれているようんだ
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『30年後の同窓会』リンクレイターらしい映画。同窓会の題名だけど結果として同窓会になってる。自分が本当に困って一人で辛い時に友人はありがたいもの。沢山の下品な言葉も上等。しばらくぶりでぎこちなくても気持ちが通じる。爽やかさも感じた!
    いいね

    良い
  • renn6161
    『30年後の同窓会』リンクレイターは言葉で世界や人間を描き出す名手だ。かつて(いい言葉だ)海兵隊で戦った3人の男たちのロードムービー。下ネタの爆笑シーン、嘘に向かい合うシーンに痺れる。エミネムはデトロイト?地域に詳しくなりたい。
    いいね

    良い
  • koring95
    『30年後の同窓会』3人のおっさんのロードムービー。アムトラックで旅したくなった。リンクレイター節が心地よい。
    いいね

    良い
  • no_emedia
    わたし達は戦争の理由を知って 家族や友達や恋人を戦地に送っているのか? どういうふうに死んでいったのかを わたし達は知ることができるのか? この先も戦争が続くのであれば 人は哀しむ理由を問い続ける 『30年後の同窓会』
    いいね

    良い
  • no_emedia
    【教訓】 友達は同類ばかりでない方がいい 同意するだけが友達ではない 異なる答えが背中を押すこともある 『30年後の同窓会』
    いいね

    良い
  • garancear
    『30年後の同窓会』リンクレイター監督のアメリカに対するステートメントという印象。戦争と隣り合わせで「どの世代でも戦争がある」とは日本とはまるで価値観が違う国なんだと実感する。S・カレルは予告でテニスしていた人と別人過ぎて天才か。同窓会の話ではなかった。 #映画
    いいね

    良い
  • g510m
    映画『30年後の同窓会』。傑作。
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『30年後の同窓会』鑑賞 名優3人がまるで“あの頃”に戻ったかのように他愛もない話をしながら、冷戦以後の米政府の無意味な戦争を徹底的に皮肉る 静かな話なので序盤やや退屈に感じたが、最後はきっちり泣かせてくれる作品だった
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...