TOP >作品データベース >彼が愛したケーキ職人

彼が愛したケーキ職人

みんなの感想/評価
「彼が愛したケーキ職人」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    45
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
49
ポジティブ指数97
公開日
2018/12/1
原題
The Cakemaker
配給
エスパース・サロウ
上映時間
109分
解説/あらすじ
イスラエルの若手監督オフィル・ラウル・グレイツァ監督が、同じ男性を愛した2人の男女の姿を描き、イスラエルのアカデミー賞といわれるオフィール賞で9部門にノミネートされたほか、国外の映画賞でも多数の...
(C)All rights reserved to Laila Films Ltd. 2017
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • pharmacy_toe
    『彼が愛したケーキ職人』とても切なかった。ドイツ人とユダヤ人の間に横たわる困難も、ジェンダーにまつわる差別や偏見も「愛」があれば乗り越えられると思えた作品。そんな渋い状況にある人々を繋ぐのが美味しいスイーツだというのもまた良かった
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『彼が愛したケーキ職人』鑑賞。同じ人を愛した二人であり、国、宗教、文化、セクシャリティの違いのスリリングな状況の中、人の想いだけにフォーカスし心の機微を繊細に描く素晴らしさ。思わせぶり過ぎる位だが、あの表情は何を想っていたのか。少しでも分かったのだろうか。そんな余韻で一杯になる。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『彼が愛したケーキ職人』‪鑑賞。愛する人への想いに区切りをつける為にトーマスはエルサレムにやって来たのか。彼の行動がアナトと息子を巻き込んで行く。亡き夫の【恋人】を彼女は許せるのか。映像が物語る複雑な感情が心に響いた。#eiga
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『彼が愛したケーキ職人』イスラエルのカフェに身分を隠してやって来たドイツ青年。美味しそうなお菓子に、次第に馴染んでいく様子。意外な泥々の関係か見えてもどこか爽やか。言葉はほとんどなく、その行動や所作で物語を紡ぐ。丁寧なつくりの良作。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『彼が愛したケーキ職人』亡くなった彼をそこまで忘れることが出来ないケーキ職人。白いちょっとぶよっとした体が、変態チックに見えなくもない彼だが、彼女のところへ素性を隠して出向きいっしょに店をやる姿がこれからを予想される。へんな法律やね
    いいね

    良い
  • miko17miko
    『彼が愛したケーキ職人』 題材的には限りなく酷いドロドロのお話にできるのに、儚くて優しくて愛しいお話でした。誰も悪くないけど皆が罪の意識を持っている。だからせつないのかな。大柄なトーマスが可愛らしくて、一層せつない。
    いいね

    良い
  • garancear
    『彼が愛したケーキ職人』厚みがあり柔らかそうな身体の寡黙なトーマスがお菓子を作る魅力的な設定。ごく抑えた演出と美味しそうなケーキや料理、ピュアな愛情。しかし身分を隠してイスラエルに行ってそんなん絶対ばれるでしょ、その間店は?などとも思ってしまう。 #映画
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『彼が愛したケーキ職人』@恵比寿ガーデンシネマ♪楽しみにして初日に行ったのに機材トラブルで最後20分を残して上映中止に…。あそこまでじゃ、もやもやした気持ちのままだよ。。しばらく恵比寿で観たいのも無いし、もう1回は観れないだろうな。
    いいね

    残念
  • frodopyon
    #彼が愛したケーキ職人  ♡エルサレムとベルリンが舞台。トーマスは、澄んだ碧眼で、ぷにぷにっとした体型で、肌が白くてすべすべで、穏やかな表情で、美味しいお菓子を作ってくれる。まるで『ベイマックス』w 側にいて欲しくなるよねぇ。。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『彼が愛したケーキ職人』同じ男を愛した男女の喪失と再生の先で、国や宗教観が遮ろうとも、同化していく愛の行方。愛する実像を失った者達の悲喜を繊細に捉えるシーンの数々が抑えられているのに深く刺さる。甘酸っぱい黒い森を抜けて安らぎの日へ。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【彼が愛したケーキ職人】生身の身体に触れることも触れられることも叶わなくなった後なお違う形で愛するという行為を続ける尊さを噛み締めた。LGBT作品らしく母の視線など抑えた描写から伝わるものが豊かで素晴らしい恋愛作品だった。 #映画
    いいね

    良い
  • snow200
    『彼が愛したケーキ職人』愛にまつわる喪失と再生を繊細に美しく切なく描く。映像の美しさと細やかな演出に酔いしれる。どうしようもない恋心が愛おしい。
    いいね

    良い
  • shoichi_jakeino
    『彼が愛したケーキ職人』試写で。全体通して穏やかな気持ちで観れてた気がする。切ないんだけどね。2人を引き寄せるのは共に愛した人の死だから。低予算作らしいんだけど全くそんなの感じさせない。愛を柱に、文化・宗教・食など広い視野で見せて教えて気づかせてくれる感じが好き。余韻に浸りたい。
    いいね

    良い
  • miee_xxxx
    『彼が愛したケーキ職人』イスラエルとドイツ、国柄宗教などの違いなどは愛が超えてしまうんだなと。自分の愛した人の奥様に会ってみたい、と思うのは同性だからかな。ケーキがとても美味しそうでした。
    いいね

    普通
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「彼が愛したケーキ職人」同じ人を愛した彼への怒りは、甘いケーキと共に流れていく。』 https://twitter.com/yukigame/status/1066046125054939136
    いいね

    良い
  • cooper_cat
    『彼が愛したケーキ職人』イスラエル・ドイツ映画。面白い設定の三角関係。性別、国、宗教、言語等、様々な事が異なる中、職人のお菓子がそれぞれを繋ぎ、喪失感と愛情が共通する。複雑な感情と純愛が混在する素敵な映画でした。傑作。
    いいね

    良い
  • marco_22nd
    ドイツ人男性とイスラエル人女性、2人が愛したイスラエル人男性。亡くなったその男性の記憶を介して2人が見知らぬ者同士からどう関係を変化させるのか。人種、性、宗教などの問題を織り交ぜながら静かに語られる愛の話。
    いいね

    良い
  • usacofuwa2
    『彼が愛したケーキ職人』ベルリンとエルサレムの描写がいい。特にイスラエルの街と人々の生活の様子が興味深くて。こういうその土地を描く映画がとても好き。あとドイツの黒い森のケーキ←好き。見たあと食べたくなってしまった😅
    いいね

    良い
  • usacofuwa2
    『彼が愛したケーキ職人』これtiffで見たかったけど公開が決まってるので待ってた作品!愛した人の不在と喪失について物語。失った彼を愛してたのが妻と男性の恋人、イスラエル人とドイツ人。でも境界関係ない。突然の不在に直面する普遍的な話。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『彼が愛したケーキ職人』亡くなった同性愛の相手を偲ぶため、その妻子に会いに行くというのは、下手をすると悪趣味な話になりそうだが、何とも純なラブストーリーになっている。ドイツとイスラエルといういわくを超えた2つの恋愛が強く印象に残る。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...