TOP >作品データベース >アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合

アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合

みんなの感想/評価
アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    7
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
8
ポジティブ指数100
公開日
2018/11/10
原題
Anna Karenina. Istoriya Vronskogo
配給
パンドラ
上映時間
138分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SARUCO1013
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合』世界に名だたる、何度も映画化された作品。原作も未読ですが、その魅力は何なんだろう?今は亡き母と恋人を追憶で象る、それも〝アンナ〟という人間の一面なのだろう。馬車もドレスも風景も厚みがあった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合』アンナの産褥熱での錯乱でカレーニンに許しを請うのだがそれは妄想の中での死を悟ってのもので生きていくならば懺悔はしない。そういう気の強さはアンナを演じたエリザベータ・ボヤルスカヤはよく出ていた。錯乱する馬車が汽車と置き換えられた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合』競馬での落馬シーンが落ちぶれ貴族を物語っている。そこにアンナは母性本能をくすぐられるのかな。夫であるカレーニンは原作ではそれほど悪人でもなかったのだがここでは面子にこだわるブルジョアという感じ。アンナの不倫を体面的に許すといいながら支配。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合』今まで観た「アンナ・カレーニナ」の中では一番意志が強いアンナだ。出会いのシーンの鉄道自殺のシーンはなかった。ラストも描かれていない。描かれているのはヴロンスキーの日露戦争での満州の敗退シーン。ヴロンスキーはイケメンだけど力不足のナイト。
    いいね

    良い
  • snow200
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』ロシア映画。原作ではアンナの死後ブロンスキーは露土戦争へ赴くが、さらに30年後日露戦争下の満州が舞台。アンナの息子セルゲイへ回想するブロンスキー。愛の亡霊に取り付かれた男が哀れに見える。
    いいね

    良い
  • garancear
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合』本場ロシア映画で美術や衣装が美しくウットリ。ロケ地も素敵。アンナはハリウッドじゃないロシア美人だ。映画化も多い有名な物語だけに日露戦争を絡めたヴロンスキーの回想という一捻り。それが有効だったかは疑問だったけれど。 #映画
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合  ♠国産(ロシア制作)のアンカレ。アンナの息子(既に中年)がブロンスキーに母親との記憶を語ってもらう設定。母親の謎が次第に明かされていく設定はミステリーっぽく、あっけないEDも可笑しい^^
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』試写。何度も映画化されているトルストイの名作だが、本場ロシア製は久々かも。副題の通り、ヴロンスキー視点のドラマ。ヒロインのアンナがただの身勝手な女に描かれている辺りは男性の心情に寄り添った感が。セットが豪華で、かなりお金をかけている。
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    yousan330
    1611movies / tweets

    follow us