TOP >作品データベース >アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合

アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合

みんなの感想/評価
「アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数100
公開日
2018/11/10
原題
Anna Karenina. Istoriya Vronskogo
配給
パンドラ
上映時間
138分
解説/あらすじ
ロシアの文豪トルストイの古典的名作「アンナ・カレーニナ」をベースに日露戦争の要素を加え、アンナの死後をテーマに展開するドラマ。日露戦争はぼっ発した1904年。満州に軍医として赴いていたセルゲイ・...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • snow200
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』ロシア映画。原作ではアンナの死後ブロンスキーは露土戦争へ赴くが、さらに30年後日露戦争下の満州が舞台。アンナの息子セルゲイへ回想するブロンスキー。愛の亡霊に取り付かれた男が哀れに見える。
    いいね

    良い
  • garancear
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合』本場ロシア映画で美術や衣装が美しくウットリ。ロケ地も素敵。アンナはハリウッドじゃないロシア美人だ。映画化も多い有名な物語だけに日露戦争を絡めたヴロンスキーの回想という一捻り。それが有効だったかは疑問だったけれど。 #映画
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの場合  ♠国産(ロシア制作)のアンカレ。アンナの息子(既に中年)がブロンスキーに母親との記憶を語ってもらう設定。母親の謎が次第に明かされていく設定はミステリーっぽく、あっけないEDも可笑しい^^
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』試写。何度も映画化されているトルストイの名作だが、本場ロシア製は久々かも。副題の通り、ヴロンスキー視点のドラマ。ヒロインのアンナがただの身勝手な女に描かれている辺りは男性の心情に寄り添った感が。セットが豪華で、かなりお金をかけている。
    いいね

    良い