TOP >作品データベース >ウインド・リバー

ウインド・リバー

みんなの感想/評価
「ウインド・リバー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    102
  • 普通
    5
  • 残念
    0
総ツイート数
3,543
ポジティブ指数95
公開日
2018/7/27
原題
Wind River
配給
KADOKAWA
上映時間
107分
解説/あらすじ
アメリカの辺境を舞台に現代社会が抱える問題や現実をあぶりだした「ボーダーライン」「最後の追跡」で、2年連続アカデミー賞にノミネートされた脚本家テイラー・シェリダンが、前2作に続いて辺境の地で起こ...
(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nani1tenda
    『ウインド・リバー』寒々とした広大な場所での息詰まるサスペンス。見捨てられたかのような先住民の深い悲しみに心が痛む。レナーハンターのやるせない表情が多くを語る演出と渋く熱く燃える緊迫したアクションはとても見応えがありました。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ウインド・リバー』@ 塚口サンサン劇場観。「少女は何故死んだのか?」極寒の背景に静かな重厚さで奏でるサスペンスであり人間ドラマの秀作!前半でほぼ事件概要は掴める簡素な創りだが根は深いで不快。転じての銃撃戦に震えが走る!陰惨で天晴れ?な結末と壱枚の写真が教える激情。極太な余韻。
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『ウインド・リバー』アメリカの辺境に追いやられた先住民の現実とそこで起きた犯罪が絡み物語は淡々と進むが雪景色の閉塞感も相まってズシンとくる。銃撃戦も緊迫感があって良い。よそ者の頼りないFBI捜査官の視点に立ちやすい。アメリカ闇深い。
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『ウインド・リバー』辺境の地、その地に生まれた者と充てがわれて来た者の因習による悲劇だが、童話を見るような気持ちになるのは何故か。緊迫感のある重い話だが、救いと希望があるから。アベンジャーズコンビにグッと来て生き様に涙する。傑作。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『ウインド・リバー』 ▼10/6/18鑑賞 【セレクト作品上映(2018シネアーツ)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ウインド・リバー』テイラー・シェリダンの脚本には厳しさの中にこそ優しさの本質がある、といつも教えられている気がする。銃撃戦の描き方も上手い。ジェレミー、エリザベスのキャラクターにはみな心奪われてしまう。孤独が人を蝕みませんよう。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    69本目『ウインド・リバー』(@tenpara_tw)。サスペンスより社会的メッセージの強い作品。荒涼たる雪景色に米社会の闇が浮かび上がる。観客はE・オルセン演じる新米捜査官と同様に過酷なネイティブアメリカン保留地の現実を知るのだ。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ウインド・リバー』★★★☆☆「THE GREY 凍える太陽」等の寒々映画の系譜
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ウインド・リバーみた。統計の対象でないNative Americanという存在と犯罪の経緯とか、娘を亡くした父親の悲しみという普遍的な材料をうまく混ぜて物語にしている。緩急、静騒、そして白黒(人種ではない)の対比が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ウインド・リバー』 アメリカのインディアン居留地で起きた殺人事件。そこから明らかになるネイティブアメリカンが抱える闇 http://eiga-suki.blog.jp/archives/windriver.html
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ウインド・リバー』女性とネイティブアメリカンへの差別や貧困といったテーマが犯人探しやジェーンの成長と絶妙なバランスで描かれて最後まで目が離せない。単純にエンタメとして面白いしワイオミングが舞台だからかコリーが西部劇の主人公の様。
    いいね

    良い
  • G31IC
    映画『ウインド・リバー』を鑑賞。人から見捨てられた様な寒々とした土地で事件は起こる。話が進む中、少数民族や貧困の問題が浮き上がって来る。良い作品なのだが、よくあるハリウッド風で終わるのは、少々、残念。頼りないFBI捜査官が印象的。
    いいね

    良い
  • sambalsoton
    『ウインド・リバー』 スノカモファッションカッコいい!
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『ウインド・リバー』角川シネマ有楽町。社会ドラマとミステリーの要素が絶妙なバランス。これは観てよかった。久し振りにガツンと衝撃を受けました。ジェレミー・レナー、今回はライフルを手に悪党を追い詰める。
    いいね

    良い
  • tykhobluemoon
    『ウインド・リバー』現代の西部劇。カウボーイハットじゃなくて防寒具。拳銃じゃなくてライフル。無法者に正義の鉄槌を下すのは誰だ。あの頃の西部劇と違うのは、より世界がややこしくなっていることか。今も根っこには同じモノが潜んでいる。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『ウインド・リバー』二回目の鑑賞。この映画やっぱりシビれる。
    いいね

    良い
  • snow200
    『ウインド・リバー』テイラー・シェリダン初監督作品。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞。 アメリカの辺境、ワイオミング州先住民居留地の現実、そんな中で生きる人々を鋭く描いた秀作。雪に埋もれた静かな映像が印象的。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『ウインド・リバー』アメリカの貧富の差や居留地の治安体制など様々な問題が練り込まれた話は胸を抉られるような様相で展開されとても考えさせられる。ネタバレしないように書けませんが社会派作品として非常見応えのある一作ですので、超オススメ
    いいね

    良い
  • koring95
    『ウインド・リバー』サスペンスとして単純なプロットながらそれぞれの人物背景や社会背景がしっかりしていてなかなか深い味わいの作品だ。つらいシーンもあったけど映画として見応えがあった。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『ウインド・リバー』アート映画の静謐さ、映像美、社会派風の切り口を援用しながら勧善懲悪私刑執行映画を今の時代にやり切ろうという試みは、それでも結構危ないとは思いつつ、アクションのカッコ良さとオルセンさんの美しさに痺れて楽しみました
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...