TOP >作品データベース >ウインド・リバー

ウインド・リバー

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    119
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
3,551
ポジティブ指数95
公開日
2018/7/27
原題
Wind River
配給
KADOKAWA
上映時間
107分
解説/あらすじ
雪深いアメリカのネイティブアメリカンが追いやられたワイオミング州の“ウインド・リバー”に突如見つかった女性死体――。新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が単身FBIから派遣されるが、不安定な気候と、慣れない雪山の厳しい条件により捜査は難航。ジェーンは地元のベテランハンターかつ、遺体の第一発見者のコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)に協力を求め、共に謎を追うが、そこには思いもよらなかった結末が…。
(C)Ⓒ2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • usacofuwa2
    『ウインド・リバー』ミステリー映画としてエンターテイメントを通して暗い現実を知ってもらう、こういう映画の力いい。世の中から忘れられたアメリカの闇。なぜ先住民の少女たちの消息がわからなくなるケースが多いのか。まず知られることが一歩。
    いいね

    良い
  • usacofuwa2
    『ウインド・リバー』実話ベースだということをあらかじめ知っていたのにミステリーに没頭、いつのまにか頭から消え去り謎解きばかりに集中して観てた。そして最後に実際にこういうことが起きていること。ことの大きさに衝撃を受ける。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    ウインド・リバー・極寒辺境の居留区。ハンター家族におきた悲劇。そこにまた少女の悲劇。音楽が殆どない。フロリダ出身の若いFBI新人捜査官と共に土地を案内されて行く。現代のウエスタンにも思えたが先住民族を見えなくしている暗黒大国だった
    いいね

    良い
  • Shimy_0
    『ウインド・リバー』なかなかに重たい作品。日本人の知らないアメリカの現実が描かれていた。あと、真冬のこの時期に見るとさらに体が冷える感じがする。ジェレミー・レナーは地味だけど、すごくいい俳優(本作では弓ではなくライフル装備)
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ウインド・リバー』ジェレミーレナーは弓矢を使わなかったけど緒形直人には似てる。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ウインド・リバー』法制度の不備。悲劇が起こっているのに悪人がいるのに悪人がいないような気さえしてくる。自分の環境はまだ恵まれているような勇気をもらえた。酔っ払いの面倒臭さがすごい。
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『ウインド・リバー』/先住民が暮らす保留地が政府にほぼ放置され、無法地帯と化している現状に衝撃を受けた。静かな演出に終始緊張感が張り詰め、展開から目が離せない。極寒の地で主人公たちが貫こうとする正義は熱く、優しい台詞が胸に沁みた。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ウインド・リバー』ストーリー自体はいたってシンプルながら、サスペンスとしても西部劇的な復讐劇としても見応えあり。愛する人を失ったやり場のない悲しみを映像と表情で描き出す手腕は見事。それに応えたジェレミー・レナーの演技も素晴らしい。
    いいね

    良い
  • gk21nika
    18240『ウインド・リバー』ジェレミー・レナーがむっちゃいい役で、カッコ良すぎ!地味ーな作品ではあるが、素晴らしいセリフの数々。ハデなアクションはほんの僅かではあるが、見せ方1つで、こんなにも効果あるんやなあ。いい作品でした!
    いいね

    良い
  • maispacemailife
    『ウインド・リバー』を観た。地味ながらいい映画だった。「この世界はフェアじゃない、でも世界には勝てないから俺は感情と戦う」「辛いことから逃げないで悲しみぬけ。」主人公が兎に角カッコイイ。それは己との戦い続ける姿にきっとそう思えたのだろう。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    病室。現地人ではないベッドのバナーに、ランバートは冗談めいて雑誌を読んでやろうと女性誌を開く。「好きな人への10のサイン 話すときに目を見る …普通では?」と、原理原則である“インディアンの十の掟”をなぞらえる。『ウインド・リバー』
    いいね

    良い
  • masurrey
    『ウインド・リバー』見た
    いいね

    普通
  • asabou050711
    『ウインド・リバー』面白かったぁ。説明過多でも見せ方次第でなんとでもなるんだなぁ
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『ウインド・リバー』生き抜くか諦めるかしかない酷寒の地。生き抜くために雪山を裸足で10キロ歩いた少女に泣いた。
    いいね

    良い
  • ONOUEX
    『ウインド・リバー』自然
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ウインド・リバー】雪原を染める血は、アメリカが築いてきた暴力の歴史。土地を追われ、居なかった者のように扱われてきた理不尽は、現代もこうして先住民を苦しめ続ける。銃口は今、見たくないものを見ようとしてこなかった人々に向けられている。
    いいね

    良い
  • saaco5909
    『ウインド・リバー』やっと近場で公開になって待ってた。極寒の地の閉塞感、実話ベースで辛くて重かった。ジェレミー・レナーがカッコいい。
    いいね

    良い
  • dendenbium
    『ウインド・リバー』シネマテークたかさきで鑑賞完了です ジェレミーレナー史上最もカッコいい主人公が活躍するサスペンス映画 白眉なのは終盤の銃撃戦、ピンチからの『無双』としか言えない殲滅ぶりに惚れた 今年ベスト10候補
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ウインド・リバー』寒々とした広大な場所での息詰まるサスペンス。見捨てられたかのような先住民の深い悲しみに心が痛む。レナーハンターのやるせない表情が多くを語る演出と渋く熱く燃える緊迫したアクションはとても見応えがありました。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ウインド・リバー』@ 塚口サンサン劇場観。「少女は何故死んだのか?」極寒の背景に静かな重厚さで奏でるサスペンスであり人間ドラマの秀作!前半でほぼ事件概要は掴める簡素な創りだが根は深いで不快。転じての銃撃戦に震えが走る!陰惨で天晴れ?な結末と壱枚の写真が教える激情。極太な余韻。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...