TOP >作品データベース >ウインド・リバー

ウインド・リバー

みんなの感想/評価
「ウインド・リバー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    68
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
2,639
ポジティブ指数95
公開日
2018/7/27
原題
Wind River
配給
KADOKAWA
上映時間
107分
解説/あらすじ
アメリカの辺境を舞台に現代社会が抱える問題や現実をあぶりだした「ボーダーライン」「最後の追跡」で、2年連続アカデミー賞にノミネートされた脚本家テイラー・シェリダンが、前2作に続いて辺境の地で起こ...
(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yumie5959
    『ウインド・リバー』バーンサルさんの登場に驚く。 ハンター レナーさんの仕事が出来る感が凄いね。 奥さんもう少し優しくしてあげて欲しい。いい映画だった〜 しみじみ思う
    いいね

    良い
  • yashikoba1830
    『ウインド・リバー』エリザベス・オルセンすごくよかったです。#eiga
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    現代の米国にあって「見捨てられた土地」と化している先住民居住区。そこで起こっている理不尽な実態を暴く衝撃作が『ウインド・リバー』。我々が知らない、常識も通用しない雪原で発生する犯罪は、開拓時代のそれと殆ど違わないのだと知らされる。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ウインド・リバー」角川有楽町。アメリカ先住民保留地区での実際の女性失踪事件をテーマにしたドラマ、構造は西部劇。ジェレミー・レナーの悲哀に満ちた眼差し、静かな怒りの演技が胸を打つ。E.オルセン演じるFBI捜査官に亡き娘の姿を重ねてるようにも見える。激しい銃撃戦は何も解決しない。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ウインド・リバー』自由の国アメリカの突き当たりには。「(ここから抜け出るには)軍に入るとか大学に行くとか」切ない現実。強く、優しく…人が人としてある為に必要なそれらを、必死で守り、拠り所とする。ハンターの言葉から滲み出る悔しさよ。
    いいね

    良い
  • Anndnrand
    『ウインド・リバー』ずっと観たくてお蔵入りする作品かと思ってました。極寒の地世界の片隅の・・・・ 決して人気作にはならない素敵な作品  好いです。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『ウインド・リバー』この映画めちゃくちゃ格好よくて震えた。ワイオミング州のハンターを描いた雪中のサムライムービーだ。テイラー・シェリダンはまるで現代アメリカの橋本忍のようだ。
    いいね

    良い
  • 624ken
    角川シネマ有楽町で『ウインド・リバー』を鑑賞。先住民保留地区のウインド・リバーで少女が死んだ事件。この土地は、生きるのに厳しい環境ですね。事件の深い背景を考えるとやるせないなー。亡くなった少女の強い生きる意志に泣けてきます。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ウインド・リバー』 極寒の地では冷気で肺から出血して窒息死することをこの映画から学んだ。そんな地に先住民を押し込めたアメリカ政府はとことん非道だと思う。この作品で描かれた残虐な事件も全てはそんな政策が生んだ悲劇の一つにすぎない。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ウインド・リバー』白く極寒で、世間に忘れ去られている地の果てのような先住民居住地。その閉塞感は人を狂わせ、犠牲になるのは若い女性という悲しい構図。ジェレミー・レナーの抑えた演技がより怒りと悲しみを際だたせ、下した決断は重く見事。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ウインド・リバー』極寒の地のことも先住民のことも何も知らない白人女性FBIの目を通してみえてくる不条理な世界。行き場のない者の自暴自棄な餌食になってしまう先住民の女性。暴力が支配する極寒の世界。先住民の抹殺を求める深層があるのかもしれない。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ウインド・リバー』アメリカ先住民の保護区で起きたレイプ殺人事件。先住民は誰も住めいない極寒の地へ強制移住させられた。そこでの自暴自棄になる先住民の若者や行き場のない戦争体験者のよそ者が治外法権的に暮らす。そこでハンターをしている男とフロリダから来たFBIの女性の犯人追跡ドラマ。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『ウインド・リバー』過酷な環境と一線超えた男に振り回されまくる女性主人公の成長っていうプロットは前作ボーダーラインと同様。この成長劇は大好き。てか、最後の西部劇ぐらいの領域に達してるアクション場面はスタイリッシュかつあがる!!
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『ウインド・リバー』あっち側の領域に達してしまったハンターをジェレミー・レナーがやってるんですけど、とんでもなくイイ男だった!次のアベンジャーズに戻ってきてくれるようでホントに嬉しい。ジェレレナが大好きになりました。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『ウインド・リバー』ド田舎で起きた殺人事件。地元のハンターと都会からやってきた田舎をナメまくってるFBI女によって捜査が始まった。この時点で大好き!と思ってたらラストで「そういう話だったのか…」とハッとさせられる大傑作!
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『ウインド・リバー』極寒と惨劇、それだけでミステリー・ホラーかと思っていたけど、なるほど先住民保留地が舞台なのね。大自然の美しい映像と緩急のある物語、良い!
    いいね

    良い
  • cococo_coffee
    『ウインド・リバー』あまりに重い現実に、恐ろしさと怒りで震えてしまう。一つの事件が解決したとしても、スッキリなんてしない。「鹿が襲われるのは弱いから」そんな世界で生きなければいけない人たちの虚しさを思うとやりきれない。
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『ウインド・リバー』角川シネマ有楽町にて鑑賞。貧困やドラッグの問題を抱えた保留地でのクライムサスペンス。ストイックで寡黙ながらも人間性溢れる演技のジェレミー・レナー。ギル・バーミンガムの存在感、悲哀に満ちた眼差しは観る者の心を打つ。
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『ウインド・リバー』 「鹿が襲われるのは運が悪いからじゃない。弱いからだ」
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『ウインド・リバー』鑑賞。テイラー・シェリダン初の監督作ってことでテンポの悪い部分も無くはないが、全体的には渋いクライム映画に仕上がっていた。お蔵入りにならなくて良かったね、て公開劇場少なすぎ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...