TOP >作品データベース >愛しのアイリーン

愛しのアイリーン

みんなの感想/評価
「愛しのアイリーン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    40
  • 普通
    2
  • 残念
    2
総ツイート数
6,492
ポジティブ指数92
公開日
2018/9/14
配給
スターサンズ
上映時間
137分
解説/あらすじ
寒村の地。久方ぶりに岩男が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた! 42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。いま、戦慄の来訪記が幕を開ける――。
Ⓒ 2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hahahashmop
    『愛しのアイリーン』 この作品はすごい
    いいね

    良い
  • renn6161
    『愛しのアイリーン』「ヒメアノ~ル」「犬猿」の吉田恵輔監督作品。このぶっ飛び感はなかなか経験できない。言葉もやることも遠慮一切なし。猟銃を持つ鬼婆ことツルを演じた木野花、どうしようもない安田顕、フィリピンから来たナッツ・シトイ!
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『愛しのアイリーン』閉塞感のある地方の寒村の歪んだ社会構造を投映したかのように、何もないところから始まった岩男とアイリーンの関係は、一瞬通じ合ったかと思えたところから崩壊を始める。むき出しの感情が痛々しくもあり愛おしくもある。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『愛しのアイリーン』こんな話だったのね!?😲 正直見てる間も、見終わった後も何なのコレ?という感想だったのだけど、後からジワジワきた。安田顕、木野花がスゴイ!河井青葉も良かった。
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『愛しのアイリーン』観た。原作未読。こんな壮絶な話やったのか。いや新井英樹の漫画全部そうなんやけどさ。ナッツ・シトイのババア連呼のあたりは面白いと思いながら愛憎入り交じる関係に泣ける。木野花の壮絶な演技もすごいし回想でまた泣ける。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『愛しのアイリーン』赤裸々すぎる人間の性!未婚の身としては決して笑えないテーマで徐々に病的になっていく安田さんを筆頭にキャスト陣の熱量に圧倒される。
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『愛しのアイリーン』微塵もカッコつけないTHE人間たち,完敗だ。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『愛しのアイリーン』鑑賞。フィリピンで嫁を買ってくるというのは人身売買を思わせひいてしまうし、岩男たちの人間性も好きになれない。が、いざ一緒に暮らす中で次第に愛情を抱くようになる過程がまどろっこしくも愛おしい。嫌な母にも彼女なりの愛情があるし、人の喜怒哀楽が全部詰まっている。
    いいね

    良い
  • papiyonj
    『愛しのアイリーン』 あっという間の130分
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『愛しのアイリーン』田舎で剥き出しになる日本という国。これは邦画版「ウィンドリバー」だ!
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『愛しのアイリーン』役者の怪演も見どころ。ぼんくらの岩男役の安田顕、フィリピーナ嫁のナッツ・シトイは美人ではないけどなんか可愛い。そして、姑の木野花の怪演。アカデミー女優賞ものだ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『愛しのアイリーン』結婚出来ない40過ぎの田舎の男がフィリピン嫁を金で買う。日本人の嫁らしい嫁を望む姑とのバトル。やがて純愛映画になっていくかと思ったら最後は『楢山節考』の「姨捨山」だった。泣ける。「おまんこ」ばかり言う下品な映画だが太い線の力強い映画でもある。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『愛しのアイリーン』新井英樹原作と知り予告編もみずに劇場へ。スピリッツ連載中に原作を読んでいたのはもう20年以上も前になるのか。R15+とはいえ「おまんご」連呼し性器にモザイクまでかかる代物が現時点で今年最高の傑作!TVじゃ無理な奴
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『愛しのアイリーン』単純な男女の愛物語だと思っていたら一時流行ったフィリピーナとの結婚と家系や嫁姑の問題を含んだ重たいテーマだたりして、そこに思いがけない事態を招いてさらにドロドロ状態になって深みにはまっていくね
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『愛しのアイリーン』地方の農村嫁事情に内包される混濁した愛情と憎悪。私の幸せ=誰かの幸せ。と限らない絡まる愛の糸が可笑しくも虚しい。剥き出しの生と性をやり切ってみせた本作は誇らしい。しかし観賞には覚悟を。内容は炙り出された日本の恥部
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『愛しのアイリーン』少しの歩み寄りで噛み合うはずなのにそれができずに地獄へ。村社会とその中で染み付いたものの頑固さに絶望的な気分になるが、原動になる感情は決して悪いものではないだけに地獄度は増しながらも同時に完全には捨てきれないなと思わされる。強烈パンチのすごい映画だった。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『愛しのアイリーン』スッゲー胸糞悪い137分(誉めてる)振り幅目一杯に観客を責めてくる感じ。安田顕のあの目は人の心を感じない癖にある部分は感じたいと言ういやらしさが出てて木野花は本当にいそうな糞婆。劇中の言葉を借りるなら優しくしてw
    いいね

    良い
  • MondMasa
    これまた変な映画だなー。吉田恵輔監督は。みっともなくて歪な愛と常にさんかく関係になる構図はもう作家性で後半の展開は全く読めなかったし、これ誰も幸せになってない吉田作品の中でもダントツでドロドロで悲劇的。田舎コワイ。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『愛しのアイリーン』劇場で鑑賞。田舎町の閉塞的な空気や仄かに歪な倫理観、中年の鬱屈を一身に体現する安田顕の澱みきった表情が秀逸。泥臭い愛憎が形作る悲惨な喜劇に、心底戦慄しつつも落涙。型に嵌らず正しくもない、愛の諸相を描いた秀作です
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『愛しのアイリーン』鑑賞。原作未読。自虐的な笑いを楽しんでると、さらにむきだしになる男の恥部、田舎の恥部、日本の恥部。クソ過ぎてぶち壊したくなるも、その醜悪さから逃げ出す訳にはいかない。原作ありきの漫画っぽい展開や演出が気になったが、それも含めやりきった感じの吉田恵輔監督。凄え。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3393movies / tweets

    follow us