洗骨

みんなの感想/評価
「洗骨」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    20
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
186
ポジティブ指数100
公開日
2019/2/9
配給
ファントム・フィルム
上映時間
111分
解説/あらすじ
照屋年之(ガレッジセール・ゴリ)監督長編第2作。沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛は、母・恵美子の“洗骨”のために4年ぶりに故郷・粟国島に戻ってきた。実家には、剛の父・信綱がひとりで住んでいる。生活は荒れており、妻の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。そこへ、名古屋で美容師として活躍している長女・優子も帰って来るが、優子の様子に家族一同驚きを隠せない。様々な人生の苦労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つになるはずの“洗骨”の儀式まであと数日、果たして 彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか――。
(C)©『洗骨』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hanasaramaro
    『洗骨』独特な風習の残る島でのお見送り。悲しいだけでなく、笑いも込めながら一つの家族をみつめていく。この先はあの世だよと現世とあの世を隔てるものは一本の道。とても神秘的でもあり不思議な光景だった。暖かい想いが残る。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「洗骨」映画館が満杯で驚きました。伝統の継承は大切なんですね。』https://twitter.com/yukigame/status/1097593130029789190
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『洗骨』洗骨という初めて聞く不思議な風習なのに、どこか魂の郷愁を感じる不思議。シリアスな話が笑いで包まれて、すっと心に入ってくる。死者とそれを引き継ぐ者、そして新たな生、死者と生者が繋がる、沖縄らしい死生観に包まれた、心に響く物語。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『洗骨』シネマート新宿♪その姿に向き合えるかという怖さともう一度会える喜びという2つの面が、その人がいかに大切だったかを思い出させてくれる。長男の自分ひとりが全部背負わされた感を醸し出すあの感じ、、すごく共感してしまう自分がいた…。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】洗骨みてた。◎〜☆。死と生と家族の再生を上手くまとめていたと思う。奥田瑛二無双。朝飯を食らうだけで泣かせるのは凄い。水崎は好演。よそ者の視点とコメディリリーフの彼は許容範囲。嫁の家族の不在となぜ二人しか整髪しないのかが問題。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『洗骨』箱に入って4年だとまだちょっとと思える引いてしまう風習だな。そこにつなぐ家族の絆が大事ということか。お笑い入ってるのはゴリ監督だからか。#洗骨感想 #洗骨感想キャンペーン http://senkotsu-movie.com
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『洗骨』粟国島に残る洗骨という風習がもたらす物という点では興味深く拝見。コメディリリーフと他所者視点を入れることで説明的部分の不自然さ軽減狙いだろう人の投入は微妙にリズム損なう感も。長男役筒井道隆の独白も要らない気が。大島蓉子さん演じる叔母と長女、優子役の水崎綾女がハマっていた。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『洗骨』驚きの風習は神秘的。家族以外は受け入れられないであろう。その為に集まり再度家族を認識し受け入れ、血と生を継いでいく神聖なもの。笑いをうまく織り込み重くならずにしっかりと訴えてくる手腕は驚き。喝を入れ受け入れまとめる叔母が最高
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『洗骨』粟国島の洗骨という風習を当初、奇妙で怖さすら感じていたが、とても神秘的で死は決して無に還る事ではないと実感した。重なる様に描かれる特異な家族の絆と再生もまた、温かく優しい。クライマックスの見せ方や緩いユーモアも随所で光る。
    いいね

    良い
  • hideawayD
    『洗骨』、地味だとスルーしかけたが傑作だった。今も沖縄に残る風葬の風習… 怖いと思ってたが、何とも神秘的。壊れた家族のしこりすら洗い流し一歩を踏み出させる、神秘的で優しい行いだった。見せ方も大胆かつ繊細、そして笑える。監督はゴリ
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【洗骨】粟国島に伝わる洗骨の様子が窺われた。沖縄離島のコンクリートと草原、海の風景が魅力。要所で笑いを取りに来る演出はゴリらしく目を瞑れる。山場に死生の二大イベントをぶつけるのはかなり挑戦的。ならば信綱の変容見せるあと1シーケンスは欲しい。大島蓉子が全部持っていった感。 #映画
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #洗骨 鑑賞 まるで乾いた喉に透き通った清水を流し込んだような気分になった。美しい島の風景を堪能しながら 家族それぞれの悩みに向き合い、最後はほんわか笑いながらも涙が止まらない 照屋監督お見事。超大傑作でした! #洗骨感想
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『洗骨』初めて知る洗骨という風習、実に神秘的で神聖なるもので、家族以外立ち入れない感じがした。どこか寂しげに見える海がラストではなんだか微笑んでいるように見えた。信子おばさん含めキャラの立つ出演者、BGMを抑えた演出も好み。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『洗骨』演技派キャストで安心して鑑賞。妻に先に立たれた夫で子供達の父親役の奥田さんのダメっプリが半端なくて引き込まれました。亡くなって4年、短い間の家族の変化も切ない。死者への哀悼を感じた。生と死を同時に描いたのもいい! #洗骨感想
    いいね

    良い
  • yousan330
    『洗骨』 ゆったりとした感じが沖縄らしい。重たいテーマを笑い混ぜ見せてくれた。 #eiga
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『洗骨』心が温かくなる良い映画だった。粟国島の洗骨という儀式を初めて知り、家族の中心にいる母の偉大さを改めて感じ、感謝は生きているうちにするべきと教えられた。笑って心が温まり、家族のつながりに涙した。一人でも多くの人に観て欲しい作品
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『洗骨』沖縄の離島を舞台にバラバラになってしまった家族が、一家の中心であった母の亡骸を「洗骨」することで、生と死と自分自身と向き合い、絆を取り戻していくドラマが美しい海と自然を背景に繰り広げられていて心の琴線に触れます。#洗骨感想
    いいね

    良い
  • miyabi0705
    『洗骨』試写会で鑑賞。監督と俳優さんの想いが合わさって、こういう作品に結実したんだなぁと、素直に感動。特に奥田瑛二さんが素晴らしかった。今は色んな気持ちが込み上げて、意外とレビューが難しい…。後で、ゆっくり誰かと語り合いたい。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『洗骨』照屋監督(ゴリ)ならではの作品でした。ワイルドな風習には想像を超えるものがあり、笑いのスイッチも程よく入り、信子おばさんが主人公かと思うくらい圧倒的な存在感で沖縄を体現☆「おくりびと」に続いて海外でも高く評価されたらいいな♡
    いいね

    良い
  • 624ken
    京橋テアトル試写室で『洗骨』試写会鑑賞。埋葬した後、4年後に骨を綺麗に洗う風習がある沖縄の離島のヒューマンドラマ。神聖な儀式からの力入る熱いクライマックスの流れが最高ですね。まさかのQ太郎もいい味出してた。家族を紡ぐ素敵な話でした。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...