TOP >作品データベース >判決、ふたつの希望

判決、ふたつの希望

みんなの感想/評価
「判決、ふたつの希望」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    75
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1,841
ポジティブ指数95
公開日
2018/8/31
配給
ロングライド
上映時間
113分
解説/あらすじ
レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題となり、“ささいな口論”から始まった小さな事件はレバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった…。
© 2017 TESSALIT PRODUCTIONS–ROUGE INTERNATIONAL–EZEKIEL FILMS–SCOPE PICTURES–DOURI FILMS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kukucoo
    →2時間、あっという間なくらい夢中で見てしまった。根本的には国同士のことも個人のことも同じ。人の人生を思いやること、人の過去を馬鹿にしないこと。そして争いは人を傷つけること。『判決、ふたつの希望』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →弁舌スラスラな法廷シーンに見入り聞き入り、裁判の当事者たちの複雑な心境を思いやり、それぞれが抱える歴史背景に暗澹たる思い。ヘイト問題はどの国も他人事ではなく、どちらが優勢になっても気持ちは晴れない。『判決、ふたつの希望』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『判決、ふたつの希望』素晴らしい法廷劇。どこにでも居るクレーマー。どこにでも居る頑固じじい。話し合いで解決できたはずなのに裁判に持ち込んだら宗教・難民問題・ヘイト・虐殺にまで絡む国家の大問題に…。法廷シーンに全く飽きず、蚊帳の外に放り出される市井の人たちを見つめる… #映画
    いいね

    良い
  • movielong

    良い
  • bamuse47
    『判決、ふたつの希望』レバノン、イスラエル、中東和平。ミニマムな家族単位の争いがやがて国家を揺るがす時代を引き起こす。民族、宗教、政治、信念が物語を動かしていく。静かな感動。
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『判決、ふたつの希望』複雑な背景をわかりやすく見せてくれる法廷劇に落とし込んでる。諍いのスケールが大きくなっていくと共にスリリングさが増すし、と同時に当人たちは……描写がいい。キャスト全般もいい。
    いいね

    良い
  • koring95
    『判決、ふたつの希望』人種や宗教、国家の普遍的な問題も、個人レベルでの繋がりに希望があると思わせるストーリーが素敵で爽やかな余韻が残る。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    74本目『判決、ふたつの希望』(@tenpara_tw)。レバノンの歴史を知り複雑だが、隣人との些細な諍いが抜き差しならなくなる普遍的物語でもある。政治や宗教的立場を超え実は心に傷を負った者同士であることを密かに理解し合う姿に感動。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】判決、ふたつの希望みてた。◎。これは貶せない作品。二人の相いれないオッサンという他者と法廷劇と父娘の関係性を一つの作品に入れている上に、民族と難民という更に難しい問題を混ぜて魅せる作品にまでしている。ケチのつけようがない。
    いいね

    良い
  • azu92828179
    『判決、ふたつの希望』その一言が奥深かった、怒りが遷移、伝染してゆく。この作品で一番の被害者はピザ配達の人🛵
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『判決、ふたつの希望』レバノンの国家主義者の男とパレスチナ移民の諍い。裁判での法廷ドラマなんだが争う検事と弁護士が父と娘だったり、そこから物語が面白くなっていく。ギリシア悲劇の「エレクトラ」を連想させる。国を分断させる大事の裁判になっていくのだが、当事者二人の感情は揺れていく。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『判決、ふたつの希望』どっちかが謝罪すればいいじゃんとは簡単にいかない。ついカッとなりどんどん事態が悪化する流れは、辛い気分になりながらも引き込まれます。相手をよく知り、自分自身も見直す。悲しい裁判後の二人の表情がとても良かった。
    いいね

    良い
  • geppei_yaz
    『判決、ふたつの希望』ささいなことが民族問題を引き起こす考えさせられる映画。ヘイト問題、戦争、虐殺の傷の深さを感じました。それを乗り越えたところに真の答えがある、それがどれだけ大変なことだろう
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『判決、ふたつの希望』中東の歴史に詳しければ…と思うが、問題の根深さを勉強させられる。直すことと修理工という設定の皮肉さが痛烈。しかし、傍聴人があれほど騒いでも退廷させられないのか。わずかにみせる希望は製作サイドの願いか。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『判決、ふたつの希望』 口ゲンカが国を二分する論争に発展。和解に必要なのは理解と対話。レバノンで世界を平和に導く希望が生れた http://eiga-suki.blog.jp/archives/insult.html
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『判決、ふたつの希望』歴史を知らないので分かり得ない事が多いけれど、心の奥にある哀しみがプライドとかを超え自分の気持ちをおさえつける。ふと見せた相手の哀しみ。許す事は出来ないけれど相手を思いやる気持ちに救われた
    いいね

    良い
  • sambalsoton
    『判決、ふたつの希望』 レバノンの歴史予習して
    いいね

    良い
  • snake954
    『判決、ふたつの希望』みる。
    いいね

    良い
  • chusingura
    『判決、ふたつの希望』些細なトラブルが周囲の人間たちによって民族間の代理戦争にまで発展していく様は、異国の話とはどうしても思えない。分断を無くすのは、歴史を分かち合うことだということを教えられたような気がする。
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『判決、ふたつの希望』些細な争いが国を二分するような法廷闘争へと発展していく。それぞれの民族が背負った歴史的背景もあって頑な姿勢を取るふたり。冷静な判断を下す裁判官は数少ないこの映画の救い。良作
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...