TOP >作品データベース >女と男の観覧車

女と男の観覧車

みんなの感想/評価
「女と男の観覧車」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
76%
  • 良い
    27
  • 普通
    6
  • 残念
    2
総ツイート数
1,325
ポジティブ指数89
公開日
2018/6/23
原題
Wonder Wheel
配給
ロングライド
上映時間
101分
解説/あらすじ
ウッディ・アレン監督がケイト・ウィンスレットを主役に迎え、1950年代ニューヨークのコニーアイランドを舞台に、ひと夏の恋に溺れていくひとりの女性の姿を描いたドラマ。コニーアイランドの遊園地内にあ...
Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiyokiyo1222
    『女と男の観覧車』@新宿ピカデリー|嫉妬に狂うアラフォー役ケイト・ウィンスレット、着飾るほどに痛々しく、夢破れぼうぜんと窓の外を見る表情は最高に美しいシーン。最終章は舞台の2人芝居のよう、元女優が「女」を演じる、今作、ドロドロ強め。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『女と男の観覧車』鑑賞。色彩と照明で饒舌に語るストラーロによる美しい映像。疲れて不満だらけの中年女をこれでもかと体現するケイト・ウィンスレットの演技。前半が退屈だし撮影と役者が強過ぎてまとまりがなかった気もするが、アレンにはやはりモラルやポリコレとは無縁の苦味溢れるドラマがいい。
    いいね

    良い
  • movielong
    『女と男の観覧車』を観ました。ネタバレ少なめ。 https://ameblo.jp/movielong/entry-12390689033.html http://www.longride.jp/kanransya-movie/
    いいね

    普通
  • aienkien1959
    『女と男の観覧車』ジュノー・テンプルさん演じるキャロライナが若くてモテるけど思いやりがあるいい娘であるがゆえに、ケイト・ウィンスレット演じるジニーの痛々しさが際立ちます。観覧車に乗る前の女と観覧車に乗ってしまってどこにも行けない女!
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『女と男の観覧車』新宿ピカデリー。演劇を観ているかの様な感覚になる映画でした。映像が素敵。主人公ジニーの心情を映すかのような照明の変化が印象的でした。ケイト・ウィンスレットの演技は鬼気迫る迫力。まあ、よく喋ること。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『女と男の観覧車』ウッディ・アレンといえば眠くなる筆頭なんだが、今回の作品は、眠くならなかったわ。どう見ても彼女思いこみなんだが、突然現れた娘と彼を取り合う姿。でも遊園地という舞台の意味がわからんで観ているようじゃまだまだなのかな
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    新ピカで『女と男の観覧車』。仮の姿の自分と、ここよりマシな何処か。そのイタさが他人事とは思えないわ。絵葉書みたいにどこを切っても綺麗な映像と、その中で壊れてる女と男。夢と現実の織り成す業の世界に、監督自らが存在していて、もう新作見られないかもしれないと思うと、なんて皮肉な映画。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『女と男の観覧車』もっといい人生が、どこかに違う人生があるはずとの思いが悲しくも理解できる。ビビッドではないくすみのあるカラフルな美しい色合いの映像と、一時離れ幻想的に見えるが、またちゃんと地面に戻る観覧車があまりにも象徴的でした。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <女と男の観覧車>観覧車の下で働く人達の話。K.ウィンスレットがジニーを頭の悪いキャラにしたら明るいラブコメになったかも? ジニーの痛々しい言動&行動は、性格ではなく脳の疾患によるものかも(←頭痛)? ・・・なんて見方をしてみる。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『女と男の観覧車』結構ドロドロとして、ラストも何ともという話なのに、ウディ・アレンにかかると不思議に粋になる。アレンがその昔見たであろう50年代のコニーアイランドの光景に、ケイト・ウィンスレットの徐々に凄みを増してくる演技が映える。
    いいね

    良い
  • no_emedia
    とにかくジニーの片頭痛との闘いには共感する ここに登場する我関せずの拗らせた救いのない3世代の男たち 酒浸りの夫 女好きの男 火遊び問題児の連れ子 家出娘まで戻ってきて ああ・・本当に苛々する! 『女と男の観覧車』
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『女と男の観覧車』鑑賞。愛すべき駄目な人々の話ってのはよくあるし、わりと嫌いじゃないけど、今作は出て来る人達みんな「いい加減にしろよな!」って言いたくなるような感じで…… ケイト・ウィンスレットが熱演すればするほどウゼェって……
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『女と男の観覧車』舞台劇を強く思わせる。特に「欲望という名の電車」が透けるほど。役にピッタリのK・ウィンスレットの熱演が光る。内面の幸福度演出に照明が一役買う。V・ストラーロの美しい撮影も魅力。収束には幾分不満も残る。
    いいね

    普通
  • 51thor
    『女と男の観覧車』田舎町のコニーアイランド働く中年夫婦の物語。そこに連れ子の犯罪、浮気相手の登場が複雑な絡みを残す。ケイト・ウィンスレットの独壇場で、存在感は半端ない。貪欲に幸せを追い求める姿はある意味、奇怪に移るくらい。濃い!
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿ピカデリーで『女と男の観覧車』を鑑賞。1950年代のNYのひと夏の男女の物語。もっといい人生が待っていると思うのはやはり幻想かな。ケイト・ウィンスレットさんの激情迸る台詞回しにびっくりですね。この時代の洋服も素敵でした。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『女と男の観覧車』‪鑑賞。コニーアイランドや観覧車が映り込むジニーの家などが魔法の様に美しい。だが出て来るのはドロドロの恋愛やマフィアなどどこまでも俗っぽい。夢から覚めた後の諦念、不穏なラストショットが何とも皮肉。#eiga
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『女と男の観覧車』ウディ・アレンの新作です。主人公はケイト・ウィンスレットですが中々の新境地!場末感すごくて最初誰だか解りませんでした。笑い要素が少なめなのがちょっと残念。それにしてもなんか演歌みたいな邦題ですなこれw
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『女と男の観覧車』舞台劇のような、台詞の応酬と演出。ケイトさんが、すごい演技を見せてる。大人は自分の行動に、責任を取らないといけないんだよね。はぁ~切ない。1番怖いのって、あの息子じゃないの? #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『女と男の観覧車』輝きと陰りが一瞬で切り替わる人生を美しい色彩で表現。進んでるようで同じ所を廻り続ける回転木馬な人々。女優だった過去を忘れられない痛々しさにK.ウィンスレットの凄み。登った高みから落ちる辛さ、それでも朝が来る残酷さ。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『女と男の観覧車』 ★★ ストレスを映像化するとこうなるのか。いつまでも「まだ本気を出してなかった自分」の過去にしがみつき常時苛立っている様をケイト・ウィンスレットが痛々しく体現。見ているこちら側にまでその偏頭痛が伝わってくる。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...