みんなの感想/評価
「ラ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
40%
  • 良い
    2
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
6
ポジティブ指数100
公開日
2019/4/5
配給
アークエンタテインメント
解説/あらすじ
解散したバンド「LACTIC ACID」の再結成を目指し、失われた友情を取り戻すため奮闘する音楽青春エンターテインメント。
© 2018年 映画『ラ』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sa9237a
    『ラ』バンドの再結成の夢を追い続ける彼と、裏腹なかつてのバンド仲間。怪しい道にはいってしまうのか。赤ちゃんの泣き声はラの音階らしく、ラの持つ意味がタイトルに込められているのか。福田麻由子がミニシアター系の映画に色々出演してるねえ。
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『ラ』 桜田通が演じる売れないバンドマンの慎平は、現在は福田麻由子演じる恋人ゆかりのヒモ同然の暮らし。そんな慎平がかつてのバンド仲間に誘われて危うい道にはまり込む話。狂気がかった愛情を見せる、福田の演技が素晴らしい。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ラ』夢破れたバンドの再結成を目指す主人公とその周囲の不協和音。正統派の青春音楽映画と思ったら、予測不可能な転調に次ぐ転調と共感不可な登場人物たちに愕然。けれど人生ってそういうものかも。思いもよらない所から綻び、また福音が聞こえたり
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『ラ』を鑑賞。バンドを再結成しようとする主人公。主人公、バンド仲間、恋人のそれぞれの思いが全く噛み合わなくて泣けてきます。友達、恋人間でやってはいけないこと満載。つらい現実からのラの音に意味がありますね。 #ラ
    いいね

    良い
  • yu__TA1206
    『ラ』 何故このタイトルなんだろう、と疑問に思ってた。これは始まりの物語だって思った。産まれた時のように、ここからはじまる、誰にでも色んな未来があって可能性があるって、前向きに感じた作品でした! 音楽映画、青春映画と思ってたので、いい意味で裏切られました😎
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #ラ  ♠音楽映画かと思ってたら全然違っていて、地雷を踏んだ気分。福田麻由子が演じるゆかりの、顔に張り付いた笑顔が空恐ろしくてホラーの領域。←とは思ってはいけないラストに驚愕。登場人物みーんなが自分のことばかり考えている息苦しさ。
    いいね