TOP >作品データベース >エマの瞳

エマの瞳

みんなの感想/評価
「エマの瞳」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    5
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
115
ポジティブ指数87
公開日
2019/3/23
原題
Il colore nascosto delle cose
配給
マンシーズエンターテインメント
上映時間
117分
解説/あらすじ
イタリア・ローマ。広告代理店に勤めるテオは典型的なプレイボーイで、仕事漬けの毎日を送っている。ある日、暗闇の中を白杖で進むダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)のワークショップに参加した彼は、アテンドスタッフとして働いていた盲目の女性・エマの声に魅せられる。思春期に視力を失った彼女は、フランス人の夫と離婚したのち、オステオパシー(理学療法士)の施術者として自立して生きている女性だった。テオは急速に彼女に惹かれ、ふたりは関係を深めていくが、テオは恋人グレタと向き合えないままだった。そして、テオとエマがスーパーマーケットで一緒のとき、グレタが鉢合わせしてしまう。テオがグレタに「ボランティアをしている」と言い訳していたことを知り、深く傷ついたエマは…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SARUCO1013
    『エマの瞳』気になるオトコに声かけてみたり、使い慣れた台所で料理してみたり、可愛い人生の後輩を諭してみたり、〝見えない〟ことを忘れそうな、エマの日常。見ていて心豊かになる。エマのために、あの彼女が駆け出してくれて嬉しかったな。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『エマの瞳』ただ見えることと、その先の深い所まで見えること。盲目のエマの感受性豊かな心と前向きに生きる姿勢を見て、周囲の人たちも感化されていく。そんな魅力的な彼女を傷つけるなよと言いたくなる男とのラブの行方に引き付けられました。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『エマの瞳』 我々が思い描くこれぞイタリア男というべきプレイボーイが、盲目の女性に恋するお話。盲目なんだけど何でもお見通しなエマのキャラクターがとにかく魅力的。色の感覚一つとっても健常者とは異なる世界があることにハッとさせられる。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【エマの瞳】いつも最後の覚悟が出来ない、女好きな中年男テオと、前向きに生きる女性視覚障碍者エマとの恋。元々、共有できるものとできぬものがあるのは男女の仲の当たり前。随所、心の急展開を映像で見せる巧みな演出にグッと心を掴まれた。ハスキー声で美しい熟年V.ゴリノの魅力も横溢。 #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『エマの瞳』盲目のエマとプレイボーイのテオによる互いの可視、不可視が絡まる大人の恋愛劇。「見える」と「見えている」の真意を問う自立した女性の力強さ。彼女に触れ、開かれる心眼はどんな闇も切り拓く。甘いシナリオがV.ゴリノの名演で締まる
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • cinelibro
    映画の日。まずは元町映画館で『エマの瞳』。ヴァレリア・ゴリノ扮するエマが素敵やった。正直、最低男は変わらんと思うけどな〜。イタリアの視覚障害者の姿が分かって、それも良かった。 #映画
    いいね
  • itamitakashi
    新宿武蔵野館でシルヴィオ・ソルディーニ監督『エマの瞳』観了。 次々と女性を傷つけていくテオに、「ええ加減にせえよ!」と言いたくなります。 ちょっと私はこの映画ダメだなぁ。
    いいね
  • ikakene
    検査が午後からなので午前中に映画を一本。『ブラック・クランズマン』はポイント鑑賞制限で断念して『エマの瞳』。後半の男性の気持ちの揺らぎによる二転三転は安易かなと思いつつ、再会のきっかけとなった少女のサイドストーリーも含め、細やかな演出が光る素敵な作品だった
    いいね
  • granull55
    そういえばこの間観た「エマの瞳」に出てくるのも、広告マンでしたね めっちゃプレイボーイだしその軽率さはダメやろとも思うのだが、リアルな生々しさが観るぶんには楽しかった
    いいね
  • rino5150
    「幸せな感じ」お話の方は兄の難病が主軸で展開していくけど、スカルマッチョ演じる男の成功者っぷりが「エマの瞳」のあいつの10倍ぐらい凄い感じだったり、対照的な弟役のマスタンドレアは普通の人に見せかけてモテ設定だったりと、随所にイタリア人らしさを感じたりしましたね。
    いいね
  • rino5150
    「幸せな感じ」今年公開された「エマの瞳」に出演してた女優V・ゴリーノが監督、スカマルチョ&マスタンドレアが兄弟役で主演というイタリア映画的に豪華な作品だったけど、なかなか興味深い設定だったり演出だったりの作品だったな。
    いいね
  • shiroi_konet
    今朝は早起きして 「エマの瞳」を鑑賞なり 甘いマスクで普通にリア充 ひとりの女性に縛られるのはまっぴら御免 40そこいらのローマっ子の日常を これでもかと見せ付けられた120分 うーん
    いいね
  • HjPfLGraRNkNJYM
    イタリア映画祭二本目『幸せな感じ』。先日、『エマの瞳』で主演をしていたヴァレリア·ゴリノ監督作品。彼女のパートナーが弟役。先に見た「彼女が笑う」の監督が兄役。いろいろ言えなかったこと、いまさら言えないこと。まったく、しょうもない。でも、できれば生きていてほしい。
    いいね
  • Kishiroyou
    「エマの瞳」観る。 元町映画館にて。 たまにはラブストーリーもいいよね。 イタリア舞台で日本との温度差が心地よい。 これから阪急電車乗って東へ。
    いいね
  • jazzzzzyman
    「エマの瞳」「バハールの涙」を鑑賞。なるほど。
    いいね
  • 081214
    「エマの瞳」観てきた 見ようと思わなければ見えてこないもの。ただ目に映るだけで通りすぎていくもの。上辺だけ取り繕ってみても真実にはなかなかたどり着けない。何が本当で大切なものは何か。見えないエマの瞳に映るのは果たして何だったろうか。
    いいね
  • 081214
    今日は「エマの瞳」観にいくんやで
    いいね
  • wakki___
    『エマの瞳』、イタリアとスイスの合作なのに、終わり方がフレンチ‼️
    いいね
  • kobeeisa
    お早うございます。曇り。最近のお気に入りの2本の映画は『荒野にて』(シネ・リーブル神戸で上映中)、『エマの瞳』(元町映画館で上映中)。ラストがいい。でも、ラストの後でも人生は続くけれど…。
    いいね