TOP >作品データベース >母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでも

みんなの感想/評価
「母さんがどんなに僕を嫌いでも」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    15
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
1,359
ポジティブ指数95
公開日
2018/11/16
配給
REGENTS
上映時間
104分
解説/あらすじ
小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを太賀、吉田羊の共演で映画化。タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられた。母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17...
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sa9237a
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』虐待といわれても仕方ない状況のなかで、耐えた彼と立派に育った彼。母への思いが通じたときの言葉がやっぱりそのタイトルやね。 http://hahaboku-movie.jp/ #母僕感想
    いいね

    良い
  • kmrks
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』原作者&プロデューサートークショー付き上映にて鑑賞。 プロデューサーが「強さ・逞しさ・成長の物語」と話していたのが自身の感想と一致。ヒトに勧めたい! #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 2日のシネスイッチ銀座‪@cineswitch ‬のチケット購入。原作者のトーク付きで2回目鑑賞!!! #eiga
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』幼少から続く過酷な現実をやり過ごす為にタイジが身につけた偽物の処世術や愛憎と共に自分の中に存在する母の血。それらと向き合い、愛を拓いていく健気さの描写が丁寧で涙を誘う。愛する勇気と愛させる難しさを知る
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』@新宿ピカデリー♪太賀くんがやっぱり上手い! つきまとう過去に常に胸がギュッと締め付けられるんだけど、それだけじゃなく真逆の優しく包み込む母性のようなものもあわせ持っていて、出てくる度に引き込まれた。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。『「母さんがどんなに僕を嫌いでも」愛してもらえなくても愛して行けばよいと向き合う姿に感動でした。』https://twitter.com/yukigame/status/1066405755299885058
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』許せないけれど息子を上手く愛せない母親。それ以上に理解出来ないのは、時が経ってもいつまでも愛情を信じ諦めない息子。ばあちゃんや友人に恵まれたのもあるだろうが、そこまで思わせるのには少し説得力不足かな。
    いいね

    普通
  • pipox2
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』期待せずに見たら大号泣!ぽっちゃり子役と木野花の人を思いやるシーンは涙止まらない!森崎ウィン、秋月三佳らの脇を支える友達にも胸熱「うちの子になりな!」なんて♪生まれや環境が厳しくても、変われるチャンスは自身にあるのかもね~
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 #映画 #eiga https://www.cinemarev.net/entry/kaasan-kirai.html @kukucoo 太賀くんも羊さんもリアルな演技で痛々しかった……毒親育ちの方から見たら、ちょっと複雑な展開かも…
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀のファンだし他のキャストも良さそうで観に行った。ある程度予想はしていたが、やはり虐待は見ていて気持ち良いものでもない。やや掘り下げが浅い。役者の演技が素晴らしいので成り立ってる感あり。
    いいね

    普通
  • kukucoo
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』前情報は何もなく、タイトルだけに惹かれて観に行った。結果、思っていたものとはちょっと違った。私の感想は、タイジ、本当にそれでいいのかい?それだけ…。役者さんは子役くん含め素晴らしい #eiga #映画
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』私は虐待ではないが子供の頃、厳しく叱られた記憶。それでもこの映画の主人公と同じで母が大好きだった。映画には素晴らしい言葉が沢山。気がついた者から始める。懸命さは必ず理解されると信じたい!#母僕感想
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』歌川たいじのコミックエッセイを太賀と吉田羊の共演で映画化した本作は、社会問題化した児童虐待をモチーフに、愛憎相半ばするいびつな母子の歩みを、無償の愛や友情、母性が彩って心揺さぶる。#母僕感想
    いいね

    良い
  • kmrks
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』鑑賞。133 ただ悲しかったり痛かったりする家族物語でなく、主人公が人生を咀嚼して乗り越える"繊細に見えて骨太な不屈の物語"。見ると元気出る。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 鑑賞。133 予想を裏切るヒューマンドラマ。一つ一つの出会いを紡いで幸せになるたいちゃんの物語であり、母さんの物語。 #eiga
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【母さんがどんなに僕を嫌いでも】母親に虐待を受けてきた青年タイジ。彼の過酷な幼少期を挟みつつ、現実に向き合い乗り越えていく過程が丁寧に描かれていた。ベタながら、なお母の愛を得ようとする子の姿と抱擁する友の優しさに何度も涙。 #映画
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』こんな目に遭わされてるのに、どんだけ健気で素直なんだ。映画だと言う事を忘れてしまうほどの痛々しさの中に森崎ウィン演じるキミツや友達の存在がどれだけありがたかったか。タイトルの後に続く言葉に涙止まらず。
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。母親のイラッとする理由が、息子の掃除や食事を作るシーン、電話中に話しかける等、観客にも理解できてしまうのが残念。ただ...女王様・吉田羊に終始いたぶられ続ける作品として、その手の好事家には傑作かも?
    いいね

    残念
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • gadget9007
    (続き)劇中、ほとんど前面に出て来ない「姉」の存在、おそらくは早々に「離脱」したのだろうが、その「要領の良さ」みたいなものが、逆説的に主人公の頑張りや、母との和解のドラマを裏打ちしているような気がする。「観て観ぬ振りをしなかった人たち」の映画。 #母さんがどんなに僕を嫌いでも
    いいね

    良い
  • gadget9007
    「母さんがどんなに僕を嫌いでも」鑑賞。理不尽なまでに虐待する母に対して果敢にアプローチする太賀くん演じる主人公の不撓不屈の精神、それを支える仲間達との交流エピソードに感動する。相当にシリアスなドラマを重苦しくせず、ユーモア溢れるシーン構成で見せる演出が良かった。 #映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...