TOP >作品データベース >アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

みんなの感想/評価
「アイネクライネナハトムジーク」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    44
  • 普通
    6
  • 残念
    1
総ツイート数
761
ポジティブ指数95
公開日
2019/9/20
配給
ギャガ
上映時間
119分
解説/あらすじ
ギターの弾き語りが⼼地よく響く仙台駅前。大型ビジョンからはボクシング世界戦のタイトルマッチに沸く声。「劇的な出会い」を待つだけのボク・佐藤は、街頭アンケートを実施中だ。珍しく快く応えてくれたのはリクルートスーツの女性。手には「シャンプー」の文字。これって運命? そういえば、居酒屋で雇われ店長をやってる親友が言ってたっけ「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」って。確かに、そんな彼には分不相応なほど美人の奥さんと可愛い娘がいて、幸せそうにやってる。運命って、奇跡って、幸せって――?
©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nagagutu_happy7
    『アイネクライネナハトムジーク』  ホッコリする 心のなごむ映画です。 優しい空気が流れている。 ところどころに、クスッとする部分もある。 人の温かさを感じることができます。 クライマックスも良かった。
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『アイネクライネナハトムジーク』特に何か劇的なことが起こるわけでもないし、多部ちゃんの出番はそれほど多くないけど、ほっこり
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『アイネクライネナハトムジーク』 劇的な展開を予期させてあっけない結果に落とす、ミステリーのミスリードのテクニックを随所に散りばめた群像恋愛劇。若者からは一見情けない大人に見えても、そんな大人が実はカッコいいんだという人生讃歌。
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『アイネクライネナハトムジーク』さすが伊坂幸太郎さん。ふとした事で大切な何かに気がつく。それは人から見てじゃなくていい。自分がそっと気がつければ それでいい。原作、読んでみたくなった。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『アイネクライネナハトムジーク』全然悪い話とは思わないし、可愛らしいと思った場面もあったけれど…心の大方を占めた感想は「うーん…どうでもいいや…」 後半のプロポーズの保留はよく分からず、ちょいイライラ。 自分は「愛がなんだ」派。
    いいね

    残念
  • Mock_Turtle99
    『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎作品の映画化ということで期待して観たが、単によくある群像劇となって、原作の、人間関係が編みの目のように不思議に繋がる伊坂ワールドがうまく表現できていない。10年の時の経過も全然感じられない。
    いいね

    普通
  • tsuccheee
    71本目『アイネクライネナハトムジーク』@ TOHOシネマズ与次郎。普段何気ない日常だと思っているものが、実は数々の偶然の積み重ねの上にある奇跡なのだと教えてくれる愛すべき小品。原作者の仙台愛が投影されていて微笑ましい。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『アイネクライネナハトムジーク』 ★★☆ 似た状況や台詞のリフレインが多過ぎて劇的な感動に繋がらない。いや敢えて劇的を避けてるのか。「いい人だけれども…」のモヤっとした温度と言うか。多部ちゃんがなかなか出てこない所が一番映画的。
    いいね

    普通
  • 138_kaz
    『アイネクライネナハトムジーク』フツーの人たちのフツーの恋愛群像劇。事故や難病といった大きな出来事は何も起きず(何しろ落とした財布を拾ったのが「劇的な出会い」という世界観だ)、何気ない日常を淡々と描いているのだが、これが非常に心地よく観終わった後やさしい気持ちに包まれた。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『アイネクライネナハトムジーク』 ▼10/3/19鑑賞 【封切上映】
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『アイネクライネナハトムジーク』。近作の今泉力哉監督作品に通底して使えるキャッチコピー「ちゃんと好きってどういうこと」がとうとう該当しない作品だな、と感じた。出会いの話もあったが、結婚とか親子とか「ともに生きるってどういうこと」という内容の作品だった。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『アイネクライネナハトムジーク』数えたカットは836。都会だけれど東京ほどごみごみしていない仙台という土地が生きていたように感じた。合唱人としては合唱カットに注目。クラス合唱レベルのうまくなさは絶妙だが、選曲が『わらび田』という曲で高校生が歌うには疑問。 #eigamote
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『アイネクライネナハトムジーク』あと子役がみんなかわいいし、女優さんもみんなかわいいし萩原利久もかわいかった。MEGUMIさんが綺麗になりすぎ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『アイネクライネナハトムジーク』登場人物が最終的には全員好きになってる。しかも枝の件もサインの件も矢本悠馬が発端だというのも愛おしい。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『アイネクライネナハトムジーク』もう一つ今泉作品3つ観て共通しているところはガサツだったり下品な人間が出てきても嫌な登場人物はほぼ一人もいなくなるというところで登場人物が最終的には全員好きになってる。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『アイネクライネナハトムジーク』鑑賞。ゆるやかな繋がりのある登場人物たちの群像劇。恋とか好きとかより、もっと大きく誰と生きるかを人生という長い時間の中でとらえた作品だと感じた。決定的に嫌な人のいない内容で、鑑賞後、登場人物みな幸せになってほしいと願った。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『アイネクライネナハトムジーク』今泉監督作品は先月観た『パンバス』『愛がなんだ』に続いて3つ目なんですが、いい意味での未編集感というかエチュード感というかPFF映画のような画面の質感が好きです。
    いいね

    良い
  • chusingura
    『アイネクライネナハトムジーク』三浦春馬と多部未華子のカップル、既視感があると思ったら『君に届け』の二人やん。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎の小説を今泉力哉監督が三浦春馬と多部未華子の共演で映画化した本作は、赤い糸の相手を巡る恋愛群像劇。そして赤い糸が細くなったり色褪せたりしないようにする思いが心の琴線に触れるドラマで描かれる。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「アイネクライネナハトムジーク」時間の過ぎ方は人によって違うけど好きな人と同じ時間を共有したい。』#アイネクライネナハトムジーク #邦画 https://t.co/btV1FdQ8S7?amp=1
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...