TOP >作品データベース >バトル・オブ・ザ・セクシーズ

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

みんなの感想/評価
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    79
  • 普通
    4
  • 残念
    1
総ツイート数
1,381
ポジティブ指数95
公開日
2018/7/6
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
122分
解説/あらすじ
1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会”を立ち上げた。待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのがボビーだ。ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは?
(C)2018 Twentieth Century Fox 
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nieve822
    【バトル・オブ・ザ・セクシーズ】冒頭FOXのロゴから洋服までレトロで可愛い。性差別の問題だけでなく、自分らしく自由に生きる権利を描く。Sカレルは本当に胸糞悪いけど、彼にも彼の抱える問題がある。ラストのAカミングの台詞にグッときた。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』鑑賞。1970年代に男女の性差別を正面から受け止めたテニスの試合があったことに驚いたし、試合をした二人の個人的な物語も面白かった。女性差別のあからさまぶりに驚いたが、翻って2018年はどうなのだろうとも考えさせられた。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』こんなふざけた試合が本当にあったなんてねえと思いつつも、性差の戦いのように見せて、その実は個人の尊厳をめぐる戦いを描いているっていうのが、奥が深い。クライマックスの試合はしっかり盛り上がる。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    お洒落の髪型、シャンパンの氷など、マリリンのそれらをビリーのテニスのために転化する夫。(2個買ってきたアイスクリームは例外)徹底した対立構造の画。男女を隔てた壁。鏡の「どうしたいの?」が個の解に帰結。『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
    いいね

    良い
  • rheneas7
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』最高
    いいね

    良い
  • masurrey
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』見た
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【バトル・オブ・ザ・セクシーズ】不快極まりない差別主義者の呆れた言動を跳ね返す、スポーツの熱気。肉体の戦いと差別との戦いが画面上で重なるクライマックスは思わず力が入ります。本人そのままとしか思えないアラン・カミングの視線が温かい。
    いいね

    良い
  • ONOUEX
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』ボルク/マッケンローもどうぞ。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』実話ベースのスポーツコメディかと思ったら、彼らの生きていく上での闘いがずっと興味深くて感動的でした。出番の少ないA.カミングが、最後に主人公に伝える言葉に号泣。E.ストーンや他のキャストも素晴らしい!
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』世紀の対決を描くエキサイティングな作品というよりも、男と女それぞれの人間ドラマがメイン。偏見、差別、そして自分自身との戦いに挑むビリージーンさんの勇姿に感動。対するボビーさんのダメ人間臭さも素敵。
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』過去、こーやって戦ってくれた女性がいるから今がある。 これが数十年前のことなのよね。 映画の感想になってないね。
    いいね

    普通
  • overmanendwar
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』男女問題の映画かと思ったら自己の尊厳の話だった。自己を貫き後に引けなくなった者同士の戦い。ボビー一家に泣かされた。アップの画角の大きさで優劣を表し舞台演劇の上手下手で時制や指向性を表現。演出も👍
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』「セクシーズ」の持つ意味が様々に展開されていて驚き。道化師と女王の温度差に歯噛みしつつ、豪腕と疾走の物語を追う。勝利だけが得るものではなかったのだ。衣装と髪型、ハートのサポートも素敵。あのダサい青!
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    67本目『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(@tenpara_tw)。男女の戦いだけど、本当の敵は自分らしく生きることを阻む世間。それはビリー・ジーン、ボビーともに同じだったのでは。M・ストーン、S・カレルを始めキャストが魅力的。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』前半は男女の確執でなくビリージーンの同性との浮気の話なのがグッとくる。実際の試合はビリージーンキングの一方的な試合で退屈な凡戦だったらしいのをこんな手に汗握る試合シーンにした映画のマジックに感謝。
    いいね

    良い
  • MioCastello
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』トランプ大統領誕生以降此の手の映画が次々上映されている。その事自体に文句はないが迂闊に批判出来ない雰囲気に窮屈さを感じてならない。ララランドやアトミックブロンドの方が100倍好きだな。
    いいね

    残念
  • paranoiaquality
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』試合後の控え室にプリシラが入って来た時のボビーの顔が良く、ロッキーのラストの試合に負けて勝負に勝ったに近い感動。これで単純な女vs男の映画でない作りになった。出番は少ないがアランカミングも印象的。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』男女同権とは人として自由に生きる権利。自分らしい生き方を手に入れるために戦った実話 http://eiga-suki.blog.jp/archives/battleofthesexes.html
    いいね

    良い
  • tomin_twi
    『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』良かった。男女同権を主張した現役女子テニスプレイヤーと男性至上主義の元男子チャンピオンの戦い。実話ベースのお話だけど、性差の戦いだけに留まらないドラマが素敵
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『バトル・オブザセクシーズ』鑑賞 ジェンダーフリー映画と言う前評判を聞いていたのである程度は楽しめた BJKの偉業を揺れ動く恋心と共に無駄なく描いたのも感心した ある選手への露骨なヘイト含めまさにBJKの為の映画だと感じた
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...