教誨師

みんなの感想/評価
教誨師
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    27
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
1,113
ポジティブ指数96
公開日
2018/10/6
配給
マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
上映時間
114分
解説/あらすじ
 
(C)「教誨師」members
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『教誨師』大杉連の初プロデュース作品であり遺作となった。ほぼ拘置所内の一室が舞台。半年前に教誨師となった佐伯が6人の死刑囚との面会シーンが続くのだが、いやあこれは…もしご存命だったら続編も観たかった。対話?会話?に圧倒された。深い。
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『教誨師』俳優同士の掛け合いが秀逸
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『教誨師』ほぼ教誨師と死刑囚達の2人芝居。罪状の明不明に関わらず緊張感がスゴイ。大杉漣はじめとした役者達の演技がスゴイ!特に良かったのは玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫。無邪気に見えた人物のたどたどしい文字で書かれた一言が重い🤔
    いいね

    良い
  • araoji
    『教誨師』を観る。 死刑囚6人と導こうとする牧師・教誨師との物語。 ほとんどが囚人と牧師の大杉漣さん2人の会話で、漣さんの人柄も写し出す様な芝居でとてもいい。 観終わってそれぞれの囚人の中に自分を感じゾッとした。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【教誨師】このまま死刑囚との対話だけだと辛いなぁと暫く見ていたが、後半から教誨師が自分を省みる映像が入り深い展開に。牧師という、信仰を導く者が執り行う仕事であることには暫し考えさせられる。死刑制度への問題提起も感じられた。 #映画
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『教誨師』大杉連にとって渾身の一作。重い題材で、ほとんど教誨室という閉ざされた密室で繰り広げられるゆえ息苦しくあり、膨大なダイアログで構成された劇は舞台を見ているかのような錯覚を覚える。個性的な死刑囚が揃う中、烏丸せつこは別格。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「教誨師」大杉連さんの最初で最後の主演作品です。感動作でした。』https://twitter.com/yukigame/status/1061687770962247680
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『教誨師』自分の人生を振り返り、自分の死を見つめるのは、過酷な事だ。それに寄り添う教誨師。仏教や回教の師も選択できるのかな。併走は良いけどペースメーカーになってはいけない。小さな小さな部屋で、あんな風に執行されるなんて、驚いたな…
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『教誨師』@シネマカリテ|上映前のネタバレなしトークショー、監督と高宮役の玉置玲央さん。6人の死刑囚と教誨師との対話のうち、最も小賢しい人物役。殺人者を擁護することにならないよう蓮さんが語る言葉が重い。遺作となってしまったのが残念。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『教誨師』大杉漣の最後の主演作。6人の死刑囚と対話する教誨師:受刑者の道徳心の育成や心の救済につとめ、改心できるよう導く牧師の話。大杉漣ならではの誰にも平等に穏やかに語りかけ、静かに流れるなか、自身も迷い過去と葛藤…初プロデュース作なのも感慨深い☆
    いいね

    普通
  • mkz811
    『教誨師』死刑囚との対話が淡々と描かれる会話劇。罪と向き合う者、嘘をついてまでなんとかして刑期を延ばそうとする者、精神に異常をきたした者、様々な人間が居る。彼らに平等に接し、諭そうとする教誨師。とても興味深く、考えさせる物語だった。
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『教誨師』死刑囚に罪を考えさせ、悔い改めさせるのに意味があるのだろうか?そして生きることの意味は?ほとんどの場面が死刑囚と教誨師との対話。音楽の挿入もなし。じっくりと見たい作品。大杉漣さんの出演作もプロデュース作ももっと見たかった。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『教誨師』こういう人を教誨師と呼ぶのは初めて知りました。実在した事件を連想させる犯人をも含めて6人の死刑囚との対話劇。罪への向き合いかたも人それぞれ、そして牧師も過去に向き合っての対話。緊張感が続くがそう重くはない。大杉漣さんに合掌
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『教誨師』障害者施設殺傷事件との問答は哲学的な問いを含んでいて面白かった。それと対称的な烏丸せつこの大阪のオバさんの妄想も。それそれ短編小説でも読んでみたいような対話だったけど、映画としてはエンタメの要素が大きいのか。そこがいい。幽霊が出てきたり、みんな妄想系だよな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『教誨師』実際にあった事件を元にしているのかもしれない。ホームレスだったオッサンはどんな事件かよくわからなかったけど、グラビアモデルの切り抜きをお守りのように持っている人で、最後にそのお宝切り抜きを教誨師に寄付?するのだが 死刑囚の改心というよりは心の叫びのシーンが良かった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『教誨師』死刑囚6人と教誨師の会話から見えてくる人生模様。死刑囚というよりも教誨師の映画で、成り立て教誨師が死刑囚と対話しながら、世界を見つめていく。ちょっと心師ゆさぶれたり。死刑囚の面々が個性的で面白い。障害者施設殺傷事件の死刑囚がいたり、烏丸せつこは木嶋佳苗かな?
    いいね

    良い
  • trustpine
    教誨師、観ました。今年2月に急死した大杉漣の初プロデュース作にして、最後の主演作。牧師が教誨師として6人の死刑囚と真剣に向き合い、自らの過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる人間ドラマ。大杉漣の人柄が出た作品です。玉置玲央と大杉漣の兄役を演じた役者がいいですね。
    いいね

    普通
  • tetsukichi
    『教誨師』本編には関係無いかもしれないが、観ていて気になったのは「エンドロールを含めてまったくBGMが使われなかった」ことと「オープニンからずっと4:3だった画面比率がラストシーンで16:9になった」こと。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『教誨師』高宮の設定は明らかに「津久井やまゆり園事件」の犯人を模したものだが、饒舌な高宮が投げかける質問に大杉演じる教誨師の佐伯はたじたじとなる。そしてそれを観ている観客である自分もまた佐伯と同じく考えさせられ悩む。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『教誨師』観てきた。大杉漣演じる新米(?)教誨師が6人の死刑囚との教誨を通して「生きる」意味を問う映画。派手さはないがズシリとした後味が残る作品。6人の死刑囚はそれぞれ個性を放つが、烏丸せつこ演じる野口と玉置玲央演じる高宮が強烈。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...