TOP >作品データベース >あの日のオルガン

あの日のオルガン

みんなの感想/評価
「あの日のオルガン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    15
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
84
ポジティブ指数100
公開日
2019/2/22
配給
株式会社マンシーズエンターテインメント
上映時間
119分
解説/あらすじ
第二次世界大戦末期、警報が鳴っては防空壕に避難する生活が続く1944年、東京品川の戸越保育所では、保母たちが保育所の疎開を模索していた。まだ幼い園児たちを手放す不安、迫りくる空襲から子どもたちだけでも助けたい、と意見の分かれる親たちを保母たちが必死に説得する中、埼玉に受け入れ先の寺がみつかる。荒れ寺での疎開生活をスタートした若い保母たちと幼い園児たちを待っていたのは、毎日わき出てくる問題との戦いの日々。それでも若き保母たちは子どもたちと向き合い、毎日ひたむきに励ましあいながら奮闘していた。そんな彼女たちにも空襲の影がせまっていた――。
©2018「あの日のオルガン」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • araoji
    『あの日のオルガン』を観る。 戦中の幼児疎開とそれを引率した保母たちの物語。 幼い子供達を連れての疎開の苦労と子供達の可愛さ、そしてそれぞれの運命が写し出されていて哀しい。 向田邦子さんの「父の詫び状」を思い出していた。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『あの日のオルガン』鑑賞@アップリンク吉祥寺。初めて知った「疎開保育園」の保母さんの話。実話ベースということでエピソードひとつひとつに重みを感じる。芝居がかった台詞回しが気になったが、いろんな人に真っ直ぐに届けるためか。UPLINK吉祥寺はお洒落かつ個性的で音が良かった印象。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【あの日のオルガン】精神的にも肉体的にも限界の状態であった保母たちの葛藤や苦悩は胸に強く突き刺さる。何よりも訴えかけてくるのは最低限の幸せをも奪っていく戦争の惨さだった。多くのオルガン楽曲のアレンジが思いの外、良い出来で嬉しい。光枝役の大原櫻子も表情豊かな演技で良かった。 #映画
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『あの日のオルガン』これはほんの一部のできごとに過ぎないのかもしれないが、戦争という悲惨な歴史は、二度と繰り返されてはいけないし、この時代を生き抜いた彼女たちや子供たち(といっても今は80代かな)がその後、幸せに生きてきたことを願う
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『あの日のオルガン』楓の怒りの真の矛先が見えた時、我々観客も同じ思いを抱く。終戦から全てを終えた時の彼女の姿に深く感動。戸田恵梨香はイイ俳優さんになったなぁ。佐久間由衣は戦時中の服装でもお洒落に見え、ほんと綺麗で見惚れたが芝居もいいね。てか若手女優陣、皆芝居達者だよ。良かったよ。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『あの日のオルガン』 太平洋戦争末期、空襲を避けて埼玉に疎開した戸越保育所の実話をベースにした作品。戸田恵梨香の落ち着いた演技は流石の一言だが、大原櫻子ら若手女優陣の佇まいが現代っ子のそれで、戦時中の女性に見えないのが残念。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「あの日のオルガン」保育所で疎開をしていたというのを初めて知りました。大変な事です。』https://twitter.com/yukigame/status/1101197632775512064
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『あの日のオルガン』実在した疎開保育園を基にした映画。小ぢんまりしているけどとても力強い。疎開保育園に対する周囲の態度は当時のいっぱいいっぱいな空気感を感じさせるが、そんな中で戦時中に子どもを預かるという重責を背負い気を張りながら日々奮闘する保母たちの姿は胸に来るものがある。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『あの日のオルガン』戦争の恐ろしさを感じた!子供達を守るために大変な任務を務めた保母さん達に頭が下がります。当時の日本の地方の様子もリアル。パワハラも当時は当たり前の事だったのか。戦争を伝える名作で今見るべき作品。感じるものが多い!
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『あの日のオルガン』シネマジャック&ベティで。疎開保育園の話。戸田恵梨香の細身で険しい表情がまさに怒れる乙女で、良い。大原櫻子への演出が漫画的で馴染めなかったが彼女の歌声じゃないと心動かされなかったかもしれない。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『あの日のオルガン』「疎開保育園」の実話を戸田恵梨香と大原櫻子のW主演で平松恵美子の監督・脚本で映画化した本作では、戦時下の厳しい状況で53人の未就学児を守った若き保母達の奮闘が、戦争の悲惨さを浮き彫りにしながら感動的に描かれる。
    いいね

    良い
  • saaco5909
    『あの日のオルガン』可愛い童謡を弾くオルガンの音色が懐かしくて哀愁漂う。このオルガンが疎開先で保母さんと園児の支えになるのね。自分の身内も心配だろうに懸命に子ども逹を守る先生には頭が下がる。戦争で離れ離れになる親と幼子には泣けました
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『あの日のオルガン』何がここまで保母達を奮い立たせるのか?疎開幼稚園での微笑ましくも切実な苦難の日々はもう一つの戦場だった。泣きたい時に思い切り泣けるという事が如何に文化的で幸せであるかと実感する。幼さを残す保母を大原櫻子が好演。
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    新ピカで『あの日のオルガン』。未就学児童と保母の視点から戦争の悲劇を描く、昔からありがちなタイプの映画、なのだけど今これが必要な世界になっているのが悲しい。やっぱり戦争は良くない。意外な豪華キャストの中、大原櫻子が魅力いっぱい。もっと歌声を聴きたかったけど。
    いいね

    良い
  • toomilog
    『あの日のオルガン』 子どもたちを守るために戦った保母さんの姿に胸をうたれ最後にはすこし泣きました。 女性の強さに心を揺さぶる素敵な映画でした。 【感想】 https://toomilog.com/anohi-organ
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『あの日のオルガン』試写。疎開先での奮闘を、保母たちと園児たちが互いの交流で癒していく様子が微笑ましいが、空襲が激化する後半は辛い展開が続く。命がけで守った子供たちとの別れを経て、全てを立派にやり遂げた保母たちの気高さに心打たれる。大原櫻子がまだ幼さを残す若い保母を好演。
    いいね

    良い
  • Haradaiko_1970
    「あの日のオルガン」観賞@パークスシネマ。 太平洋戦争時、東京から埼玉に疎開した保育所のお話。 疎開するまで割とササッと話が進み、それ以降のエピソードがメイン。 演技はともかく(笑)大原櫻子の歌は素晴らしいです。
    いいね
  • 2918Nk
    チケット貰ったから映画「あの日のオルガン」を見てきたんだけど思ったより全然よかった😌戦争中の話だしどうかなと思ったけど戸田恵梨香が出てるし監督が地元の人だしでなんとなく行ってきたけど泣けた😢
    いいね
  • pipox2
    『あの日のオルガン』戦争疎開、保育所までか…若い保母さん達は泣きたい毎日をどんなに歯を食いしばったか?!か細くも凜と美しい戸田恵梨香、福々しい大原櫻子、映画自体は如何にも~な印象はあるが、それで救われた命を思うと、埼玉県の皆様も立派だと言いたい☆
    いいね
  • PoKspz
    『あの日のオルガン』 戦争とは本当に容赦がないものなのだと思い、その恐さを改めて感じました。そして、生きること、生き抜くことの意味を非常に考えさせられる作品でした。 老若男女問わず、多くの人に見てもらいたい作品です✨… https://t.co/rFPwFwBHGD
    いいね