TOP >作品データベース >サスペリア(2018)

サスペリア(2018)

みんなの感想/評価
「サスペリア(2018)」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
62%
  • 良い
    50
  • 普通
    26
  • 残念
    3
総ツイート数
20,864
ポジティブ指数82
公開日
2019/1/25
配給
ギャガ
上映時間
152分
解説/あらすじ
1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • pharmacy_toe
    『サスペリア(2018)』なぜ次から次へと人々がいなくなるのか。なぜ、今、1970年代を舞台に描かれたのか。ルカ・グァダニーノ監督 http://eiga-suki.blog.jp/archives/susuperia.html
    いいね

    良い
  • ssataka
    『サスペリア(2018)』オカルトホラー的な部分も強調された感じがして私的には良かった。前半ちょいともたついた感じの展開がありますが全体的には怖くて良かった。ホラー映画好きな方には是非とも鑑賞マスト作品としてオススメいたします!!
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『サスペリア(新型)』 @ 塚口サンサン劇場観!AC茨木からの再観。初観である程度の解釈はあった。壱場面画に「ゾッ」となり旧作の極彩色派手な色味と違い全篇を覆う妖しくドス黒い気色美の展開に直ぐに惹き憑かれた!同劇場で旧作観後なので旧作品に対する愛する創りを実感!妖美魅に酔い浸る!
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    18本目『サスペリア(2018)』(@tenpara_tw)。ダリオ・アルジェント版から基本的な設定を受け継ぎつつも、出来上がったのは全く別ものといった感じ。驚きのラス・ボスとティルダ・スウィントンの三役ばかりが印象に残る。
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『サスペリア(2018)』リメイクというよりもリ・イマジネーション。哲学的な境地に踏み込んでいるのと、映像美から独自性を強く感じる。見所は三役演じたティルダ・スウィントン。作品を紐解くヒントは彼女にあり。総合芸術色強し。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    鏡側から映される視点“マジックミラー=魔法の鏡”が至る所で挿入。明るい側からは鏡に見えるが、暗い側からは向こうが見えるという用途に、ラストシーンの素振りによって、こちら側の存在も知っているのだと魔女的解釈。『サスペリア(2018)』
    いいね

    良い
  • melmo_chan
    『サスペリア(2018)』  ティルダスウィントンやりましたね。私、気づきませんでした。こういうのがあるとヤラレタ感があってまた観直したくなる。元作を去年TVで観たけど、それよりかはわかりやすくなっていて見易かった、が、グロかった。
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『サスペリア(2018)』ヒロインは雨と共に現れ、異界の扉を開くという出だしや魔女の設定なんかは同じなんだけど、それ以外はまったく新しく作られていて、それが良かったんだけど、最後はやっぱりアルジェント調か!みたいな楽しいリメイク。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    サスペリア どうなるかと思ったけど美しく締めくくられていて、私は観て良かったと思ってる。もう一度見たいくらい。でも自衛作用働いたから実際はないかも。骨折骨折とか他にもあり。あり得ないから2回目案外大丈夫だったりして。いやいや
    いいね

    良い
  • Limawano55
    サスペリア 夢や凄いシーンは適当に観ました自衛です。博士はわかったけどあれもなの。成る程。終わってみると、時代や普遍的なものを思うし、闘う少女たちもみた。大人は過ちと苦悩を。それと全く苦悩しない者たち。とか色々色々思う。
    いいね

    良い
  • movielong
    『サスペリア(2018)』を観てきました。ネタバレ少なめ。 https://ameblo.jp/movielong/entry-12443601334.html
    いいね

    普通
  • Movie_oftheDead
    『サスペリア』(2018年)は、なかなか自分の中で評価が定まらなくて、観た後にしばらく放置してたのだけど、ありのままに言うと「画面から目を離せない吸引力はあるが、では面白いのかと言うとかなり退屈に感じるタイトル」でした。スミマセン。
    いいね

    普通
  • yashikoba1830
    『サスペリア(2018)』ダンスシーンは迫力があったし、なかなか怖くて2時間半が長く感じなかった。#eiga
    いいね

    良い
  • misoco00
    『サスペリア(2018)』アルジェント版とは違う不気味さがあった。東西分断時代のベルリンという空気感はよかったけどドイツ赤軍とか本編と関係あったのか私には理解できなかった。クライマックスのシーンでトムヨークの歌流すのは興ざめだった。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『サスペリア(2018)』鑑賞。フェミニズム、カルト、分断で解釈しようとするが感覚的には反転さえするようなややこしさ。憑依や継承のカオスは全く同じ台詞もあって魔女版『地獄の黙示録』のようにも。ティルダ・スウィントンの3役は後で知りなんだかそれが一番恐ろしく感じる魔女っぷりだ。
    いいね

    普通
  • yudutarou
    『サスペリア(2018)』美学は継承しつつ下品さを幾重にも解釈できるインテリジェンスに置き換えながら全編ハイテンションなジャンル映画としてちゃんと楽しくて原典より好きかも。爽快かつ最悪な結末を作り手がどこまで意図してるのかは気になる
    いいね

    良い
  • hiroopen
    『サスペリア(2018)』@TOHO木曽川。77年ベルリン舞踊団の秘密を描く。面白かった、が何を見せられているかが終始分からない。そして展開に澱みがなく、混乱もない。恐怖は無いが、鳥肌が立つ映画だった。町山氏の解説動画が補助となる。
    いいね

    良い
  • trustpine
    サスペリア、観ました。ベルリンの有名舞踊団に入団するため訪れた主人公が、次々と起こる謎の殺人事件や怪奇現象に巻き込まれていき、ダンスカンパニーの闇が浮き彫りになっていくホラー作品。前作の再構築で、とにかく色彩と音楽が圧巻でした。ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントンがいい。
    いいね

    普通
  • Au0223
    『サスペリア(2018)』意味深に見えるだけで多分深い意味はなかったオリジナルに、「ドイツ赤軍」「ベルリンの壁」「ネオナチ」等を詰め込んで超意味深映画に昇華させた意欲作でした。シャマランもそうだけど、ここまでやったら天晴。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『サスペリア(2018)』アルジェント版を咀嚼・消化し独自の感性で組み上げていて、これもリメイクの好例のひとつなのかなと思う反面、バレエ要素を濃くしたり学校の外に視野を広げたりで時間も長く、インテリ感も相まって観ていて面倒くさくなってしまったのも事実。オリジナルの方が好みだなぁ。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...