TOP >作品データベース >サスペリア(2018)

サスペリア(2018)

みんなの感想/評価
「サスペリア(2018)」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    41
  • 普通
    23
  • 残念
    3
総ツイート数
20,059
ポジティブ指数82
公開日
2019/1/25
配給
ギャガ
上映時間
152分
解説/あらすじ
1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。
(C)©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuya_pi
    『サスペリア(2018)』 ★ 元々ストーリーの骨格が弱いオリジナルを、美意識先行のスタイルだけ模倣してリメイクした愚作。恐怖演出のセンスのなさ、ムダ肉だらけの冗長上映時間、なにより色彩設計と会話内に全く品性が感じられず汚い。
    いいね

    残念
  • 138_kaz
    『サスペリア(2018)』予備知識なしで鑑賞。自分のボンクラ脳ではよくわからない映画だった。序盤退屈でちょっと意識が飛んだが、ダンスで女の子の体がボキボキするところで目が覚めた。でも超展開にポカーンとなるだけで結局よくわからない。あと長い。俳優の演技と撮影がすごいのはわかった。
    いいね

    普通
  • Hewmoon
    『サスペリア(2018)』Cinecittàにて<LIVEサウンド>上映! ルカ・グァダニーノ監督のリメイク版だがもう別物。とにかく情報量多すぎて、もの凄いもの観た感!Lastのトム・ヨークの美しい歌声が、癒しへと変わる。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『サスペリア(2018)』スタイリッシュでありながらグロテスクな狂気を孕んだ映像美、トムヨークによる音楽もこれでもかと不安と緊張を掻き立てて、クライマックスの儀式に至っては口あんぐり。地獄絵図に目を奪われ恍惚となる自分を発見できる。
    いいね

    良い
  • chusingura
    『サスペリア(2018)』凄まじく恐ろしい映画だった。いろんな意味で。『DEVILMAN Crybaby』を本気で実写化したら、こんな感じなんやろうなあ。
    いいね

    良い
  • akato2023
    サスペリア 大胆不敵な再構築に惑わされる. ルカ・グァダニーノが拘り抜いた視覚的な悍ましさから神秘的な感覚までかなりアグレッシブで,執念が感じられる.
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『サスペリア(2018)』シネマイクスピアリ。オリジナルの要素を用いているものの、全く違う手触りの映画になったルカ・グァダニーノ監督の新たなアート性と哲学性、社会性を含んだ作品。グロはやや控えめ、エロさは多めだけど耽美で高尚な趣き。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『サスペリア(2018)』 ▼1/31/19鑑賞 【封切上映、日本語字幕】
    いいね

    普通
  • masala0517
    『サスペリア(2018)』残酷な勢いとゴブリンの音楽で魅せた訳わからないオリジナルから一転、説明的描写を排除したドラマを積み重ねながら残酷シーンを挿入する手法で責めるが、やっぱり訳わからない。「サスペリア」ってこんな映画だったけ?
    いいね

    残念
  • writelefthand
    映画『サスペリア(2018)』数えたカットは2333。ダンスそのものと踊る女性たちの肉体が見所だが、踊っているダンスのせいか生命感や情動を感じなかった。痛いのと異形が交じりあうカットは見ていて嫌な感じもしたが、画作りのレベルはとんでもなく高い。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『サスペリア(2018)』鑑賞。元の作品未見。ベルリンという土地と時代性、コンテンポラリーダンスの学園、母なるもの、など異なる層の話が交錯しているので何がなんだか。といってもわかる部分を繋ぎながら、時にサイケな時にグロテスクな映像と共に楽しんだので満足。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『サスペリア(2018)』1977年のとは別物。後半の追い込みは楽しめるのだけれど、作り込み過ぎた感が。長かったなぁー。いろいろな監督のサスペリアが観たくなった。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【サスペリア】アルジェント版へのフックも随所に用意されてはいるが、物語展開には大胆な翻案がなされていた。特に舞踏団の内側核心部分の深みと、外側への広がりの両方が認められ好感の再生。映像美は勿論、見る側の想像力で補い主体的に見せるホラーとしても見応え充分。是非再見したい。 #映画
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【サスペリア】重厚で奥深いアクロバティックな変容を遂げた面白さはありますが、冗長だし硬いなぁ、確かに感動するけど、すべてに意味を持たせようとした結果、説明的だなぁと感じる部分も多かったのが本音です。血祭りとトム・ヨークは最高でした!
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『サスペリア(2018)』グァダニーノ監督がホラーだなんて、しかもあの名作のリメイクとは、一体どんな作品に?と思ったら、オリジナルの枠組みを使いながら、オリジナルの世界観を凌駕する凄い作品になった。後で知った一人三役の事実にも驚愕。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『サスペリア(2018)』@HTC渋谷|オリジナルへのリスペクトを感じた。東西ドイツが壁で分断されていた1977年の重苦しさのなかで、舞踏団の謎が明かされるまで長尺でも飽きない。ダコタ・ジョンソン、コンテンポラリーダンスがキレキレ!
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『サスペリア(2018)』色彩が渋くて抑えられた映像だった。
    いいね

    普通
  • nekotaimu
    『サスペリア(2018)』再構築され全く別物な印象を受けるが何故かサスペリア、、、様々な要素とアプローチが緩やかに難解にジワジワ来る不気味さが残った異形の作品。どの角度から観るかで解釈変わるかなと。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『サスペリア(2018)』一応1977年版を見て予習して臨みましたが、まあ予習は必須じゃない印象。変な映画なんだろうとは思ってたけど、なんだかずいぶん疲れちゃったな…
    いいね

    普通
  • paranoiaquality
    『サスペリア』前作では少女が森の中で館に迷い込むおとぎ話風だったけど今作はドイツ赤軍のニュースと目の前がベルリンの壁の舞踏館という現実が舞台。1時間半の映画を2時間半にリメイクしたら別の作品じゃんと思ったら意外にサスペリアだった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...