TOP >作品データベース >バンクシーを盗んだ男

バンクシーを盗んだ男

みんなの感想/評価
「バンクシーを盗んだ男」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
70%
  • 良い
    11
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
677
ポジティブ指数83
公開日
2018/8/4
原題
The Man Who Stole Banksy
配給
シンカ
上映時間
93分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
ロンドンを中心に世界中で神出鬼没な活動を展開する正体不明なグラフィティアーティストのバンクシーと、数千万円~1億円という超高額で取引される彼の作品が人びとに及ぼす影響力に肉迫したドキュメンタリー...
(C)MARCO PROSERPIO 2017
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『バンクシーを盗んだ男』数えたカットは876。バンクシーだけではなく、パレスチナを分断する壁に描かれた様々なグラフティアートと、パレスチナの道々が映像として印象的。壁は長大で高く、村上春樹の「壁と卵」の話も思い出す。アートの意義についても考えさせられた。 #eigamote
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『バンクシーを盗んだ男』。パレスチナ問題の映画かと思ったらストリートアートの映画でした。
    いいね

    残念
  • frenchbluee
    『バンクシーを盗んだ男』 バンクシー・ダズ・NYと似たような構成のドキュメンタリー。 彼の作品を取り巻く人々を描いてるんだけど、前者よりも後者の方が多面的かつ距離を置いた冷静な視点で描かれてました。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『バンクシーを盗んだ男』最初のインティファーダは壁の落書きでアラブの春はSNSという分析は面白い。芸術と文脈とビジネスの話よりも分離壁の人々の変化が興味深かった。で結局マッシヴ・アタックの3Dなの?今でもパレスチナに行っているのね。
    いいね

    良い
  • croaton0
    ストリートアートを巡る三者三様の主義主張と舞台となるベツレヘムの現状と実状を描いているも、正直バンクシーの過去作のイメージで観るとかなり堅く感じてしまうため眠気が… 意識を「ストリートアートの存在価値」に切り換えて観るのが吉
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【バンクシーを盗んだ男】ベツレヘムを二つの世界に分断した壁に描かれた『ロバと兵士』を筆頭にグラフィティ・アートの数々。様々な立場や意見が興味深い。切り出しを手伝ったパレスチナ人ワリドの言葉と、この壁画の顛末が皮肉で象徴的。 #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『バンクシーを盗んだ男』結局「ロバと兵士」の絵はそれ以上買い手が付かないから倉庫に仕舞われたままだという。確かにパレスチナの壁のバンクシーの絵はそのまま放置すれば消えてしまうのかも。それでもそこで絵を観た記憶は残る。その側でバンクシーのお土産を売っているオヤジが良かった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『バンクシーを盗んだ男』ストリート・アートという反権力的な規制を破るようなアートはその場所も意味を持ってくる。笑ってしまうのはそこに落書きをしていいよ、と美大生に描かせてストリート・アートだとしている区画があった。それは違うだろう。その側にガキが描いた落書きのほうがよっぽどいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『バンクシーを盗んだ男』キース・ヘリングの落書きを駅員が捨てていたのでそのポスターを集めて、キース・ヘリングのアートが世界的に知られた。でもコマーシャリズムに利用されたのも事実だ。80年代の象徴的なアートとして保存されるべきか?アートがマネーになるのは資本主義では仕方がないのか?
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『バンクシーを盗んだ男』コンクリートの切り取りを手伝ったタクシー運転手はパレスチナ人をロバと侮辱の表現されたのは許せないという。建物の所有者はオークションで売った金でキリスト教会を立て直す為に寄付するので、それはパレスチナにとってはいいことだという。それぞれの言い分とアートとは?
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『バンクシーを盗んだ男』パレスチナの壁にストリート・アートを描いたバンクシーの絵を切り取って(それは違う場所の建物だった)、建物の所有者がオークションで金得る。それをショールーム(海外のトヨタのショールーム?)に飾る。「ロバと身分証明書を求める兵士」の絵はどうみても場違いだった。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『バンクシーを盗んだ男』神出鬼没なストリートアーティスト:バンクシー。超高額で取引される作品が人びとに及ぼす影響力、落書きアートの所有権は誰に有るのか?紛争地区パレスチナとイスラエルを分断する450キロの巨大な壁に描かれた「ロバと兵士」が切り取られ転売されるドキュメンタリー!凄っ
    いいね

    普通
  • nodatetu
    『バンクシーを盗んだ男』@HTC渋谷。語りはイギー・ポップ。謎に包まれた覆面アーティスト・バンクシーがベツレヘム地区の分断壁に描いた絵「ロバと兵士」についてのドキュメンタリー。素晴らしい芸術は溢れんばかりのメッセージを発しているが、商売の道具にする人間にはやはり価値が伝わらない。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『バンクシーを盗んだ男』謎のアーティスト、バンクシーが描いたベツレヘム分離壁のアート。本人不在のまま人々の意識を焚きつけ、問題提起をするドキュメンタリーはアートの真価も問うている。作者は二の次で、時代と場所とメッセージが芸術の価値。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『バンクシーを盗んだ男』試写。謎に包まれた覆面アーティスト・バンクシーがベツレヘム地区の分断壁に描いた絵を巡るドキュメンタリー。ストリートから生まれた芸術だけに、作品が作者個人のものではなく描かれた場所で価値が決まる所が興味深い。絵の真意は本人のみぞ知るだが、芸術は挑戦なのだ。
    いいね

    良い
  • emarikko
    バンクシーを盗んだ男、始まる前から眠くて途中ちょっとウトウトしたけど面白かった~!
    いいね
  • bluejeans_jp
    「バンクシーを盗んだ男」を観た。パブリックアートの本来の意味について暫く考えさせられた。自身の描いた絵が壁ごと切り取られてオークションにかけられた上に倉庫で眠る。バンクシー自身はどう考えているのか...。
    いいね
  • chian0001
    「バンクシーを盗んだ男」…価値の転換が素晴らしかった…映画としてはバンクシーダズニューヨークの方が見やすい感じがあったけど
    いいね
  • yasswee
    続けてセンチュリーシネマで「バンクシーを盗んだ男」。色々と突っ込みどころもあり考えさせられた。
    いいね
  • creamsoda616
    バンクシーを盗んだ男すんごい面白かった……面白かったという言葉が適切かどうか迷うところだけど。常々、事象はひとつでも、そこにいる人の数だけ事実は存在し得るということを忘れてはいけないと思っているので、それが体現され過ぎててとても興味深かった。
    いいね
    もっと見る Loading...