TOP >作品データベース >バルバラ~セーヌの黒いバラ~

バルバラ~セーヌの黒いバラ~

みんなの感想/評価
「バルバラ~セーヌの黒いバラ~」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    3
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
209
ポジティブ指数60
公開日
2018/11/16
原題
BARBARA
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
98分
解説/あらすじ
フランスの国民的歌手バルバラに扮した映画の撮影を控えている女優ブリジット。彼女はバルバラになり切るため、自身の性格・歌声・ジェスチャー等すべてをバルバラに模し、自分の中に取り込もうとする。次第にバルバラの存在が自分の中で大きくなり、心身ともにバルバラに支配されるブリジット。そして映画監督イヴも同様、バルバラの存在にのめり込んでいく。果たしてイヴを支配しているのはバルバラなのか、それともバルバラに扮したブリジットなのか――?
© 2017 - WAITING FOR CINEMA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • MondMasa
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』なんとまぁ三重構造!
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【バルバラ セーヌの黒いバラ】歌手バルバラを演じる女優ブリジットの物語の筈が、いつしか歌姫の赤裸々な生活そのものを覗き見ているよう…役と役者の境界の曖昧さと言うより寧ろ成り切り的陶酔感。それが心地よいかと言われると微妙。 #映画
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』フランスの伝説的歌手バルバラを演じる女優を通して現実と虚構に翻弄されるアーティストの苦悩をメタ・フィクションで展開する意欲作。劇中のブリジット同様にこちらの意識まで疑えてくる中に[本物]の瞬間を感じる。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』現実と映画撮影という、わかりづらい映画。カンヌで「詩的映画賞」を獲っていて期待していたが、パルバラというミューズの背景に到達できないイライラが募った。マチュー・アマルリックは演じる側なら好き。
    いいね

    普通
  • tomomori34
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』新しい手法の伝記映画。バルバラを演じる事になった女優イザベラを演じるジャンヌ!悩みながら演じるうちに、バルバラがイザベラへ憑依したののようになっていく様が見事!理解するというより感覚で楽しむ映画!
    いいね

    良い
  • mytako21
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』★★☆☆☆
    いいね

    残念
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • mindatworkwork
    バルバラ セーヌの黒いバラ、主役の人の気合の入った洋服の着こなしが素敵であった…ミニスカートもピンヒールも最高
    いいね
  • hinoeumathurman
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』人には勧めないけど、今年のベスト10級に好きだった。私は本当にジャンヌ・バリバールが好きだな、映ってるだけで陶然、歌も最高。
    いいね
  • utaao
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』監督:マチュー・アマルリック 脚本:マチュー・アマルリック、フィリップ・ディ・フォルコ。美術の間違いを指摘され、セットがバラされ、運び出されたピアノをブリジット弾くとこで、自分が検討違いな観方をしてたことに気づいて、ホントに自分にガッカリ。
    いいね
  • TGNgoroneko
    バルバラ セーヌの黒いバラ 結構期待してたけどがっかり。アマルリックさん、お願いだからバルバラのことを全く知らない人にも楽しめるようにもっとわかりやすい映画にしてくれませんかね。もう眠くてしょうがなかった。
    いいね
  • okeo1040
    「バルバラ セーヌの黒いバラ」見た。画面の質感がめちゃ良いし、面白かった。
    いいね
  • frncsym
    映画「バルバラ セーヌの黒いバラ」を観て来ました。所々理解できないシーンもあったけれど、とても良かった。もともと僕が、バルバラさんの歌が好きということもあるけれど。好みのタイプのフランス映画。
    いいね
  • sabaha0410
    『バルバラ〜セーヌの黒いバラ』勿論構造の素晴らしさを支えるのは素晴らしい映像、編集、演技、そしてそれはアマルリックとバリバールの信頼関係の賜物ではないか。何よりこの映画の詩情に胸を掴まれた。こんなにも映画が詩であることを感じさせてくれる作品は久しぶり。カンヌ詩的映画賞に大納得。
    いいね
  • sabaha0410
    『バルバラ〜セーヌの黒いバラ』素晴らしかった。バリバールがバルバラを演じる女優を演じるという構造が映画に客観性を保たせ、伝記映画にありがちな滑稽さに陥ることを避けさせ、逆説的だかそれにより現実と虚構の境がより曖昧になる、という不思議。
    いいね
  • tele1962
    「バルバラ/セーヌの黒いバラ」。マチュー・アマルリックによる、演技についてのテクスト。ロマン・ポランスキーの魂は間違いなくマチューに受け継がれている。つまらない連中の凝り固まった正義なんかに、映画の本質は殺されない。決して!!
    いいね
  • mountain99
    『バルバラ セーヌの黒いバラ』観たんだが、バルバラの伝記映画を製作してると思いきや当時の映像に切り替わると思いきや映画内映画で、あまりのバルバラ感に驚く。絶えず流れるシャンソンシーンはどれも素晴らしい。歌声があまりに美しい。
    いいね
  • Yuko_Tomita
    マチュー・アマルリック監督&出演『バルバラ セーヌの黒いバラ』試写。ジャンヌ・バリバールが伝説のシャンソン歌手バルバラを演じる女優を演じるという複雑さ(←褒めてる)。三者の境界が時空を超越してあいまいで翻弄されるが、ジャンヌ・バリバールの声がひたすら好き。歌も素敵。11/6公開
    いいね
  • satsugeki_
    ★週末公開作品★ 12月28日(金)公開 「バルバラ セーヌの黒いバラ」 新作映画でシャンソン界の女王バルバラを演じる女優が次第に現実との境目を見失っていく。 上映時間はこちら→https://t.co/fT2BpFficuhttps://t.co/PX4JTKAbPr
    いいね
  • kinejun_theater
    明日12/28(金)で上映終了の作品は下記の6作品🎞️ 『華氏119』 『マンマ・ミーア!』 『バルバラ セーヌの黒いバラ』 『家族ゲーム』35mmフィルム 『戦場のメリークリスマス』35mmフィルム 『ゆきゆきて、神軍』 まだの… https://t.co/Z0NKE3f8b0
    いいね
  • BornToRun37
    自分が選ぶ今年の10傑 ⑦ ロンドン、人生はじめます ⑥ 男と女、モントーク岬で ⑤ バルバラ〜セーヌの黒いバラ #マイベストテン https://t.co/dXhNnFQN3d
    いいね