TOP >作品データベース >ハナレイ・ベイ

ハナレイ・ベイ

みんなの感想/評価
「ハナレイ・ベイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    18
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
2,866
ポジティブ指数94
公開日
2018/10/19
配給
HIGH BROW CINEMA
上映時間
97分
解説/あらすじ
2005年に発表された村上春樹の短編小説集「東京奇譚集」に収録された同名小説を吉田羊、佐野玲於、村上虹郎のキャストで実写映画化。シングルマザーのサチは、息子タカシがハワイのカウアイ島にあるハナレ...
(C)2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • d_hinata
    『ハナレイ・ベイ』@新宿ピカデリー♪乗り越えるでもなく、受け入れるでもなく、思い出となり通りすぎるのを待っているようだった。上映後に開いた入場者プレゼントが更に余韻を残す。ただ、10年という月日が流れたのは全く気付けなかった…。
    いいね

    良い
  • COLORBAR_ty
    『ハナレイ・ベイ』ハワイの海で息子を鮫に食われた中年女性が10年かけて息子の死に向き合う話。「嫌いだけど、愛していた」って言葉が耳に残る。好きと嫌いは反対の言葉だけど、愛してると嫌いは反対じゃない…だから「嫌いなところも含めて、愛している」ってある意味究極の愛の形なのかもしれない
    いいね

    良い
  • 21hkrtkd
    『ハナレイ・ベイ』鑑賞。村上春樹の短編小説の映画化。10年前にその海で息子をサメに襲われて亡くした母親が、毎年訪れるハワイカウアイ島のハナレイ・ベイ。原作を読んでから観たがとてもいい映画だった。台詞は少なめで余白の美があり。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿ピカデリーで『ハナレイ・ベイ』を鑑賞。ハナレイ・ベイで死んだ息子の命日の時期に毎年訪れる母親。吉田洋さんと村上虹郎さんのやりとりが微笑ましくて素晴らしい。喪失感から希望を感じさせるいい映画でした。ハワイの景色もよかった。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ハナレイ・ベイ』息子をサメに喰われたという悲劇もそうだが、ドラックに溺れるダンナというのもすごい状況だが、息子の死を引きずって10年ハワイに通って、やっと吹っ切れたか。スケボーやる吉田羊は、たぶん本人そのものやね。
    いいね

    良い
  • nekoyashiki25
    『ハナレイ・ベイ』久々に泣いた。凄くいい映画を観た。余韻がすごい。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ハナレイ・ベイ』嫌いだけど愛している息子の死を、納得も消化も出来ない母親。吉田羊が抑えた表情の演技で好演し、そして、感情を爆発させるシーンが印象的。偶然か意識的か、抜けるような青空ではないハナレイベイが作品に深みを与えていたよう。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ハナレイ・ベイ』中年女性が主人公の話は村上春樹っぽくないか、原作知らずに映画を観たら、村上春樹だとは思わないかも。死のイメージからは遠い楽園ハワイの海で、亡き息子の姿を何年にも渡って追いかける母親の姿を吉田羊が実によく演じている。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ハナレイ・ベイ』思い入れがあるので映画化の懸念を以前ツイートしたが、すみません、良かった。米文学のような行動で描く潔さと行間が、役者の体現と映像にうまく変換されてスクリーンに拡がった。追加点も納得。でも未読だと雰囲気映画っぽいかな。余韻をもう少し味わって小説を読み返してみよう。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ハナレイ・ベイ』鑑賞。村上春樹のテーマである喪失と米文学の継承が素直に出た短編。その良質な映像化だった。冒頭数カットが素晴らしく入り込みサチの心情を読み取る旅へ。吉田羊が技巧から体現でサチと一体化。村上虹郎もいい味だ。ハワイとサーフィンがきっちり魅力的に撮られてるのも良かった。
    いいね

    良い
  • saaco5909
    『ハナレイ・ベイ』息子を亡くした母親、吉田羊の哀しみや必死で歩き続ける姿に胸が痛んだ。涙。村上虹郎くんはカラッとよかったわ。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『ハナレイ・ベイ』家族を亡くした吉田羊の哀しみがいっぱい、そしてハワイの風景が綺麗…。吉田母、村上虹郎青年、栗原類亡き夫の配役は意外と良い(プロサーファーの起用は必要無かったかも)
    いいね

    残念
  • tomomori34
    『ハナレイ・ベイ』音楽とハワイの波や風音、雲の競演!悲しい出来事を象徴するどんよりした空。母を演じた吉田羊さんの悲しい眼差しが印象的。嫌いだったけど、愛していたのセリフが心に残った!淡白で悲しい映画ながら、波の音が効いて爽やか!
    いいね

    良い
  • mkz811
    『ハナレイ・ベイ』イギーポップの音楽と吉田羊の演技とハワイの雰囲気がとても良く、村上春樹っぽさは確かに感じた。40ページそこそこの原作でよく一本の長編映画としてもたせる事ができたなと。
    いいね

    良い
  • an_jewelry2
    『ハナレイ・ベイ』 吉田羊が良かった。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ハナレイ・ベイ】原作の要所を薄めつつも、痞えていたサチの感情を、家族との関係のフラッシュバックから炙り出す映像表現が活きていた。ただ、視点変えが一寸流れを止めていた様にも。吉田羊が見事に嵌っていたが、村上虹郎も良い味。 #映画
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ハナレイ・ベイ』数えたカットは466。主演・吉田羊は吉田羊にしか見えなかったのだが、彼女の肉体を映画表現のために巧く使っていた。ハワイカットも所々いるか?というカットもあったがまあ許容範囲。1人明らかに棒読みだった配役には……使う理由があったとしても。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ハナレイ・ベイ』鑑賞。原作読了済みの村上春樹ファンとしては、いくらでもウェットに転べる内容だけに「転ぶなよ」とはらはらしながら鑑賞。所々怪しい部分はあったが、結果転ばなかったかな、と。脚本・演出共に映画ならではの部分がうまくいっていて快哉を叫んだ。観てよかった。
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『ハナレイ・ベイ』鑑賞 申し訳ない、これにどういう感想を抱けと… ハワイの綺麗な自然と静かな波の音が終始続き、そこから醸し出される癒しのオーラが睡魔を呼ぶ お話も一言「だから何?」としか言えず寝るのに最適としか言えなかった
    いいね

    普通
  • MondMasa
    ハナレイ・ベイ ハワイでサメに襲われ命を落とした19歳青年の母を演じる吉田羊がショットガンの訓練を経て復讐のために……そんな話ではなく!息子の死と向き合うヒューマンドラマ。そんな時、浜辺に片足のサーファーが現れるという噂を聞き…
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...