TOP >作品データベース >クリード 炎の宿敵

クリード 炎の宿敵

みんなの感想/評価
「クリード 炎の宿敵」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    123
  • 普通
    8
  • 残念
    3
総ツイート数
8,966
ポジティブ指数91
公開日
2019/1/11
原題
CREEDⅡ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
130分
解説/あらすじ
ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスのもとに、かつて父アポロをリングで殺したイワン・ドラゴの息子ヴィクターとの対戦話が舞い込む。父に復讐を誓ったアドニスは、ロッキーの反対を押し切り因縁の一戦に臨むことにする。試合はヴィクターの反則行為により勝利したものの、納得のいく勝利を飾れなかったアドニスは、心身ともに調子を崩してしまう。同時に、婚約者のビアンカの出産も控え、父親になることへの不安も抱えていた。アドニスの母親から頼まれたロッキーは、父親がいない環境で育ったアドニスに父親という存在の大切さをアドバイスする。父親となったアドニスはしばらく一線から遠のいていたが、「ボクシングが自分そのものだ」と気づき、ついにヴィクターとの再戦を決意する。
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • pharmacy_toe
    『クリード 炎の宿敵』 号泣必至の続編!30年前の宿敵がロッキーとクリードの前に立ちはだかる。そして彼らは何のために戦うのか http://eiga-suki.blog.jp/archives/creed2.html
    いいね

    良い
  • ssataka
    『クリード炎の宿敵』前作から引き続き試合のシーンは見応え十分!!特に今作のクライマックスは、なかなか感動的で両者の対比が際立つ幕切れは最高でした。今回も決戦を前にした謎の特訓もちゃんとありまして、ここもいい味を出しております!
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『クリード 炎の宿敵』ロッキーのテーマ曲はもはや卑怯の域。あんなのぶわーっとテンション上がるに決まってるし(^_^;)血のつながりはなくても本物の親子の様なロッキーとドニーの家族愛に涙するもよし!強靭な男の肉体に萌えるもよし!
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『クリード 炎の宿敵』ボクシング映画というジャンルとは別に「ロッキー」映画というのがあるのだ。これは本家本元で或るわけなんだろうけど、ボクシングシーンより、駄目になったチャンプの姿だったり、前近代的な練習風景「虎の穴」だったり、老ロッキーのありがたい言葉で、そして、愛は勝つ。
    いいね

    良い
  • furatoma
    映画『クリード 炎の宿敵』を鑑賞。ローッキー4の続編とも言える今作は、アポロの息子アドニスとドラゴの息子が親の因縁を背負って対決。一度はどん底に落ちたアドニスがロッキー魂でリベンジ。ラストのドラゴのタオル投げに息子への愛を見る。
    いいね

    良い
  • OnlyTheDesire
    『クリード 炎の宿敵』クリードとロッキーの疑似家族に加え、新たに生まれる家族や過去の家族という複数の「家族の物語」という側面が強い第二作。良い映画だとは思うのだが、ドラゴ家族の最後にもうちょっと救いが欲しかった…
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【クリード 炎の宿敵】ドラゴが帰ってきた!国に見放され、妻に逃げられ、灰色の人生を背負った男が33年前の屈辱を晴らすべく。その時間の重さは観ていて本当につらいですが、”人生についての物語”であるシリーズに相応しい彼の勇気に…涙。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『クリード 炎の宿敵』前回観た時、前半のドラゴの挑戦記者会見までは覚えていたが、寝落ちして起きた時には、アドニスと闘う直前だったけど、その間に何があったか2回目でちゃんと観れたわ。枝葉ではあるが、重要なシーンがあったのね。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    6本目『クリード 炎の宿敵』。ロッキー、クリード、そしてドラゴ。それぞれの親子や( 疑似的な親子関係たる)師弟の絆に胸打たれる。スター・ウォーズに求めるのもこういうことだったんだよなぁと改めて実感。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『クリード 炎の宿敵』敗北からの復活劇。安定の面白さ。スタローンが渋くて素敵。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『クリード 炎の宿敵』ロッキーから観てる世代には堪らない作品でした。アドニスの試練、ロッキーの試練、ドラゴ親子の試練、それぞれがギリギリの所で踏ん張ってる姿は涙腺決壊間違い無し!特にドラゴのラストの決断はズシッと重い!男泣き必至!!
    いいね

    良い
  • koring95
    『クリード 炎の宿敵』アドニスは恵まれた環境にいるぶん、どちらかというとドラコ親子の話が主役っぽくない?あとロッキーは完全に脇にまわってて前作ほどロッキーシリーズって感じじゃなかった。試合のシーンはなんだかんだでやはりアガる!
    いいね

    良い
  • makothree
    『クリード 炎の宿敵』ドラゴ父子の描き方が相当良い。ただの怪物ボクサーではなかった。ストーリーは王道で、泣かせる。
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『クリード 炎の宿敵』友情・努力・勝利の少年漫画的な鉄板展開。まさにこれを観に来た!旧作から綺麗に繋がっていてドラゴ親子が絶妙に良かった。ロッキーがここまで人生を見せるシリーズになるとはなぁ。テーマ曲は盛り上がり不可避ですね。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】クリード 炎の宿敵みてた。◎。堅実な続編。親子という視点を導入した前作に子が親になるという階層を入れている。凹られた奴が強さを獲得した説得力もある。テーマ曲の使い方、手ブレの映像、Rockyのカットイン、回る画像と巧みな映像。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『クリード 炎の宿敵』今回は完全にドラゴ親子、というかヴィクターに肩入れして見てしまう。勝つことでしか自分の存在を認められない、重荷を背負い続けてきたヴィクター。ためてためて流れるロッキーのテーマ、ヴィクターのために泣いた。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『クリード 炎の宿敵』ワンパターンな展開なのは否定できないが、それはロッキーシリーズが、いわば水戸黄門と同じであり、この展開を楽しみに見に来ているということ。さてさてこれからロッキー含めて彼らはどうなっていくのか。まだまだあるかな
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『クリード 炎の宿敵』‪鑑賞。戦うのは前に進むため。因縁の対決はアドニスとヴィクターの二人だけでなく、ドラゴとロッキーも救い解放したのだと思えた。父親になり成長したアドニス、ドラゴ親子のラストの表情が良かった。#eiga
    いいね

    良い
  • dendenbium
    『クリード 炎の宿敵』鑑賞完了です ロッキー4のテンポに比べると滅茶苦茶ゆっくりと進むドラマ、とはいえ特訓からの試合はいつも通りテンションが上がる なんだかんだ言ってもあのテーマを熱い所で流されたら誰でもグッとくるって話
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『クリード 炎の宿敵』★★★☆☆ドルフ・ラングレンの佇まいがなんともいえない
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...