TOP >作品データベース >芳華-Youth-

芳華-Youth-

みんなの感想/評価
「芳華-Youth-」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    30
  • 普通
    4
  • 残念
    1
総ツイート数
254
ポジティブ指数97
公開日
2019/4/12
配給
アット エンタテインメント
上映時間
135分
解説/あらすじ
1976年、軍で歌や踊りを披露し兵士たちを慰労し鼓舞する歌劇団・文工団に、夢と希望を持った17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)が入団。農村出身で周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だった。 しかし、時代が大きく変化する中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎える…。
© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『芳華-Youth-』知らない国の知らない時代を生きている人たちを観ると、あれは私だった?とか、私はどこに?などと、ふと思う。今は過去を振り返る時に多くの意見がついて回る。でもこんな作品を観せられると黙ってしまう。言葉が出ないよ。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『芳華-Youth-』文革時代の青春群像劇。眩い若さが弾ける前半と中越戦争の傷跡との対比が印象的で辛い。本格的な画作りでダンスや戦闘シーンが見どころ。ただ人物もお話も焦点が定まらないのが惜しい。特に後半の編集の酷さは何か事情があったのだろうか。中国の歴史とノスタルジーが興味深い。
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『芳華-Youth-』序盤の“掴み”の役割も果たす、ダンスのレベルの高さ。このエネルギーが作中の若者達に切実な実在感を与えているからか、ベタで甘酸っぱい「青春」ドラマが続いても飽きずに観れた。 打ち上げ翌朝の寂しさは世界共通か…!
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『芳華-Youth-』@ シネマ神戸観!戦時を背景にした中国の"間違いない"青春の群像激(劇)!煌びやかで華やかに視える文工団の裏で繰り広げられる青春特有の光と陰。彼ら彼女らの奏でる唄や踊り合唱は歴史の悲哀の象徴か?華やかで在る程、煌びやかで在る程、辿る運命に慟哭する…洋題に涙…
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『芳華-Youth-』ラスト30分の美しさは記憶に残り続けると思う。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『芳華-Youth-』『山の郵便配達』や『初恋のきた道』のような穏やかな映画を期待してたんだけど、少し賑やかだったかな。戦争シーンの怖さがすごい。女優さんがみんなかわいいけど誰が誰か覚えられなかった。
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #芳華 鑑賞 “渋谷のスクランブル交差点のような映画”と言う印象。悪い意味で群像劇と言えばいいのか 話が5つも6つも同時進行する上に一段落する前に次々と話がカットインしてくるので 登場人物に感情移入する前に話が進んでいく…
    いいね

    残念
  • araoji
    『芳華-Youth-』を観る。 文化大革命時代の慰問劇団?に集った青年たちの物語。 それぞれの若さや想いの初々しさと、その背景にある共産主義の圧など、この時代を扱った中国映画好きにはツボでした。 女優さんもそれぞれいい。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『芳華-Youth-』軍に捧げた青春時代、それがよいか悪いかは別の話。冒頭の舞踊シーンから美しくて涙が出てしまった。中国の激動の時代に若者だった人たちの物語。とてもよかったが欲を言えばシャオピンのダンスシーンをもう少し見たかった。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『芳華-Youth-』近代中国史を一大絵巻的に描いた群像劇。映像的には見応えがあるものの編集に一工夫欲しいか。当局の検閲をパスしているのだから体制批判には踏み込みはやや甘くなるのは致し方ないか。キャストの新鮮味は光る。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    38本目『芳華-Youth-』(@gardens_cinema)。中国・文工団の青春の眩さを描く普遍的な物語でありつつ、その運命を翻弄する負の歴史には圧倒され言葉もない。最後の劉峰と小萍の姿に少し救われたような深い余韻を残す。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『芳華-Youth-』1970年代、中国で文革から冷戦の時代の中で国のために人生を捧げた若者達。彼らは人生の最も美しい時を犠牲にしているが、恋したり、傷ついたりしながら成長する姿は私たちと大差ない。だからこそ彼らに共感し号泣するのだ
    いいね

    良い
  • kmrks
    『芳華-Youth-』鑑賞。076 身構えていたよりエグさ控えめ。中国現代史をなぞりそこを生きる若者の日々を描く。初めて見た人誰もが懐かしさを覚えて涙が出る。共同幻想的青春映像。 #eiga
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【芳華 Youth】続き) …が、そこには深入りしない。中国映画らしい感情の盛り様だが、ほぼ語り手穂子の目線と距離感で物語に浸れた。文工団のパフォーマンスが美しくこの時代の空気を見事に吹き込む。中国そのものの感応力や適応力みたいなものが感じられる丁丁の人物像もまた興味深い。#映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【芳華 Youth】文革、中越戦争…と中国激動期に生きた若者達の波瀾万丈の半生、交錯する恋慕。国が若者達をどれだけ鼓舞し絶望へ追いやったとしても、彼らの心に残る記憶は甘くほろ苦い青春の味だけか。劉峰の辿った道程と悲哀には、微かにこの国自らの歴史への省察が感じられる…(続く #映画
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『芳華-Youth-』#movie こんな中国🇨🇳の激しい厳しい映画観ると、日本の甘さと平和ボケを痛感させられる。こんな国と伍して闘って勝つのは大変だなと思った。😄
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『芳華-Youth-』‪鑑賞。中国の激動の歴史に翻弄される若者達。輝きと影が入り混じる青春時代が美しい踊りや音楽で彩られる。傷つきながらも美点を失わないリウ・フォンとシャオピンに心惹かれた。#eiga
    いいね

    良い
  • pipox2
    『芳華-Youth-』1976年中国戦時下、歌や踊りで兵士を慰労鼓舞する文工団、田舎娘と模範兵が時代に翻弄されながら必死に生きる姿に何ともいえない甘く切ない華の香りがした☆いい人には幸せになって欲しいと切に願う☆
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『芳華-Youth-』まぶしいまでに若さ溢れる文工団の世界、若者たちの淡い恋から、一転、生半可な戦争映画を凌駕するあまりにも凄惨な戦場の地獄絵図。そして、その後の数奇な人生。激動の時代に翻弄された若者たちの姿に何度も涙が溢れてくる。
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『芳華-Youth-』どこか懐かしい大河メロドラマの手つきと匂い。青春のあれやこれやと激動する時代、甘やかな抒情性の中に、突っ込まれるガチで容赦ない戦場描写。小萍が舞台で踊る場面もっと期待したが、演出的な意図で敢えて抑えたのでしょう
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    5557movies / tweets

    follow us