TOP >作品データベース >芳華-Youth-

芳華-Youth-

みんなの感想/評価
「芳華-Youth-」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
82%
  • 良い
    15
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
188
ポジティブ指数100
公開日
2019/4/12
配給
アット エンタテインメント
上映時間
135分
解説/あらすじ
1976年、軍で歌や踊りを披露し兵士たちを慰労し鼓舞する歌劇団・文工団に、夢と希望を持った17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)が入団。農村出身で周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だった。 しかし、時代が大きく変化する中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎える…。
© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • pipox2
    『芳華-Youth-』1976年中国戦時下、歌や踊りで兵士を慰労鼓舞する文工団、田舎娘と模範兵が時代に翻弄されながら必死に生きる姿に何ともいえない甘く切ない華の香りがした☆いい人には幸せになって欲しいと切に願う☆
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『芳華-Youth-』まぶしいまでに若さ溢れる文工団の世界、若者たちの淡い恋から、一転、生半可な戦争映画を凌駕するあまりにも凄惨な戦場の地獄絵図。そして、その後の数奇な人生。激動の時代に翻弄された若者たちの姿に何度も涙が溢れてくる。
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『芳華-Youth-』どこか懐かしい大河メロドラマの手つきと匂い。青春のあれやこれやと激動する時代、甘やかな抒情性の中に、突っ込まれるガチで容赦ない戦場描写。小萍が舞台で踊る場面もっと期待したが、演出的な意図で敢えて抑えたのでしょう
    いいね

    良い
  • h81nomoto
    『芳華-Youth-』今年の公開映画ベスト5Nに入る作品だと思います。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『芳華-Youth-』 中越戦争当時、前線を慰問する人民解放軍直属の軍歌劇団を舞台とした愛と青春の群像劇。叙情的な恋愛ドラマの中に、さらっとプライベート・ライアンもかくやというハードな戦闘シーンがぶっ込まれてくるので侮れない。
    いいね

    良い
  • KOBANOID
    『芳華-Youth-』 ワキガ映画でもあるので「おっ、珍しいトピック扱ってるな」ってなる。そんなシャオピンが死臭で吐くとかなかなか悲しい演出するぜと思う。 あと「夏菜と石原さとみが出てるな〜」と思いながら観てた。
    いいね

    良い
  • KOBANOID
    映画『芳華-Youth-』観たよ。 珍しく中国映画。戦時中の軍の歌劇団の若者たちの青春。女子がたくさん出てきて邦画の『櫻の園』なんとなく想起。美しい肢体に、眩しいな〜若いな〜青春だな〜と思いつつ地獄の戦争描写にピャーっ!って。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『芳華-Youth-』戦争がそこにありながらも美しいシーンが多々あり。文芸工作団の公演もだけれど、魔法瓶、カップ、カセットなどの小道具も好き。「あの頃」を思い返すに付き纏う香りが、タイトルにも劇中にも出てくることご印象的。良かった。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『芳華-Youth-』自分が生きてる時代の他国の歴史。国や政体が違う中でも、精一杯に生を謳歌する青春時代の思いと切なさが心に染み入る。思いがけず激しい戦争描写や意外なイジメ描写、扇情的とさえ言える文工団の女性陣の伸びやかな肢体の鮮烈描写と魅惑的な踊りにも惹きつけられた。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『芳華-Youth-』@HTC有楽町|文芸工作団という軍所属の慰問団を舞台にした青春模様。民主化の波には触れず、好きとか嫌いとかやってて、意外と中国、ゆる〜い。逆に、戦争のシーンは凄惨さを強調するリアルに血だらけ。中国美人だらけ。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『芳華-Youth-』激動の70年代中国で軍歌劇団に属する若者の恋愛叙事詩。青春の輝きと残酷さは傷ましくも愛おしい思い出になるのに、それすら時代の唸りが呑み込む無情さ。革命と情熱の赤は、時を経て鮮血の赤へ。誰もが必死に生きた事実に涙
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『芳華-Youth-』文革、毛沢東死去、中越戦争と激動の中国の1970年代を舞台に、兵士を慰労し鼓舞する歌劇団・文工団の若者たちの青春を描いた本作は、その青春の輝きが強ければ強い程時代の影がより一層濃くなって、その陰影に切なくなる。
    いいね

    良い
  • 624ken
    神楽座で『芳華-Youth-』を鑑賞。中国の軍の歌劇団の話。団員が美男美女ぞろいで、瑞々しい青春って感じした。ダンスシーンを含め映像が美しい。戦争シーンは、生々しく残酷で、泣けてきた。時代に翻弄された若者たちの素晴らしい映画だった。
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『芳華-Youth-』絶大なる権力者が起こした国を変える為の運動に翻弄された時間はいかに泥臭さいものか。
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『芳華-Youth-』脚本の良し悪しは別として、真っ直ぐでキラキラした青春時代が胸が痛くなるほど眩しい。美男美女、戦闘シーン、きちんとしたクラシックバレエを基礎として民族舞踊を融合したダンスシーンなど映像的な見所がたくさん。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『芳華-Youth-』昨年、中国映画祭で鑑賞!文化大革命に翻弄された若者達。若い頃と中年になった彼等を描いた。ヒロインが憧れた人の役、ホアンシュエンがかっこよく美しい!彼女が農村出身で過酷な差別、共産主義の上下がリアルだった。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『芳華-Youth-』中国映画祭で鑑賞。#電影2018 #2018.2
    いいね

    良い
  • mytako21
    『芳華 Youth』★★★☆☆ 英語字幕にて鑑賞。
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • takora1973
    『芳華-Youth-』観た。戦場慰問の文芸工作団の様子も興味深い青春の光と影。(時代背景の影も)ノスタルジーと普遍的な想いを美しく描きながらも一方でPG12もハッタリではない凄絶な戦闘シーンとの落差。それまで登場人物を追って動いて… https://t.co/2C5RJFeHie
    いいね

    良い
  • asapu918
    『芳華 Youth』試写。激動の1970年代中国を舞台にした青春ドラマ。中国らしい舞踏や民族音楽に彩られた美しい前半から一転、運命を左右する戦争描写が悲惨。迫力のカメラワークと凄惨な描写も見所の一つ。登場人物の外見が似ていて区別が… https://t.co/1cZvKQprbI
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...