TOP >作品データベース >ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

みんなの感想/評価
「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    77
  • 普通
    6
  • 残念
    2
総ツイート数
2,023
ポジティブ指数91
公開日
2018/11/16
原題
Sicario: Day of the Soldado
配給
KADOKAWA
上映時間
122分
解説/あらすじ
アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実をリアルに描き、アカデミー賞3部門にノミネートされた「ボーダーライン」の続編。アメリカで市民15人が命を失う自爆テロ事件が発生した。犯人...
(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 4410_Kupa
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』 「今度は戦争だ」という某パート2映画のコピーを思い出した。麻薬よりワリがいいとテロリストの密入国ビジネスを謀る麻薬カルテルと国境警備隊との仁義なき闘争を描く、アメリカ版「県警対組織暴力」。
    いいね

    良い
  • v_anilla_n
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』前作同様冒頭から衝撃的。情け容赦無い。やっぱり前作同様、心が冷えるようなラスト。そしてデル・トロ不死身過ぎるでしょ。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』★★★☆☆続編というより別バージョンの話で、どう足掻こうと終わりなど見えない感が気持ち悪くていい。デルトロの銃の扱いは痺れる
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』‪鑑賞。ルールなき戦いの中、非情なはずのアレハンドロにも情が絡み、物語を大きく変えて行く流れが吸引力大。鍵を握る少年の変化と今後が知りたい。デル・トロとブローリンは圧倒的。#eiga
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』実質前作の主役だったマットとアレハンドロが今作ではメインだから更なる麻薬戦争の激化かと思ったら麻薬より不法移民、そしてまさかのロードムービー、それでも全編緊張感は緩まない。社会派色が薄いのが難。
    いいね

    良い
  • croaton0
    非情無情を通り越して無機質な現実感とブローリンやデル・トロら出演者の圧が巨大な岩石を目の前にしているような心持ちにさせる。“現実”を見せ付けられた前作を「闇」とするならば娯楽性と感情を廃し観客を傍観者たらしめる今作は差し詰め「黒」だ
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」有楽町でメキシコ国境地獄巡り。先の読めない展開に魅了された。衝撃度は減ったが、非情な世界観は継承されている。題材を麻薬ビジネスから不法移民に移したのは大正解。アレハンドロの過去や素性が垣間見れるのが本作の肝か。ラストのボーイスカウトに痺れた!
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ボーダーライン ソルジャーズ・デイみてた。◎。前作は未見。音響が効果的。冒頭のテロのシーンの破壊力、米墨国境を超える羊たち、ヘタレな上層部。最後のは定番だが。結局、Del ToroとMonerが作っていた映画だと思う。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』@TC市川。前作同様に終始漂う乾いた緊迫感!組織に翻弄されながらも不死身振りを発揮するデル・トロの強靭さと滲み出す父性・・・続編あるならぜひ、エミリーも!!
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』冷酷無血のアレハンドロ再び!物語とんでもない方向に向かっていき、冒頭とは違う世界になってしまう世界観が楽しめる。今回はビジネスマンと同じように組織に従ったのに守ってもらえない切なさに共感できる!
    いいね

    良い
  • snake954
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』みる。
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    映画『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』感想。国境を行き来しつつ異様な緊張感で進む展開。アメリカ側の作戦の適当さが、むしろリアリティを増してるのがなんとも。デルトロの渋さと、マフィアの娘役の子の目力の相乗効果が凄かった。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ボーダーラインソルジャーズ・デイ  ♣指令通りに標的や目撃者を射殺できるのは相手を人間と思ってないからだろうなー、と指令に対し躊躇する場面に思う。ごついデル・トロおじさんと美少女の組み合わせは絵になるな。手話の場面、好きだな。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』(Sicario: Day of the Soldado)鑑賞。137 実際はこれより遥かに複雑でアレハンドロみたいな主人公も不在でエンドレスの闇。アレハンドロ視点が救い。 #eiga
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』アメリカ側の仕掛けも堂々たる犯罪っぷり。そこに個人的に好みな「誘拐・護送」要素ときて、嫌〜なエクスタシー!w アレハンドロに「前作で仇の子供を容赦なく殺した件の内省とかは…?」と少し思ったりも…
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』鑑賞。世界観はそのままに視点を変えたのが成功。のってるT・シェリダンが素晴らしく情緒と非情、繊細さと突発の綱渡り。その緊張感の中死神デルトロの味わいがさすがだ。前作のルックや演出に及ばずもこのメキシコ国境地獄巡り、さらに違う角度で観てみたい。
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』撮影、音楽の巨匠二人をトレースして続編性が確保されてるのは地味に凄いこと。遮蔽物、視界の遮断で緊張感が徐々に上がる。MAXは砂埃。テイラー節炸裂の物語の転換。巡り廻る。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』戦争は綺麗事だけでは済まない。汚い仕事は決して露見してはならない。自ら仕掛けておきながら失敗するや否や消し去ろうとする。最前線における非情さを見た気がした。乾いた荒野の戦闘には生々しさがあった。
    いいね

    普通
  • MondMasa
    緊張感の具合で言えば前作は超えてこないけど、2人がメインなことで全く違った緊張感が醸し出されている傑作。現実を舞台にしながらもラストはなんだかロマンがあって素敵で渋くておれもデル・トロの面接受けたい。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    緊張感の具合で言えば前作は超えてこないけど、2人がメインなことで全く違った緊張感が醸し出されている傑作。現実を舞台にしながらもラストはなんだかロマンがあって素敵で渋くておれもデル・トロの面接受けたい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...