TOP >作品データベース >ファースト・マン

ファースト・マン

みんなのつぶやき
「ファースト・マン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
76%
  • 良い
    81
  • 普通
    20
  • 残念
    3
総ツイート数
1,640
ポジティブ指数95
公開日
2019/2/8
原題
FIRST MAN
配給
東宝東和
上映時間
141分
解説/あらすじ
1961年、空軍でテストパイロットを務めていたニール・アームストロングは、愛娘カレンの病死をきっかけにNASAの宇宙飛行士に応募。やがて、世界の宇宙計画で圧勝していたソ連も未だ成し遂げていない、月への到達を目指す“アポロ計画”を遂行する飛行士として選ばれる。過酷すぎるトレーニングの中で次第にニールは他の訓練生たちと心を通わせるようになるが、次々と仲間たちが事故で命を落としてしまう。1969年、ついにアポロ11号の船長に選ばれたニール。家族が彼の身を案じる中、宇宙服に身を包み、ついに“未知”へと旅立つ――。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • daisuke_EIGA
    #ファースト・マン』月に立つまでの宇宙開発と乗組員の家族の事が色々と語られるが、全体に静かに進むため現実感だけしかなく辛い‥後半の無音になる所と月に立ち地球側を見るシーンは圧巻なだけにちょっともったいない
    いいね

    普通
  • nogik_desu
    『ファースト・マン』アポロ11号の月面着陸は人類の誰もが知っている話。チャゼル監督はアームストロングの目にしか映らなかったものを忠実に再現。従って臨場感はあるが高揚感はなし。最後の月面着陸シーンは光と影を巧く使って臨場感たっぷり。
    いいね

    普通
  • repee12
    #ファースト・マン 』今までにあまりない目線の宇宙映画。自分も乗っているようで音や振動がゴゴゴっと大きく迫力があった。月へ降り立つときの景色はとても美しく感動的✨途中何ヶ所かデイミアン監督らしい音楽が素敵なシーンもあった♪
    いいね

    普通
  • ponchansss
    『ファースト・マン』長い。ライアン・ゴズリングはカッコいいけどアップばかりだったことも変化のなさで長さを感じさせたのかも。一番の見せ場が最後なので、そこまで気持ちを持続させるのが大変だった。興味深いシーンもあるだけに残念だった。
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『ファースト・マン』@ tohoシネマズ西新井♪物語はアームストロングについて知ってたことと大差なかったから、圧迫感じゃなくて底無し沼のような宇宙を体験したかったな…。無音のシーンが心震える素晴らしさだった!
    いいね

    普通
  • KanataXa87235
    『ファースト・マン』「大いなる一歩」に挑む過程はそれ自体がスリリングで、実話でありながら十分に映画的。ただ、「偉業」を「私情」に幾分矮小化したことで、随分と平坦な描き方になってしまっている。ゴズリングとクレア・フォイ両人の演技は出色
    いいね

    普通
  • Movie_oftheDead
    宇宙に行くことをここまで苦行として描いた映画は『ファースト・マン』が初めてなのでは?厳しい世論を含む、米国宇宙開発のネガティブな部分を積み重ねて描写することで、月面着陸という偉業の本当の価値を浮かび上がらせるチャゼルの演出が光る。
    いいね

    普通
  • KJ_LINE
    『ファースト・マン』一切の無音。月の様に見える地球。白と黒だけの世界。自身も月面に降り立ったの様な厳粛で静謐な感覚を味わう。様々な困難を経て人類の進歩への想いが偉業を成し遂げた。複雑な感情の中で握手を交わす父子のシーンはグッと来た。
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『ファースト・マン』心を閉じ込めちゃったような主人公の殻を、瓦解させる月面世界の光景は、確かに息を飲む。しかしここの感動を差し引いても、「(前2作と違い)1人」の内面に絞って描かれるドラマの息苦しさには、かなりのストレスが…
    いいね

    普通
  • trustpine
    ファースト・マン、観ました。人類史上初めて月面に降り立ったアポロ11号の船長ニール・アームストロングの半生を描いた作品。米ソの宇宙開発競争のドキュメンタリーのごとく、緻密なディテールを視覚効果と臨場感溢れる音で、客観ではなく主観的、内省的に描いた秀作です。クレア・フォイがいい。
    いいね

    普通
  • pipox2
    『ファースト・マン』淡々と説明少なで、苦虫顔のライアンゴズリングを見る。感動的に見せる訳では無いけど、無音がとても効果的に思えた。
    いいね

    普通
  • sitaoka
    『ファースト・マン』月面着陸辺りからは映像に引き込まれ、無音の月面も素晴らしいのだけど、そこまではアームストロングの功績の陰での苦悩を描くわけだけどそれが映画としては楽しめなかった。
    いいね

    普通
  • aiohazad
    sfアクションかと思いきや淡々とした伝記映画。あまり言葉を使わずに感情を伝えていてそこがプラスでありマイナスでもある。見どころあるシーンもあるが個人的にはいまいちだった作品。
    いいね

    普通
  • writelefthand
    映画『ファースト・マン』数えたカットは1974。ロケット発射時の圧力やアポロ船内の様子など無重力状態も含めそれらしく仕上げていた。今の宇宙ステーションのイメージと比べてやはり半世紀前、と。史実の映像を織り交ぜたのはちょっとわざとらしい気もした。 #eigamote
    いいね

    普通
  • writelefthand
    映画『ファースト・マン』鑑賞。アームストロング船長の実像を忠実に……ということらしいが、彼にとって当たり前だろう宇宙のことについて説明がなく家族への思いも語らず。月面へのアタックについても淡々としているのはいくらなんでも観ていてしんどかった。手法はわかるが、好きではない。
    いいね

    普通
  • takajan72
    『ファースト・マン(TCX)』アームストロングの月面歩行までの半生、‘説明できない美しさ’と言うフレーズが印象的でした。ラストの月面シーンは圧巻ですが、日常のカメラワークまでがブレていて、終始三半規管を試されたのは残念で勿体ないです
    いいね

    普通
  • snow200
    『ファースト・マン』クレア・フォイは作品毎にまったく印象が異なる。仕事一辺倒のドイツ系夫との距離を感じる妻を熱演。熟年離婚の下地が見え隠れ。『蜘蛛の巣を払う女』も見事だった。 繰り返しの思い出場面は煩い。お涙頂戴にする必要なし。
    いいね

    普通
  • aniyan_otakoji
    二子玉IMAXで『ファースト・マン』。もちろん見応え充分なアメリカ宇宙開発史もの、だけど『ライト・スタッフ』『ドリーム』ほどの満足感が得られなかったのは個人に寄り過ぎた作りゆえか。アップの連続はまるで監督の強迫観念のようであり、この監督、実は結構短絡的?とか思えてきた。
    いいね

    普通
  • nodatetu
    『ファースト・マン』TOHO日比谷。69年の月面着陸という偉業を成し遂げたニール・アームストロングが抱える喪失感と孤独を描く作品。同僚の事故死よりも娘カレンの死がトラウマか。無音の月世界への着陸描写は蒼白く冷たく印象的。ラストの語らぬ再会シーンも味わい深い。前半100分は退屈。
    いいね

    普通
  • yoko_smarth
    『ファースト・マン』ニールアームストロング船長が月に行くまでのドキュメンタリーに近い映画? 一人称視点の没入度が高くて、ジェミニ8号が延々とグルグル回るところとかこれは中にいたらヤバいやつだ!と納得のリアリティある描写でした(しかも4DXだったから揺れる
    いいね

    普通