TOP >作品データベース >おかえり、ブルゴーニュへ

おかえり、ブルゴーニュへ

みんなの感想/評価
「おかえり、ブルゴーニュへ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    19
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
383
ポジティブ指数100
公開日
2018/11/17
原題
Ce qui nous lie
配給
キノフィルムズ
上映時間
113分
解説/あらすじ
「猫が行方不明」「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ監督が、フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台にした人間模様を描いたドラマ。フランス・ブルゴーニュ地方のワイン生産...
(C)2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • pharmacy_toe
    『おかえり、ブルゴーニュへ』広大なブドウ畑の輝く緑に目と心が癒され、しみじみ沁みる良い映画だった。一年かけて収穫したブドウを長い時間じっくり熟成させて美味しいワインができるように、人生や家族も、じっくり熟成させてこそ良いものになる
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『おかえり、ブルゴーニュへ』ワイン造りは自然との関わりだから待ったなし。それがこの兄弟達には良かったんでしょうね。季節の流れの中でそれぞれが抱える問題にも向き合うのは故郷ならではの力なのかな。蒲萄はやはり素足で踏むんだぁ#eiga
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『おかえり、ブルゴーニュへ』今までブルゴーニュが暖かい地方だと勝手に思い込んでいた。冷涼な地だからこそ、ブドウがよく育つのか。ブルゴーニュの四季、ワイン作り、それぞれ問題を抱え、ぶつかり合いながらも絆を強める兄弟愛に心が温かくなる。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『おかえり、ブルゴーニュへ』@恵比寿ガーデンシネマ♪"おかえり"と言ってもらえる故郷があることってどんなに幸せな事だろう…。親がいなくなった今、兄弟で守っていく故郷とワインはまた新しくも味わい深いものになっていく予感に胸が膨らむ!
    いいね

    良い
  • kmrks
    『おかえり、ブルゴーニュへ』(Ce qui nous lie)鑑賞。140 葡萄畑はカトリックの家族の物語のキーアイテム。 予想より楽しく明るく"観てよかった"作品。 #eiga
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『おかえり、ブルゴーニュへ』まったりとして家族ドラマなんだけど2時間近い話が長く感じない。ワインに興味があったら、もっと楽しめたんだろうなー。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『おかえり、ブルゴーニュへ』ワインが題材にはなっているがワインの作り方や味わい方をクドクド説明しないのが良い。家族の物語として純粋に好き。ブルゴーニュの美しい風景とその見せ方も素晴らしかった!
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『おかえり、ブルゴーニュへ』庶民には無縁やけど巨額な相続税を課せられるのってどうかと思うねえ。一人当たりで計算してにんまりというのが定番だけど3人の兄弟のきずながよかったね。 ガスマスクはあかんなあ #おかえりブルゴーニュへ
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『おかえり、ブルゴーニュへ』フランス人って、ほんとワインが好きよね。ワイン製造過程を描きながら、家族のストーリーを紡ぐって映画、たくさんあるような気がする。毎回ジーンとしちゃうんだけど。そしてワインが飲みたくなる(笑)。 #映画
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「おかえり、ブルゴーニュへ」HTC有楽町。父の死により広大な葡萄畑の相続に直面しながら個々の問題に向き合う三兄妹のドラマ。幼少期の父親との記憶が現実のようにシンクロする場面は美しい。題材は良いはずなのに熟成しておらず心に響かない。ストーリーに豊潤な味わい、苦味が感じられず残念。
    いいね

    普通
  • tb_polkadots
    『おかえり、ブルゴーニュへ』‪鑑賞。代々続くワイン造りの継承と親子や兄弟の確執。衝突してもいざという時には頼りになる兄弟の絆や、知らなかった父親の想いなどが織り込まれて味わい深い。監督らしいユーモアも好き。#eiga
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『おかえり、ブルゴーニュへ』先日解禁されたボジョレーヌーヴォーの醸造地でもあるフランス・ブルゴーニュ地方の美しい四季を背景にして、或るワイン生産者一家に訪れた危機を通し、家族の絆が芳醇なワインのように描かれていて心の琴線に触れます。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『おかえり、ブルゴーニュへ』「スパニッシュ・アパートメント」の監督?仏ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台に美しい景色、ワイン愛と、3兄妹の人間模様が良い♪長男は世界を旅すると故郷を飛び出し父親の死直前戻ってくる。家業を継いだ妹、別ドメーヌの婿養子の弟、それぞれ悩み助け合う、いいね
    いいね

    普通
  • garancear
    『おかえり、ブルゴーニュへ』ワイン作りとワイン畑を丁寧に映しており酒好きとして見て楽しい。一級の畑を持つドメーヌの仕事は、今時足で踏むの?など職人芸的な手作業と労働でワインの値段が高いのもやむなしだ。女性醸造家頑張れ。家族経営は映画ほどそう楽じゃないよね。 #映画
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #おかえり、ブルゴーニュへ  ❤時間は時に残酷だけれど、この作品の中では穏やかで優しい存在。ブドウを味わいのあるワインに醸成し、過去の記憶が今の自分に寄り添ってくれる。『父親との関係』というテーマの描き方も重層的で良かったな^^
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【おかえり、ブルゴーニュへ】家族の間に持ち上がる幾つもの問題。伝統ある葡萄畑とワイン作りをその手に委ねられた三兄弟。奮闘する次世代の若さやプライドが力強く魅力的。畑の美しさに収穫の繊細さや熟成の醍醐味も加わり芳醇な味わい。 #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『おかえり、ブルゴーニュへ』あの頃とは景色が違って見えるのは、時間という魔法がワインと人生に芳醇さを齎したから。3兄妹それぞれの葛藤や家族の絆をワイナリーの1年を通して描くドラマ。笑いと涙に溢れるワイン造りへの愛が自然と共に循環する
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『おかえり、ブルゴーニュへ』棚じゃなく地面で育てるんだとか、やはり素足か水虫とか大丈夫かとか酒造所物的興味を楽しみながらの家族愛物を堪能。感覚の鋭さをさり気なく描写も主軸にせず。でも兄弟がそれを信頼しサポートしていると分からせるのは上手いなと。収穫祭の夜シーンは笑うし多幸感。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『おかえり、ブルゴーニュへ』ワイナリーを舞台に、広大な葡萄畑での初めての収穫&美しい景色を堪能しながらも、相続問題や兄弟それぞれの事情。。。日本人でも身につまされる人多そうなネタに若干のユーモアもトッピングした心に沁みる作品でした☆
    いいね

    良い
  • 624ken
    キノフィルムズ試写室で『おかえり、ブルゴーニュへ』試写会鑑賞。ワイン生産者の長男が10年ぶりに故郷に。ブドウ畑が広大ですね。兄弟三人、問題はいろいろあるけれど、絆が深くていいですね。ワイン造りの妙を堪能できたかな。よかったですよ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...