TOP >作品データベース >バスキア、10代最後のとき

バスキア、10代最後のとき

みんなの感想/評価
「バスキア、10代最後のとき」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    9
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
48
ポジティブ指数100
公開日
2018/12/22
原題
BOOM FOR REAL:The Late Teenage Years of Jean-Michel Basquiat
配給
セテラ・インターナショナル
上映時間
79分
解説/あらすじ
1978年、NYのイースト・ビレッジで路上生活をしながら、友人の家のソファで寝ていた18歳の青年がいた。のちに、新時代を代表するアーティストとなり、27歳という若さでこの世を去った画家、ジャン=ミシェル・バスキアだ。破綻し暴力に溢れた70年~80年代のNYには、彼の心を動かし、触発したムーブメントがあった。政治、人種問題、ヒップホップ、パンクロック、ファッション、文学、アート・シーン…それらのすべてが彼をアーティストとして育てていく。名声を得る前のバスキアの生活、NYとその時代、そしてどのように天才アーティストは生まれたのか、バスキア没後30年のいま、その真実に迫る。
©2017 Hells Kitten Productions, LLC. All rights reserved. LICENSED by The Match Factory 2018 ALL RIGHTS RESERVED Licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Ishigakorogaru
    『バスキア、10代最後のとき』この映画は元シネマクティフのあゆみさんに観てもらいたい。70'sミュージックとアートがたくさん出てきて楽しい。あとジム・ジャームッシュって初めて顔を見たけどあんな白髪のおじさんやったんやな。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『バスキア、10代最後のとき』アートには金銭や商業を含む社会的な価値と使命や役割とメッセージを持ったあるべき価値があると思うのですが、政治は市民のためにあるはずでメッセージを受け取ってと思いますが、都知事には理解できんでしょうね
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『バスキア、10代最後のとき』強いカリスマ性と才能を持ちつつ迷惑をかけつつも愛される“彼“や当時の構想を語る登場人物の生き生きとした顔が素敵だった。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『バスキア、10代最後のとき』 序盤は彼akaジャンと青春時代を共に過ごしたアーティストたちに彼の人となりを取材。中盤終盤はアート論や闇について。強いカリスマ性と才能を持ちつつ迷惑をかけつつも愛される“彼“や
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『バスキア、10代最後のとき』数えたカットは889。当時の関係者インタビューの間に、グラフィティアートからイラストから数々の作品が瞬いていく。知識に疎い者としてはもう少しゆっくり見せてほしかったが、それだけの情報が詰め込まれていて眼福感かあった。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『バスキア、10代最後のとき』鑑賞。バスキアというアーティストのことを全く調べずに足を運んだら、説明抜きに当時のニューヨークの様子や関係者の証言に入ってしまったので面食らった。門外漢にはわからないところが多いが、映画『ワイルド・スタイル』に繋がっていくところはわかった(苦笑)
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『バスキア、10代最後のとき』ジャック&ベティ/バスキアへの愛が詰まったドキュメンタリー。情報量が多いから吹替がもしあったら(無いだろうけど)、もっと頭に入ったかも。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    家がない。だからこその、枠に囚われない自由なキャンバス。当時の街の空気が彼のアートを形成する。荒廃したニューヨークを象徴するラクガキ≒グラフィティが互いに触発し合い到達した、彼がこの街で生きた痕跡とも。『バスキア、10代最後のとき』
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『バスキア、10代最後のとき』ドキュメンタリー。著名人達のインタビュー中心。彼の作品も登場はするけど。短命で散った天才。これからだったと見ていて惜しい気分になりました。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『バスキア、10代最後のとき』試写。個人的に、バスキアと言えばお洒落な印象。トレードマークの王冠に、少し子供っぽさを残した絵。NYを象徴する彼の作品が生まれた背景=70年代カルチャーが興味深く、交流のあった著名人たちへのインタビュ… https://t.co/lMviTpbgxb
    いいね

    良い
  • nokkii
    【今日の映画】バスキア、10代最後のとき、天才と言われるアーティストと交流のあった人たちのインタビューからなるドキュメンタリー( ˘ω˘ )全く知らないアーティストで作品も知らなくても、その影響力の大きさは彼のことを語る人々から想像できるようになってます( ˘ω˘ )
    いいね
  • recordsnoreday
    【いよいよ一週間後です!】 2/8(金)に京都・誠光社さんで開催するトークイベントですが、『バスキア、10代最後のとき』にも出てくる「マッド・クラブ」や「クラブ57」のような、当時のヒップなアーティストたちが夜な夜な集まったスポッ… https://t.co/6iNdJmC7D9
    いいね
  • thinwhitedukejp
    これは見たい!山口でも見られそう。映画『バスキア、10代最後のとき』予告編 https://t.co/SYXPa05WpZ
    いいね
  • watasemi
    ガーデンシネマでやってる「バスキア、10代最後のとき」が見たかったんだけど、7日までか。どうにかスケジュール調整できるといいんだけど…
    いいね
  • TISjimukyoku
    【TIS会員/廣中薫さんのイベント紹介】 映画『バスキア、10代最後のとき』 バスキアをもっと楽しむための3つのイベント開催! (元町映画館 x 廣中薫 ) 展示:2/2(土)~2/15(金) トークショウ:2/2(土) 18:… https://t.co/alvrMQ22hw
    いいね
  • furachi_life
    サラ・ドライバー監督「バスキア 10代最後のとき」。「ユー・アー・ノット・アイ」「豚が飛ぶとき」以来で私にとり久々のサラ・ドライバーでした。丁寧で上品な雑味とドライさと、美しい映像だった。
    いいね
  • BARGEARMASTER
    映画 「バスキア10代最後のとき」 見た 没後30年を記念して 制作された ドキュメントムービー 破綻し暴力にあふれた 当時のNYでいかに 他のアーティスト達に 支持されていたかが よくわかる インタビュー中心なので よほど彼に興… https://t.co/De6zEMkS2Z
    いいね
  • BOOMFORREAL1
    『バスキア、10代最後のとき』バスキアをもっと楽しむための3つのイベント開催決定!(元町映画館 X 廣中薫 ) https://t.co/G1AuRrLs6R
    いいね
  • i_fileweb
    廣中 薫さんの[Information] 『バスキア、10代最後のとき』バスキアをもっと楽しむための3つのイベント開催決定!(元町映画館 X 廣中薫 )  #illustration https://t.co/fjwIKgFsce https://t.co/fjwIKgFsce
    いいね
  • LoveLArcandTool
    『バスキア、10代最後のとき』に関するこのブログに書いてある今年の9月から六本木で開催される「バスキア展」は楽しみにしてる😊 ZOZO前澤社長が123億円で落札した作品もあるんやな😄 https://t.co/IrvNZqrMFz https://t.co/45YtFBuPRV
    いいね