TOP >作品データベース >マイ・サンシャイン

マイ・サンシャイン

みんなの感想/評価
「マイ・サンシャイン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
52%
  • 良い
    20
  • 普通
    10
  • 残念
    3
総ツイート数
1,215
ポジティブ指数77
公開日
2018/12/15
原題
Kings
配給
ビターズ・エンド、パルコ
上映時間
87分
解説/あらすじ
1992年、LA・サウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てるミリー。貧しいけれども、ミリーの愛情は光に溢れ、誰もが居場所を見つけていた。隣人オビーは騒々しいミリーたち家族に文句をつけながらも、実は彼らを見守っている。しかし、黒人が犠牲になった事件に対する不当な判決が出たことによりLAで暴動が始まり、ささやかに暮らしていたはずの彼らの生活にも変化が訪れる…。
©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • gk21nika
    19122『マイ・サンシャイン』うーむ、その、薄いっていうか、軽くないかなあ?ロス暴動、黒人への虐待や、差別って、もっとヘビーでは?ダニエル・クレイグは、「白人=悪ではないよ」の象徴?うーん、どうもなあ、うーん(⌒-⌒; )
    いいね

    残念
  • JJ8423
    今日は『マイ・サンシャイン』を観てきました。鬱屈した心、虐げられた存在が暴力に至るまでをスピィーディに、かつ窮屈に見せていく編集が絶妙。心情のテンポに沿った、ものすごく感情的なフィルム。最高でした…。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『マイ・サンシャイン』でもスパイク・リーの映画を今再び作らなければならなかったアメリカの現状もあるのだろう。あの頃と何も変わっていない。むしろ対立は根深くなっている。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『マイ・サンシャイン』対立する二人のあいだに挑発的な少女の存在。そこにラブを絡ませて複雑な感情になっているのだがちょっとわかりにくくなったかな。黒人のお母さんと隣人のイタリア人の敵対していたけどラブが芽生える喜劇はシリアスなドラマの中で笑える。それだけの時の経過があるのだろうか?
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『マイ・サンシャイン』実際のロス暴動の映像と黒人家族(身寄りのない子供たちを育てている)の物語がリンクしていく。スパイク・リーの映画のリスペクトもあるような。二人の青年が対照的で一人は非暴力のキング牧師、もう一人は暴力には暴力でというマルコムXを連想させる黒人社会の対極的な態度。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『マイ・サンシャイン』「万引き家族」LA暴動編という映画。スパイク・リー『ドゥ・ザ・ライト・シング』でラストに韓国系商店が黒人の襲撃されるのだが、この映画の最初のシーンが韓国系商店主のおばさんが万引きをした少女を拳銃で撃ってしまう。それでも重刑ではなかった。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『マイ・サンシャイン』差別と対立・無理解は問題解決に何の役にも立たないことを里親家族を中心にユーモアを交えながら真摯に語る。ハルとダニエルの手錠ネタなど笑えるところと現代にも通じる不信と差別をわかりやすく観せてくれる一作、オススメ
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『マイ・サンシャイン』根強い有色人種(特に黒人)差別と、それに対する怒りが作品の全体を通して伝わって来るが、白人が単なる悪者として描かれて居るわけでもない。悲しき混沌、凄く見応えあったし、考えさせられた。見逃さなくて良かった!
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『マイ・サンシャイン』92年のロス暴動の話。暴動がメインであって、子供がたくさんの家族は、子供ですら巻き込まれた暴動って事を描くための設定なのかも。ロス暴動って、アメリカにとって記憶から消せない事件なんだ、きっと。 #映画
    いいね

    良い
  • snow200
    『マイ・サンシャイン』ハル・ベリー&ダニエル・クレイグのラブストーリーと思いきや1992年ロサンゼルス暴動事件を描いたドラマ。事件をテレビで見ていた住民が巻き込まれ犯罪を犯してしまう。主張が判り難く解決を導かない展開がもどかしい。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『マイ・サンシャイン』@ HTC有楽町♪ポスターやタイトルとはイメージ真逆な話だった…(^-^;) 人のための怒りが、やられたらやり返すだけで無秩序な動物園みたくなっていって、あの子どもたちが大人になるのを想像するだけで怖かった。
    いいね

    普通
  • brindledcat
    『マイ・サンシャイン』最近、なんでこのタイトルなのかなぁと思う事がある。ロサンゼルス暴動が起こった原因を裁判の中継を見せつつ、ストーリーに絡めている。家族の姿を描きたかったのかもしれないけれど、ちょっと中途半端。
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『マイ・サンシャイン』 邦題からハル・ベリーとダニエル・クレイグの甘々ラブロマンスだと思ったらさにあらず。よもやロドニー・キング事件を発端とする、1992年のロサンゼルス大暴動を描いた社会派作品だなんて、露ほども思わないよ。
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『マイ・サンシャイン』エルギュヴェン監督は、前作「裸足の季節」がとてもよく、独特の感受性を感じたが、本作は他の監督でも撮れるような映画。時間も短く、少々消化不良気味。更に邦題が安直で意味不明。前作のようなトルコが舞台の映画が観たい。
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【マイ・サンシャイン】ロス暴動に向けて、町中がじわじわと怒りを溜め込んで行く緊張感からは目が離せませんでした。しかし、暴動勃発後の展開が急に生ぬるく、まったく薄っぺらくて残念でした。K・ビグロー監督なら…と考えずにはいられません。
    いいね

    残念
  • ara_shinya
    『マイ・サンシャイン』鑑賞。少々とっ散らかった印象は否めないが思っていたよりも面白かったです。もっと、ロス暴動に絞った作りに出来なかったのかなぁ?だってハル・ベリーとダニエル・クレイグのラブコメみたいな下は必要か?後邦題は意味不明。
    いいね

    普通
  • 51thor
    『マイ・サンシャイン』負の連鎖が止まらない。ミリーの気持ちはわかるがこのロサンゼルス暴動事件と絡ませるのはやや難儀かな。また妙な夢のシーンは何なのか? 主演2人のコメディか?(笑)#movie
    いいね

    普通
  • garancear
    『マイ・サンシャイン』ロサンゼルス暴動と万引き家族と。なかなか脱出できない007じゃないダニエル・クレイグはよかったが、情緒不安定気味のハル・ベリーだし夢のお色気シーンまで出てきてうーむ。何を見せたいかどっちつかず。 #映画
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『マイ・サンシャイン』あのロス暴動がおこったきっかけから、その時の住民の様子を描いた作品なのね。原題のKingsに対して邦題をマイサンシャインとするあたりはなかなか。でも彼女、ケーキ屋さんの稼ぎであの子たちを養うのは無理ではないのか
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『マイ・サンシャイン』劇中で語られる、胸の痛む事件と裁判の結果は、あの街に住む皆に大きな失望と怒りをもたらしたのは確か。けど、彼らの日常はそれらと少しズレてるというか、微笑ましくもある。混乱と混沌とはホントはこんな風にあるのかも。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...