TOP >作品データベース >いろとりどりの親子

いろとりどりの親子

みんなの感想/評価
「いろとりどりの親子」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    16
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
795
ポジティブ指数97
公開日
2018/11/17
原題
Far from the Tree
配給
ロングライド
上映時間
93分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
10年の歳月をかけて、300におよぶ親子を取材した作家アンドリュー・ソロモン。親や周りとは“違う”性質を持った子どもを持つ親子たちのインタビューをまとめた「FAR FROM THE TREE: Parents, Children and the Search for Identity」は、世界24か国で翻訳され、数々の文学賞を受賞。この書籍を基に、エミー賞受賞のレイチェル・ドレッツィン監督が映画化。様々な“違い”を抱えた6組の親子の戸惑いや親から子への愛情、ありのままをアイデンティティとして受け入れていく姿を見つめるドキュメンタリー作品。
Ⓒ2017 FAR FROM THE TREE, LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • uncle51
    どんな名優もたどりつけない、ホンモノの「演技」……素晴らしい! としか言葉にできない。
    いいね

    良い
  • araoji
    『いろとりどりの親子』を観る。 ゲイなどの、ちょっと異質?な子供を持った親子のドキュメンタリー。 それぞれの家族の思いや苦労を観ると、普通って何だろうと思えてきた。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『いろとりどりの親子』普通の枠に収まりきれない親子を取材することにより家族のあり方や人間の権利や尊厳とはなにかということを問いかけてくる良質なドキュメンタリー。障害や困難のある家族・親子も我々と同じ人間なのだなということを描いた一作
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『いろとりどりの親子』親と子の関係は本当にそれぞれ。親と子供、双方の立場から語られているのがいい。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『いろとりどりの親子』自閉症、ダウン症、低身長症、LGBTQ様々な障害や問題を抱えて生きる子供たちとその親の記録。感動作! http://eiga-suki.blog.jp/archives/farfromthetree.html
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『いろとりどりの親子』を鑑賞。LGBT、ダウン症、低身長症や自閉症を持った子供と親のドキュメンタリー映画。人と違っても全然いいじゃって思える世の中になってきたのはいいこと。どの親子たちにも、大感動でした。いい映画だ。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『いろとりどりの親子』素晴らしかった!普通・当たり前・良い子、って一体何なのか。そのまま受け入れて共に生きるだけのことがなぜこんなに難しいのか。壁を作り苦しみを生み出すのは誰のせいなのか。それでも愛せずにはいられないのは何故なのか。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『いろとりどりの親子』作者の「幸せな家族の形はそれぞれ・受容と愛情は別」が印象的。程度の差はあれど、どの家族も苦悩と葛藤の山を登り今があるが、登れなかった家族に先を心配する親の思いも重い。字幕では常に障がい。害ではないのを汲み取る。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『いろとりどりの親子』これ、ほんとにほんとに、とても素晴らしかった、思い出すと涙が込み上げて言葉につまる。みんなの思う「普通」ではない家族の姿を追ったドキュメンタリー。「正しい姿」なんてものはない、幸せの形は無限にある。
    いいね

    良い
  • garancear
    『いろとりどりの親子』障害、性的マイノリティ、犯罪者など「普通」でない子供とその家族。「幸せな家族は似ているが、不幸な家族の形はそれぞれ」byトルストイが、逆だという。幸せな家族こそ多様性がある。感動だけではなく、ダウン症41歳の息子を案じる母親には切なさもあった。 #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『いろとりどりの親子』〝普通〟とは違う子供を持った様々な家族に迫るドキュメンタリー。多様性を認める。の先にある普遍的な希望を夢物語ではなく、真実として記す感動作。何故、彼らのように私達は考えられないのだろう?と思いが巡り涙が溢れた。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『いろとりどりの親子』素晴らしい構成で、6組の親子の歩みを長いスパンで見せてくれます。知らない事だらけ!まるで別次元の感覚だったのが、気が付くとそれぞれの親子に寄り添うような気持になっているのが不思議でした。この邦題、大正解ですね☆
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『いろとりどりの親子』最初から最後まで泣きっぱなしの感動作!マイノリティーの彼らから学ぶことがたくさんあった。人々が幸せに暮らす社会は、誰もが差別も偏見も受けない生活にあって、そんな理想郷を作るためのヒントがここには詰まっていた
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『いろとりどりの親子』世界的なベストセラーノンフィクションを原作にしたこのドキュメンタリーを観た後は、世間を騒がしている「同性愛者は生産性がない」発言とか、障害者雇用での不適切表現や水増し問題にある心根の貧しさを感じ取ってしまう。
    いいね

    良い
  • mooovie
    『いろとりどりの親子』を試写会鑑賞。幸せの形は無限にあるんだと痛感させられた。普通とは違う子供たち。親は自分たちを責めるし、観ているのも辛くなってしまう。普通って何だろう?自分の物差しで測るから?彼らはきちんと辛さも受け入れて、それでも前を向いてるから幸せなんだろうなぁと思う。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『いろとりどりの親子』様々な違いを持った家族。辛い思い出も語られて。マイノリティや人との違いは違いであり特別でも異常でもないんだよ。日本では近年、虐め問題。この映画を見て違いについて気付いて欲しい!共感、感動の輪が拡がって欲しい!
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「いろとりどりの親子」人と違っても別にイイじゃない。それぞれに大切な事は沢山あるんです。』 #ろとりどりの親子 #洋画 https://t.co/ttYLOL1VeN
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #いろとりどりの親子 』登壇はレイチェル・ドレッツィン監督&応援団長の坂本美雨さん☺6組の親子の個性あふれる真実の物語は、数えきれないほどの未知の体験と困難、喜びと勇気に彩られ、生々しくも優しい、とても貴重なドキュメンタリになっ… https://t.co/nleDjYqaAz
    いいね

    良い
  • asapu918
    『いろとりどりの親子』試写。世界中で翻訳されたベストセラーを映画化したドキュメンタリー。自閉症やダウン症など、他とは違う性質を持った子供と親の日常は、困難と喜びの繰り返しだ。「違って当たり前」という考え方が、何故こんなにも難しいのか。低身長の夫婦に子供が生まれるラストに感動する。
    いいね

    良い
  • wa345rp
    いろとりどりの親子 素晴らしかったな〜〜
    いいね
    もっと見る Loading...