TOP >作品データベース >座頭市千両首

座頭市千両首

みんなの感想/評価
座頭市千両首
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    2
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数100
公開日
1964/3/14
原題
Zato Ichi and a Chest of Gold
配給
大映
上映時間
82分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • LionNEXT
    『座頭市千両首』 ▼9/20/19鑑賞 【Prime Videoチャンネル(シネマコレクション by KADOKAWA)】
    いいね

    普通
  • lonegothdog
    『座頭市千両首』DVDで鑑賞。千両箱を巡る陰謀に巻き込まれる座頭市シリーズ第六作。演出の外連が終始冴え渡り、抽象空間内での立ち回りが連続する冒頭からして強烈。勝新の豪快な殺陣を疾走感溢れるカメラワークで捉えた撮影も凄まじい。快作です
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『座頭市千両首』DVDで初鑑賞。シリーズ第六作。撮影が宮川一夫で印象的なショットが多い。新国劇の島田正吾による国定忠治エピなど、まとまりはいまいちもサービス精神を感じる。一番の見所はシリーズ2度目の若山富三郎との兄弟対決。スタントマンなしで壮絶かつ西部劇っぽくて面白い。
    いいね

    良い