TOP >作品データベース >カツベン!

カツベン!

みんなの感想/評価
「カツベン!」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    49
  • 普通
    10
  • 残念
    2
総ツイート数
3,403
ポジティブ指数94
公開日
2019/12/13
配給
東映
解説/あらすじ
一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、「人使いの荒い館主夫婦」、「傲慢で自信過剰な弁士」、「酔っぱらってばかりの弁士」、「気難しい職人気質な映写技師」と曲者揃い。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現る大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手!俊太郎の夢、恋、青春の行方は――。俊太郎の活弁がうなるとき、世紀のエンターテイナーの物語がはじまる。
©2019「カツベン!」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『カツベン!』弁士により趣が変わる活動写真と携わる人々を通して映画への愛を謳う。オリジナリティ溢れる物語や登場人物たち、特に成田凌が豪華な脇役達の中でその魅力を輝く。終盤のドタバタは蛇足に感じたが、活弁シーンは体験したいほど楽しそう
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『カツベン!』映画愛に、成田凌の魅力が伝わる作品。活動弁士の魅力も堪能できるけれど、良い材料をたくさん入れて、煮すぎてしまった感じも否めないのがちと残念に思えてしまった。スパイスは永瀬正敏さん、隠し味は成河さんかな。
    いいね

    普通
  • snake954
    『カツベン!』みる。
    いいね

    残念
  • KJ_LINE
    『カツベン!』同じ作品は二つと無い。弁士が活躍していた頃の映画には今には無い活気とライブ感があったのだろう。作品を生かすも殺すも弁士次第。バラバラの映像を弁士の力で一つの物語へ昇華させる場面は弁士が映画に勝利した様な痛快さがあった。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『カツベン!』‪無声映画が活動弁士次第で印象が大きく変わることや、俳優よりも人気があったことに驚く。当時の映画館の様子も興味深く、人々の娯楽として欠かせないものであったことが分かる。成田凌の活動弁士ぶりもハマっていた。#eiga
    いいね

    良い
  • akato2023
    カツベン! 成田凌が登場すると映画も勢いに乗り始める. 時代設定に合わせた拘りの美術も素晴らしく,周防監督らしい大らかなコメディ.
    いいね

    良い
  • amatoama
    『カツベン!』エンタメコメディで心地よく。活動弁士のワクワクの高揚感はシャルウィダンスにも覚えたもの。観ていて楽しい。
    いいね

    良い
  • uoa3
    【カツベン!】 活動弁士になりたい少年は成長し… 無声映画に弁士が説明とセリフを生演奏付きで喋るのは日本だけとは知らんかった。成田凌の声の使い分けが良かった。黒島結菜は爽やかで、音尾琢真の憎々しさよ!ドタバタコメディに笑かされる
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『カツベン!』監督の映画愛は、ラストの字幕で更に胸熱に。演技だけでなく声色や抑揚を演じ分けた成田凌の才能は勿論だけど、子役のそれも素晴らしかった!この作品を成田凌の活動弁士バージョンで観てみたいなぁと真剣に思った、楽しいひととき。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →ただ若干「ここ長すぎ」と感じるシーンがあって(笑)この映画のそこを面白くしてくれる弁士が欲しい『カツベン!』#eiga #映画
    いいね

    普通
  • kukucoo
    →周防組の役者さんに加えて成田凌の演技力の高さ。声もいい、当時の活動写真のような生き生きとした動きもいい。大正セットの賑やかさ、人の笑顔、「映画愛のある作品です。」ってこういうことだと思う『カツベン!』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『カツベン!』時代は大正時代、映画は活動写真と呼ばれ、弁士が声をあて、解説しながら上映されていた……という話は知っている人が多かれど、こんな風に撮られ、こんな風に舞台であてているんだ!という描写はトリビア的に楽しい!オリジナル作品として目の付け所がまず最高 #eiga #映画
    いいね

    良い
  • itikoro
    モノクロ写真映画に口話の上手さとルックスの良い弁士にファンが出来るのも納得。劇中の映画作品で現代の役者が出ていたのはわかったが全編オリジナルだったとは!ドタバタさには加減があっても良かったと思うが、目くじら立てる程でもなく楽しめた。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『カツベン!』@ 塚口サンサン劇場観!"活動写真"観賞経験はないが全く同じ"写真"でも弁士や語りによって全く違う作品に変わる様が趣深い!昨今よく言う「説明し過ぎ」画を永瀬演じる弁士が皮肉るがそれも映画愛。起こす事件や結末は蛇足感はあるが映画好きにとっては愉し面ろい"写真"だった!
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『カツベン!』長い導入部も時代の映画撮影の面白さを感じられ10年後も俊太郎の活弁への思いや俺ジナル活弁も面白く。才の理由付けは欲しかったが豪華役者陣悪役もあり終盤まで楽しく鑑賞もラストのドタバタはダレたし悪元締めのその後なしも気になった。見たい活弁をしっかり見せたのはナイス!
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    『カツベン!』感想。「活動弁士」の見せ方と、大正の雰囲気にどっぷり浸れる絵作りがお見事の一言。2人が真の意味で再開する活弁シーンが素晴らしかった。今年ベスト級かと思ったけど、ラストのドタバタでちょっと残念。あの活弁シーンで終わって欲しかったなぁ。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『カツベン!』@Tジョイ京都|活動映画の弁士という世界に興味が持てなかった。くすりとも笑えず。終わった〜
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ錦糸町で『カツベン!』を鑑賞。活動弁士のことをあまり知らないから、新鮮だった。語りによって映画の雰囲気、ストーリー自体も変えちゃうことができて、おもしろい。成田さん、高良さんの弁士ぶりはなかなかですね。よかったです。
    いいね

    良い
  • chusingura
    『カツベン!』周防正行監督安定の面白さ。活動写真とリンクする男と女の関係がグッと来ちゃうなあ。一方で永瀬正敏演じる山岡が語る「映画」と「活動弁士」の関係性は、「映画とは何ぞや」という周防監督の問いかけのようにも思えて興味深かった。
    いいね

    良い
  • brimley3
    『カツベン!』周防正行監督の映画愛あふれる作品。愛だろ、愛。音尾琢真さんがハマり役すぎるw
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...