華氏119

みんなの感想/評価
「華氏119」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    39
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
680
ポジティブ指数100
公開日
2018/11/2
原題
Fahrenheit 11/9
配給
ギャガ
上映時間
128分
解説/あらすじ
アメリカの銃社会に風穴を開けた「ボウリング・フォー・コロンバイン」や医療問題を取り上げた「シッコ」など、巨大な権力に対してもアポなし突撃取材を敢行するスタイルで知られるドキュメンタリー監督のマイ...
(C)2018 Midwestern Films LLC 2018
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • shikimorinosuke
    『華氏119』民主主義はこうも儚く脆いものなのか。学生を中心とした草の根運動はとても感動的。多数決が民主主義なんてとんでもない。単なる一つの側面。アクションを起こすダイナミズムは、この国では冷笑されがちなので、果たしてどうなるのか。
    いいね

    良い
  • shikimorinosuke
    『華氏119』オバマに対する期待と失望は落差が大きいだけに罪深いかも。嘘みたいな本当のホラーだな。憲法があるから、制度があるから私達は大丈夫と思わないことが肝要。創始者がどのような想いをこめて憲法を綴ったかに想いを寄せる。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『華氏119』舌鋒鋭く、ムーア監督が斬り込む。特に水のエピソード、オバマ元大統領の行動、知らなかった。これがトランプ誕生に寄与したかも。ボーリングフォーコロンバインでも描いていた銃。アメリカの多数が銃を保持してないのも初めて知った。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「華氏119」マイケル・ムーア監督のドキュメンタリーは疲れます・・・。』 https://twitter.com/yukigame/status/1061687616586756096
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『華氏119』ムーア視点で洗脳されてしまうのも良くないが、良くも悪くもトランプ政権で進んでいる現在、また中間選挙でもやっぱりトランプ継続で進むのか。もしヒラリーだったら現在はどうなっていたか。オバマの飲水はパフォーマンスだったのか
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『華氏119』いろんな意味で暗澹となる。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『華氏119』‪鑑賞。中間選挙に合わせた日本での公開はタイムリー。トランプ批判はもちろんのこと、大統領選での民主党の敗因にも切り込んでいて知らなかった事実に驚いた。フリント市の水道汚染問題は先進国とは思えない対応。#eiga
    いいね

    良い
  • chusingura
    『華氏119』トランプ大統領誕生に至ったアメリカ国内の政治事情や、市民生活の内情が骨身にしみて伝わってきた。そして今アメリカで起きていることは、全く他人事とは思えないと強く感じている。
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『華氏119』。中間選挙に合わせて鑑賞。独裁化は不安の現れか。ヒトラーも選挙で選ばれたんだよなぁ。色々考える。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【華氏119】巧みなトピックスの配置順、凝った映像演出や効果的な音楽の使い方で引きつける好ドキュメンタリー。民主党上層部の欺瞞やミシガン州フリントでの軍事演習など米国の恥部が衝撃的。集権化・独裁国家への道程は日本も同じかと。 #映画
    いいね

    良い
  • mkz811
    『華氏119』トランプが大統領を目指す事を決意した瞬間を含め、どのように政権が誕生して行ったかをじっくり描いており、トランプについて深く知らない人にとってはとても役立つ映画だと思う。ムーア自体とても冷静に批判をしていると思う。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『華氏119』トランプが当選してしまった大統領選のからくり始め、アメリカ民主主義の矛盾に迫る。問題隠蔽や銃乱射事件、支配層だけが神の恩寵を授かる病巣に辟易しながらも、痛みや怒りを発信して、獲得の為に行動できる強さを持つ人々に感動した
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『華氏119』教師のデモと高校生の銃規制のデモを取り上げて、その盛り上がりはまだアメリカに民主主義が途絶えていないというメッセージ。今だから行動すべきだというマイケル・ムーアの極めて政治性の強いドキュメンタリーだけど中間選挙がどうなるか、興味深い映画だった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『華氏119』フリントでも水道汚染でのオバマ前大統領の失望も描いていたけど日本ではまだオバマが人気があるように報道されているようだけど民主党の上層部全体の不信感があり、それに対して主婦層とか若者の政治運動が芽生えてきている。明らかにサンダースの流れでニューレフトというような。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『華氏119』それからアメリカの暗黒時代の始まりという、その前兆は大統領選よりもミシガン州知事選でリック・スナイダーが当選してしまったこと。この知事が酷いんだ。大阪知事顔負けぐらいに。フリント市水道の鉛汚染を住民にはそのままにGMから苦情が来ると今までの安全な水道に変えるという。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『華氏119』オープニングがほんとにSF映画(『1984』)みたい。大統領選でトランプの勝利というよりヒラリー陣営の奢りのような浮かれぶり。バーニー・サンダースとの予備選でも実質負けていたのに上層部の不正でヒラリーを担ぎ上げ、結局トランプ人気というよりもヒラリーの批判票だった。
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『華氏119』大統領選の当日たまたまノースカロライナに滞在中でTVつけたらどこの選挙特番もお通夜モードだったの思い出した。水道民営化利権の話は知らんかったけど酷いね。アラブの春然りSNSの力は改めて凄いと実感。中間選挙どうなるやら。
    いいね

    良い
  • nyanko0303
    『華氏119』ありえないはずのトランプ大統領誕生は必然だった。そうなるまでの様々な欺瞞や闇をマイケル・ムーアが暴く。最もリベラルな国と国民が自負するアメリカですら民主主義への道未だ半ば。今日の中間選挙どうなるんだろ、結果が気になる。
    いいね

    良い
  • koti5300
    『華氏119』観賞。関心を持つこと・考えること・行動に移すこと。今起きている事実、そしてこれから勃発する問題、それらを理解するために必要な過去。これは対岸の火事の話では無い。
    いいね

    良い
  • snow200
    『華氏119』ミシガン州フリントの水道汚染問題は驚いた。日本でも同じようなことが起こっているのだろうか。民主主義は崩壊しているのか、既得権を持てば政治家は終わりなのか、国家の将来を誰に託すのか、鑑賞後もいろんな疑問が渦巻く。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...