TOP >作品データベース >天才作家の妻 -40年目の真実-

天才作家の妻 -40年目の真実-

みんなの感想/評価
「天才作家の妻 -40年目の真実-」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    40
  • 普通
    5
  • 残念
    0
総ツイート数
500
ポジティブ指数96
公開日
2019/1/26
原題
THE WIFE
配給
松竹
上映時間
101分
解説/あらすじ
偉大なる世界的な作家と、彼の創作を慎ましく支えてきた完璧な妻。誰の目にも理想的なおしどり夫婦に見えたふたりの関係は、夫がノーベル文学賞を受賞したことをきっかけに揺らめき、静かに壊れ始める…。
(c)META FILM LONDON LIMITED 2017
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • st_yokohama
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』主演女優がグレン・クローズじゃなかったらかなり違和感があったかもしれません。夫婦の関係がかなり不自然なんですが、演技があまりにも素晴らしいので無理やり納得させられてしまう感じです。オスカー取るかな
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    『天才作家の妻』鑑賞 去年の『ファントムスレッド』同様“歪んだ純愛”という言葉がしっくりくる映画だった 夫婦それぞれにコンプレックスを抱え、栄光の晴れ舞台のはずなのに心身共に疲弊する 何が真実で何が嘘か上手い事ぼやかしてた
    いいね

    良い
  • harukamirai
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』って映画の中で作家がヒロインの名前を覚えていなくて、実はゴーストライターなんじゃないか、って疑うくだりがあるんだけど……いや、その……正直あるよ?
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #天才作家の妻 -40年目の真実-  ♠片翼を合わせ手に入れたメダル。夫の翼は、今となっては大した価値のないものだけど、妻の翼は、以前よりずっと価値が上がっている。その自負と、その嫉妬。"ベッドの上で飛び跳ねる2人" 最終章。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』夫婦の不平等さが凝縮されたドラマ。抑圧された妻を抑えた芝居で魅せるグレン・クローズはさすがの一言。動揺を表すカメラワークも巧み。ただ、この結末だと問題点がすり替えられているような気も…。
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』夫のスピーチの文言は二面的で妻の気持ちが一線を越えてしまったのがよく分かる。嫉妬とプライドで憎しみ合うように見えてお互いがいないと生きていけない共依存のDV夫婦のようでもあり。見応え充分
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』@UPLINK吉祥寺|ある意味、深い絆の夫婦の話。「危険な情事」のグレン・クローズの怖さは今だに鮮明に覚えてるが、今回、オスカー獲れそうな勢い。内に秘めた妻として女としてのプライドが満ち満ちて。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』可笑しいが強烈にシニカルで「秘密協定」の解釈がずれはじめるあたりから話にコクが。ミューズ=奴隷説という定義を、時代が変わったからこそ説得力がある。心を食い荒らされたG・クローズの屈折芝居はさすが。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』妻の才能が、夫の虚栄心にも、嫉みにもなり、妻の罪悪感にも、怒りにもなる。設定がわかっているからこそ、グレン・クローズの表情一つひとつの演技にも目がいってしまう。すごい! #映画
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『天才作家の妻 40年目の真実』世間やナサニエルはスキャンダラスに詐欺とかゴーストライターと騒ぎ立てたいだろうけど回想シーンはジョーンの主観だし、ジョーがアイデアを出してジョーンが文章にするというのはよくあるどころか普通の事では。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『天才作家の妻 40年目の真実』ジェンダーな内容だし、名前を出したいとか賞が欲しいんじゃないというのを表情だけで表すジョーンもいいけど、それなりの才能しかないのに名声を得てしまったジョーの方が観客的には共感してしまう人が多いのでは。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』40年押さえてきた夫に対する失望の念が一気に顔と態度に出るグレンクローズが凄い。静かなのに激しい怒りの表現。ノーベル賞作家ながらガサツでデリカシーの無い老人をプライスが嫌らしく演じたのも良かった。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    才能、周囲の評価、結果、クリエイトって何なのか?という事に関する傑作。老夫婦映画でもある。夫婦どちらの気持ちもわかるし…。もう夫は官能小説家になって別の別の作家として生きていくのが解決策!
    いいね

    良い
  • MondMasa
    才能、周囲の評価、結果、クリエイトって何なのか?という事に関する傑作。老夫婦映画でもある。夫婦どちらの気持ちもわかるし…。もう夫は官能小説家になって別の別の作家として生きていくのが解決策!
    いいね

    良い
  • MondMasa
    話はシンプルなのに、ここまで緊張感が途切れないのはスゴイ!家族3人みんなずーっとストレスを抱えてて、妻の爆発で観客もスッキリするが…。その後の展開に妻はどういう決断を下すのか?がカッケェぞ!才能という呪い、嫉妬という亀裂…
    いいね

    良い
  • MondMasa
    同じ問いを夫が妻に投げかけると「わからない…」ってくだりの切なさ。くるみ奪い合い、メダル押し付け合いのリアルな小競り合いに笑かされつつも、女性進出に脅かされる男が滑稽ながらにどの男性にも当てはまる恐ろしさよ…。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    官能小説家になった方が良かったんじゃないか?と思えるエロくるみジジイ作家はいつもなんか食べてて、どう見ても凡人で話も面白くない。そこに着きそう明らかに聡明な振る舞いを見せる妻。なんでこんなやつと結婚したんだよ!って誰もが思うけど…
    いいね

    良い
  • tezurumozuru
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』本好き&物書きさん必見映画!読書好きあるあるなシーンもあるし。ノーベル賞作家夫婦に、二人の秘密に気付いたもう一人の作家がからむ心理劇は見ごたえ十分。ノーベル賞とったらとったで色々大変だね
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』妻は、夫のためなら、二人で苦境を乗り越えられるならと影の存在になることを決断した。そして女性の地位が低かった時代、作家になる夢を失いかけていた時に表舞台とは違った場に希望を見つけたのだとも思った。
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『天才作家の妻 -40年目の真実-』終わった瞬間に思わず、おおぉ、と言ってしまいました。 グレン・クローズが素晴らしかったです。不満を抑え込む表情も怒り爆発の表情も複雑な表情も優しい表情もチャーミングな表情もすべて。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...