TOP >作品データベース >グリーンブック

グリーンブック

みんなの感想/評価
「グリーンブック」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
99%
  • 良い
    227
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
2,799
ポジティブ指数97
公開日
2019/3/1
原題
GREEN BOOK
配給
GAGA
上映時間
130分
解説/あらすじ
1962年、差別が残る南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニスト、ドン・シャーリーは、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップを用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに、正反対のふたりは旅を始めるのだが――。
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hinamyon
    『グリーンブック』知性的で品のある黒人ピアニストと粗暴で感情的な白人ボディガードのロードムービー。一言で言えばいい映画だった。予定調和ではあるけど、堅実でスマートな作りでそれこそ品性を感じさせる。多くは語らず画で見せるところも好感。
    いいね

    良い
  • KuilimaO
    『グリーンブック』 日本に住んでるとほとんど感じない、皮膚の色の人種差別。知らなかったことがたくさんあった。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #グリーンブック(3) ♦気品溢れるドクターにトラブル処理が得意なトニー。2人とも個性的で正反対。そんな2人の心を繋いだケンタッキー・フライドチキンの場面がおいしい。調律されてないピアノの陽気な音と、自宅に押し寄せる静音が印象的。
    いいね

    良い
  • masurrey60
    『グリーンブック』見た
    いいね

    良い
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『グリーンブック』☆☆☆☆☆
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『グリーンブック』を鑑賞。黒人ピアニストと白人運転手の交流。ほんと全然違う二人だけど、相手を知ってくれば、だんだんとお互い尊重ですね。二人のやりとりににんまりでした。いい映画ですね。
    いいね

    良い
  • akiyoshi752
    『グリーンブック』声高に差別を語らなくても、より深く伝わることがある。そして、印象的な台詞も多かった。「暴力は敗北だ」「寂しそうになりそうなら、自分から先手を打たないと」。心が温まる良い映画だった。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『グリーンブック』昨今のアメリカの社会情勢を反映して作られたであろう作品ではありますが、軽妙な作風で軽重織り交ぜた構成は、説教臭くなく楽しめました。 観ているときっとフライドチキンが食べたくなる一作、オススメでございます。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『グリーンブック』先入観を捨てられずにしてしまう差別も、空気や風習から抜けられずにしてしまう差別も無責任だと思う。人間は狂っている時や変なテンションの時に自覚はないし自分が差別をしていることも気づきにくい。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『グリーンブック』人間はみんな常に冷静な目と を持ち続けないと差別をしてしまう。 資産や品格や責任感が二極化している時代にあるべき姿を見せてくれる映画だと思った。
    いいね

    良い
  • noniwa202
    『グリーンブック』 近年の人種差別問題。白人社会でピアニストとして成功す?黒人の実態。主人公二人のお互いを認め合っていく様子が救い。
    いいね

    良い
  • f_w_r_k
    『グリーンブック』UPLINK渋谷 既に母親が観ていて勧められていました。KFCが食べたくなる映画、鑑賞後に道玄坂で食べてきました。最高です!
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『グリーンブック』 1960年代のアメリカで白人と黒人の間に芽生えた友情の実話を映画化。アカデミー賞作品賞受賞作。ロードムービー http://eiga-suki.blog.jp/archives/greenbook.html
    いいね

    良い
  • sayakash
    『グリーンブック』ヴィゴの語学力が遺憾なく発揮されていた(本当のイタリア人が聞いたらどう感じるかわからないけれど)。そしてついついアラゴルンの面影を探してしまうのだが、役作りのためか下腹がでっぷりした彼からは見出だせなかったw
    いいね

    良い
  • sayakash
    『グリーンブック』飛行機で観賞。まだ人種差別の激しい時代、NYでくすぶっているイタリア系の男が黒人ミュージシャンの南部ツアーの運転手をすることになる。ヴィゴが出るのでバイオレンス寄りかと思いきやハートウォーミングな作品だった。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #グリーンブック(2)  ♦この作品で見られる人種差別は、悪意より慣習や当時の常識に縛られたことから発しているから厄介だなぁ、としみじみ。そんな中、ドロレスは何がきっかけで差別意識を持たずにいられたんだろう? 手紙の秘密、素敵。
    いいね

    良い
  • hanasaramaro
    『グリーンブック』最初にこれをみて次にブラック・クランズマン、そしてヘイト・ユー・ギブ。どれもヘイトの作品なんだけど、描く視点が違うとこんなにも変わるんだと感じます。賞レース的にはストーリーが万人向けのグリーンだけどね。
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『グリーンブック』決して軽くないテーマをシリアスに軽快に扱う脚本に圧倒。助演男優賞のM・アリもさることながらヴィゴの役作りが凄いし2人の演技が素晴らしい。巧妙なケンタッキーのステマに乗せられて翌日チキン食べましたよw
    いいね

    良い
  • halm2f
    『グリーンブック』さすが作品賞の見応えある映画だ。何より主役二人の演技が素晴らしい。デンマーク人のヴィゴがイタリア移民に完璧なりきりの好演。マハーシャラ・アリに至ってはケチの付け所のない名演。これこそ人間愛の名作!
    いいね

    良い
  • movielong
    『グリーンブック』◎◎◎
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...