TOP >作品データベース >希望の灯り

希望の灯り

みんなの感想/評価
「希望の灯り」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    19
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
371
ポジティブ指数100
公開日
2019/4/5
原題
In den Gängen
配給
彩プロ
上映時間
125分
解説/あらすじ
クレメンス・マイヤーの短編小説「通路にて」の映画化。
© 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • A22_24
    『希望の灯り』★★★★★ 静かで美しい映画。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「希望の灯り」KBCシネマ。面白かった。切ない思いをしながら生きる市井の人々。出来事といえば例によって仕事と恋愛と静かな死だけで淡々と進行。本作では家庭の幸せに恵まれない人が多く、職場内の人間関係が温かい一方で、親しいようでも一定の距離があることを感じさせる描写も。
    いいね

    良い
  • ville0096
    「希望の灯り」観賞。静謐な悲愴感と同時に、優しく澄んだ温かさを感じられる作品だった。僅かな希望と慎ましい幸せを糧に、苦悩を噛み潰しながら生きる人々の感情を旧東ドイツの巨大スーパーマーケットが吸い込んで行く様が美しくも哀しい。EDで… https://t.co/3BNlUOXVJP
    いいね

    良い
  • matsuyamagyu
    ドイツ映画祭にて『希望の灯り』を。こういう映画大好きです。 https://t.co/cMwpr3eIn4
    いいね

    良い
  • asapu918
    『希望の灯り』試写。巨大スーパーという一つの社会の中で、互いの距離感に気を遣い、人間関係を築いていく人々。心を通わせながらも、それぞれが秘密を抱える姿は現代人の孤独を象徴する。食品ロスのエピソードも印象的。寂しさの中に一筋の希望を残すラスト、美しい撮影と音楽も◎。
    いいね

    良い
  • joyningen
    映画『希望の灯り』を観た。ルーティーンに見えてルーティーンでない日常、人と人とのゆるい繋がりを静かにとらえる。抑えた、でも個性のある演出が新鮮でした。
    いいね
  • Atsuoka0106
    京都シネマにて『希望の灯り』鑑賞。無口な青年の日常を丁寧に描いたしっとりと素敵な作品だった。目的の映画は別にあって、気まぐれにハシゴしたんだけど、思いがけず良い作品に巡り会えて、今日は優しい気持ちになれて、幸せな気分。
    いいね
  • honig0620
    『希望の灯り』好きなテンポの映画。音楽が合わさってとても良い。主人公を緩やかに受け入れてくれる同僚達に羨ましさを感じる。ドキドキしたり、えっと思う箇所もあるけれど、良い悪いは出さない。皆それぞれ優しくて寂しいんだなぁと思う。
    いいね
  • bandeapart_xxx
    『希望の灯り』と『ドント・ウォーリー』主演の二人。『未来を乗り換えた男』の時に似てると一部で評判になったけど、この時期に渋谷で二人の最新作が見れるというのもやはり何かの縁。どちらもある意味素晴らしい乗り物映画というところでも共通しているのですよね。
    いいね
  • ZDQfdUaLhS7p4ks
    映画「希望の灯り」に出てくるフォークリフト講習の教材ビデオが笑える。
    いいね
  • sinawe7188
    昨日、「希望の灯り」という映画を観ました。静かで落ち着いた感じの映画でした。音楽も良かったです。後からじわじわ来ましたね。
    いいね
  • nisihabato
    つい先日に観た『希望の灯り』がめちゃくちゃ大好きな映画だったんだけど、同じ理由で『三つの朝』が大好き! 多く語らないのにね、凄く沁みてくるという…。主演のお三方の佇まいだけでも観る価値あり。
    いいね
  • Ukkarihachibe
    「荒野にて」も「希望の灯り」も大層な嘘をついて慰めたりはしないけど、しみじみいい映画だった。 ラザロはむしろこっちが嘘ばっかりついてすみません…と恥ずかしくなった…
    いいね
  • misaki810
    『希望の灯り』は絵も作りも素晴らしいし、フォークリフト偏愛映画
    いいね
  • masako_schokola
    映画「希望の灯り」を見てきました。ドイツ語。色んな音楽が使われていて、冒頭、映像は東西統一後の巨大スーパーだが「美しく青きドナウ」が流れてた。地味だけど感動した!
    いいね
  • harry_hotter
    映画「希望の灯り」観てきました。 日常に潜む、非日常。 静かな、噛みしめるような幸せ。 登場人物それぞれが痛みを抱きつつ、前を向いたり向けなかったり。 久々に「しみじみ良いな」って映画に出逢えました。 #希望の灯り #ドイツ映画… https://t.co/Z6edtTeA0l
    いいね
  • tatsumaki5414
    最近観た映画、『ワイルドツアー』『希望の灯り』『芳華-Youth-』『荒野にて』『マローボーン家の掟』『魂のゆくえ』はどれも今年のベスト級に面白かった。3月に引き続き4月も大豊作。『シャザム!』も超楽しかったです。
    いいね
  • yako802
    「ヘビー級の心」は平凡な映画で、「希望の灯り」の店を世界に見立てたり変化に取りこぼされた者に目を向けたりといった要素がいかに面白かったかという事を思ってしまうんだけど、続けて見ると監督が大事にしている幾つかのものが浮かび上がってくる。ライプツィヒから「用無しなんかじゃない」まで。
    いいね
  • masakickstart
    「希望の灯り」は「一人乗り」というフォークリフトの操作に難儀する主人公と、それにも慣れて達観した側にいる人々の孤独の深さを浮き彫りにした切ない映画。フォークリフトに二人乗りしたシーンは涙が出たよ
    いいね
  • daytripper999
    トーマス・ステューバー監督の「希望の灯り」ようやく観れた!!普遍的な日常の中にある人の温かさを感じる映画ですごく良かった。静かに進むストーリーと音楽の使い方も好み。
    いいね