TOP >作品データベース >僕たちは希望という名の列車に乗った

僕たちは希望という名の列車に乗った

みんなの感想/評価
「僕たちは希望という名の列車に乗った」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    28
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
176
ポジティブ指数100
公開日
2019/5/17
原題
DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER
配給
アルバトロス・フィルム/クロックワークス
上映時間
111分
解説/あらすじ
1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトが、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。クラスの中心的な存在であるふたりは、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行した。それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。やがて当局が調査に乗り出し、人民教育相から直々に1週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たちは、人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのか…。
©2018 ZDF/ Logos: akzente, zero one, Studiocanal und Wunderwerk
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』鑑賞。社会主義の闇、若き決意、父と息子などをバランスよく語る良質な作品。史実を元にしてるが無駄がなく巧みな話し運び。教科書臭がするくらいだ。時代も主義も違う話しと観ていたら大人たちの言動や顔付きに、これ最近よく見てるのでは、と感じ怖くなった。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「僕たちは希望という名の列車に乗った」東西に分かれていたドイツは大変だったんですね。』https://twitter.com/yukigame/status/1139226137383411714
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』ささやかな反抗、自己表現がどんどん大事に。高圧的な態度に、おどしに忖度も。社会主義と大人とエリート予備軍達のかけひき、壁が出来る前の東西の様子も興味深い。最後はよくやった!と感心。良作です。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』子供の思い付きの黙祷で大の大人が大慌てするなんて滑稽にも思えなくもないが、国民の手本となるべきエリート教室だからこその締め付けもあったのか。純真な子供世代と親世代の葛藤が上手く交差。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』ハンガリーの同志たちに捧げる黙祷が、まさかこんなに大きな問題になるなんて。社会主義政府の押し付けがましいユートピアに、少年たちはどう立ち向かうか。あまり知る機会のなかった隙間の時代、面白かった!
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『僕たちは希望という名の略』ハンガリー動乱、その最中で事実を知ることの大切さと難しさ。サッカー選手プスカシュをググりました。それだってその都度しっかり考えるしかない。みてよかった。ナチズムを憎んで恐怖政治する。その中で大人は辛い。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    僕たちは希望という名の略・実話を元にこんなに面白い作品が。面白いほど現実は怖いということで。クラスの行った試みにこうまで国家が出てくる。新しい国は若者指導に躍起になった。この高校生達の高邁さに頭下がった。皆良かったけど特にエリック。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』見応えあった。56年はまだベルリンの壁は無く、取締は免れないがすり抜ける若者らしい姿があった。スリルを求める若さや、知りたい!と正義感溢れる昂揚感が、観る側に共感と好感。暗く怖い中も明るさあり
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』@ HTC有楽町♪そんな些細なことで?…とまず驚いた。人を疑わせたり、知りたくなかったことまであぶり出したり、いやらしさ全開で国家が子どもを追いつめてきて更に驚く。エリックが可哀想だったなぁ。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』壁建設前の冷戦下、東ドイツの高校での実話を元に映画化した本作では、ハンガリー蜂起に触発された若者達が行なった細やかな反抗による騒動を通し、事なかれ主義に阿ることなく志を貫いた彼らの姿に心震える。
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』登場人物それぞれの性格、立場、等の立体的な描き方。キャスティングの良さ。正直それほど期待してなかったけどとてもよかった。監督の前作『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』もみなきゃ。
    いいね

    良い
  • iChiCo_7
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』東ドイツの高校のとあるクラスがハンガリーの民衆のために黙祷捧げたことからざわざわ大人達に波紋広げてく、という 硬派でずっしりした話なので感想がとても難しいんだけどとてもとてもよかったです
    いいね

    良い
  • kmrks
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』(DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER)鑑賞。088 展開から目が離せない面白い映画!本当に一瞬も気が抜けない。人にオススメしたい一本。 #eiga
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』女性の高官が中田久美が日本代表を恫喝するような怖さだ。そして一人一人の切り崩しをはかってくるドラマ的にも緊張感がある。過去の父親たちのドラマも重なって(共産党員だった人がナチスのスパイで処刑されるとか)、結末が不条理しかないのだが最後は爽快。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』東ドイツ側の映画でシリアスだけど面白かった。ブレヒト劇という感じなのかな。不条理な権威主義に対する反抗。エリート高校のクラスでハンガリ動乱への共感の黙祷が教師の反感を買ったところから政府の学生たちへの尋問が始まる。恐怖政治の縮図。凄い映画だ。
    いいね

    良い
  • garancear
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』プロットは予告で見たの通りなのだが、学生それぞれの単一ではない出自や立場を丁寧に描いているのが演技含めとても良かった。違いを乗り越えて団結する友情と勇気。ナチか社会主義かイデオロギーは何であれ国民を支配する権力は似るものだ。 #映画
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』 報道の自由が無い部分が、生む閉塞感が今の日本と似ていると思いました。 苛烈な人生の選択を迫られても、信念を貫く高校生たちの真摯な姿勢に胸を打たれました。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』若さゆえの暴走とは言えない高校生たちの思いに胸を打たれる。彼らが自分の正義を貫き通せたのはなぜだ。国の意思に従順な人間となるためのエリート教育を受けたはすなのに。良い映画だった。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』ソ連の監視下にある東ドイツ。幹部候補生として期待されたエリート高校生たち。自由を求めるハンガリーの暴動に心を動かされた純粋さが故郷を捨てる結果を招く。国の置かれた厳しい現実を知る。 #映画
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』KBCシネマ。ソ連の影響下にあった戦後の東ドイツ。ハンガリーの民衆蜂起に心動かされた若者たちの行動が思わぬ事態を引き起こす。信念を貫く若者の姿に感銘を受けながらも、家族を守るために苦渋の決断を強いられ生き抜いてきた親世代の思いも胸に刺さり…。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...