TOP >作品データベース >僕たちは希望という名の列車に乗った

僕たちは希望という名の列車に乗った

みんなのつぶやき
「僕たちは希望という名の列車に乗った」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    28
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
176
ポジティブ指数100
公開日
2019/5/17
原題
DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER
配給
アルバトロス・フィルム/クロックワークス
上映時間
111分
解説/あらすじ
1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトが、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。クラスの中心的な存在であるふたりは、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行した。それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。やがて当局が調査に乗り出し、人民教育相から直々に1週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たちは、人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのか…。
©2018 ZDF/ Logos: akzente, zero one, Studiocanal und Wunderwerk
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • kumamichi
    映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」鑑賞→HMV&BOOKS日比谷COTTAGEでユリイカ購入→ムーミン展で1日が終わりました。ムーミン展混んでたけど楽しかった〜(*´ー`*)
    いいね
  • pop_song_89
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』を観てきた。 邦題に違和感はあるが、映画自体は素晴らしかった。 あとパンフレットは見た目は薄いが、読み応えがあってこちらも良かった。 原作の方も買って読んでみようと思う。
    いいね
  • Syousetsu_K
    「僕たちは希望という名の列車に乗った」、面白かった…… ベルリンの壁建設前、東西冷戦下の東ドイツの学生たちに起きた出来事を描いた物語。
    いいね
  • ville0096
    「僕たちは希望という名の列車に乗った」観賞。旧東ドイツの学生達が、授業中に行った2分間の黙祷をきっかけに「国家の敵」とみなされる実話ベースの青春映画。人物描写が秀逸で、抑圧下における衝動と苦悩を描いた重厚なドラマに涙。特にエリック… https://t.co/NVDTZaZvOk
    いいね

    良い
  • fuyu_yamada
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』社会主義体制下の東ドイツの若者たちの自由への希求や友情、恋愛、家族愛などたくみに盛り込まれていてしかも実話を基にしていてで面白かった、んですが、若者たちの無防備ともいえる実直さより、エリックの悲劇や校長の気の毒さがむしろ気になってしまって
    いいね
  • nackdeen
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』この映画に出てくる若手役者陣、みんなスターになるんじゃないかというぐらいに演技も個性も素晴らしかった。クルドとテオもだけど、第三の主人公といっていいエリックも凄い...。
    いいね
  • asapu918
    『僕たちは希望という名の列車に乗った』試写。東西冷戦下の東ドイツで起きた実話を映画化。若者たちの純粋な行為が権力で否定される国家体制に憤りを覚える。家族の秘密、仲間同士の信頼と友情などサスペンスタッチで緊張感が続く。冷徹な女性局員が凄まじい存在感!信念を貫くことの尊さを描く秀作。
    いいね

    良い