TOP >作品データベース >Girl/ガール

Girl/ガール

みんなの感想/評価
「Girl/ガール」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    29
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
51
ポジティブ指数100
公開日
2019/7/5
原題
Girl
配給
クロックワークス、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
105分
解説/あらすじ
15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、そして血のにじむような努力の結果、難関とされるバレエ学校への入学を認められる。だが、変わっていく体により、うまく動けなくなることへの焦り、また彼女に嫉妬するクラスメイトたちの嫌がらせにより、彼女の心と体は追い詰められていく――。
Ⓒ Menuet 2018 
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • st_yokohama
    『Girl/ガール』バレリーナを目指すトランスジェンダー少女のスポコンかと思いきや、もっと少女のメンタルにスポットを当てたヘヴィなお話しでした。家族の理解があっても病気は身体と精神を蝕んで行く恐ろしさ。主役のビクトール君の演技が光る
    いいね

    普通
  • snow200
    『Girl/ガール』バレリーナを目指すトランスジェンダーのララ。LGBTと」いうだけでなく10代の繊細な脆い心の描写がすばらしい。悩み、決断し、進み、また戻る。 家族や学校、医療の在り方も参考になる。
    いいね

    良い
  • zeiramu2
    『Girl/ガール』ドキュメンタリーと間違うほどに!トランスジェンダーの主人公がマジに綺麗で彼がいなかったらと!ぶっちゃけ、なぜあそこまでこだわるかがよくわからないけど!思いは感じられるよね!それにしても結末が...! #19映観
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『Girl/ガール』無口なララ。心に抱えるその痛みは負うて余りある。理解のある父や無邪気な弟。できうる限りの医療体制。受け入れる学校の統制。ここまできてるのだなあ、と感心するのだけれど、彼女が彼女自身を持て余す痛みに泣けてくる。
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『Girl/ガール』①父親が全面的に受け入れていること、名門のバレエ学校も門戸を開いているという点では同じ悩みを持つ人の中では一歩進んでいるのかもしれない。しかし、バレエは男女パート、役割が明確に分かれ、トウシューズで踊るためには
    いいね

    良い
  • Raggedtiger_Mmy
    『GIRL/ガール』ただでさえ過酷な名門バレエ学校に身を置きつつ性転換治療に挑むララの美しくも痛切な姿に思わず心で何度も声援を送ったが…冒頭のピアスが全ての象徴だったいうことか。あれほど理解深い父や医師団を以てしてもそうなのか。あのラスト、本当になりたい自分には結局なれたのかな…
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『Girl/ガール』大人からすれば焦らずにと思うので、ララのお父さん目線で観てしまった。ララ役のビクトール・ポルスターが素晴らしい。 
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『Girl/ガール』@ シネ・リーブル梅田観…身体と精神と優しさの「痛み」。血が出る「痛み」以外はおそらく誰も「人」のを解らないと思い知らされた!だからこそ知ろうとし…得てしてそれは「ウザ」がられる。双方に漂う苦悩と葛藤。ララ「彼女」の圧倒的美演に唸る…言葉で表すのも違う美しさ…
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『Girl/ガール』を鑑賞。バレリーナを目指すトランジェンダーの話。彼は美しいですね。びっくりで素晴らしい。バレーの練習はきつく、体の葛藤にほんと痛々しい。トランジェンダーの方は肉体的、精神的につらいんだなあ。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『Girl/ガール』名門バレエ学校で連日の特訓に励むトランスジェンダー。遅々として進まぬホルモン治療や才能を妬む仲間の心無い行為に悩み究極かつ禁断の行動に至る。第三の性としての美しさは舞踊る姿を含め映画全体をアート足らしめている。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『Girl/ガール』映画は良かったけど、結末は納得いかない。アレで良いの?あらすじを見て、女性ホルモンで体つきが女性らしくなることで、バレリーナとして出来ることと出来ないことが出てきて悩む話かと思ったら、純粋な性の悩みの話だった。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『Girl/ガール』才能溢れるトランスジェンダーのバレリーナ。学校から許可され国でも有数のバレエ学校に入り特訓も。思春期の悩みもあり、目立つだけに好奇や虐めにもさらされる。演じているビクトールが美しく繊細な雰囲気で素晴らしかった!
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『Girl/ガール』葛藤に困惑が痛いほど身に染みる。自分の人生は自ら切り開かなくては!
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『Girl/ガール』男性器をつけた美しき主演女優は、男性化も女性化もしきれていない過度期の身体がホルモン剤を投与中という役柄に説得力をもたせる。周りに理解を求めるのではなく、自分の内面の葛藤を描いた点が決め手。父親の理解に救われる。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『Girl/ガール』(Girl)鑑賞。121 ヒロインが美しければホラーの恐ろしさはより高まる。確かに身体性への固執も見られる。原題に"girl"と付く映画のホラー率は確か。 #eiga
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『Girl/ガール』主演のビクトールポルスターはシスジェンダーだそうだけれど、本当に女の子みたい😳見た目はもちろん仕草も女性以上に女性らしい。自身もバレエダンサーだから表現することが上手い。演技初めてでこの難役!素晴らしい👏🏻
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『Girl/ガール』バレエシーンでバストアップばかりなのは狙いなのかな?せっかくビクトールポルスターがポワントで立ったのだし、ポワントで踊るために文字通り血を流して努力してるわけだから、もっと全身映して欲しかった😣
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『Girl/ガール』監督が実話から着想を得て映画化。トランスジェンダーの苦しさがよく理解できた。主人公が無口で一人で抱え込むタイプなのがまた辛い。家族や医師の理解とサポートがあっても、バレエダンサーへの夢も含めて焦燥感が伝わる。
    いいね

    良い
  • KOBANOID
    映画『Girl/ガール』観たよ。トランスジェンダーのコがバレリーナ目指すやつ。このコがあまり喋らないもやっとしたキャラで映画も静かでドキュメンタリーちっくなんだけど、ラストの方のあのシーンは指の隙間から見る感じだった…。ひょえ。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『Girl/ガール』トランスジェンダーというだけで悩みは大きいのに、更にバレリーナを目指して、文字通り血の滲む努力をするララの姿に心揺さぶられる。ララ役のビクトール・ポルスターが素晴らしい。最初、本物の女性が演じているのかと思った。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...