半世界

みんなの感想/評価
「半世界」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    18
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
2,235
ポジティブ指数95
公開日
2019/2/15
配給
キノフィルムズ
上映時間
119分
解説/あらすじ
「こんなこと、ひとりでやってきたのか」。山中の炭焼き窯で備長炭を製炭し生計を立てている紘は、中学からの旧友で元自衛官の瑛介から、そう驚かれる。深慮もなく父から継いだ紘にとって、ただやり過ごすだけだったこの仕事。けれど仕事を理由に、家のことは妻・初乃に任せっぱなし。それが仲間の突然の帰還と、もう1人の同級生・光彦の「おまえ、明に関心もってないだろ。それがあいつにもバレてんだよ」という鋭い言葉で、仕事だけでなく、反抗期の息子・明に対しても無関心だったことに気づかされる。やがて、瑛介の抱える過去を知った紘は、仕事や家族と真剣に向き合う決意をするが…。
(C)Ⓒ2018「半世界」FILM PARTNERS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『半世界』数えたカットは571。舞台になっている伊勢志摩など三重県の土地柄が色濃く映し出される。そして主人公の営む備長炭の製炭課程は初めて見るもので、炉から出された炭の輝きに目を奪われた。ポスターにある主人公たち4名の風体も実にらしい。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『半世界』鑑賞。田舎に暮らす主人公たちの生活は、帰ってきた瑛介から見れば「世間」でしかない。それでもその中で一生懸命暮らす人々の生活が描かれている。途中であの話どうなった?と思う部分もあったが、それが生活に追われる主人公の眼からとらえた様子なのかと感じた。
    いいね

    良い
  • Chizu922
    『半世界』こんな稲垣吾郎見たこと無い!が満載!くたびれ感の中に同級生といる時に見せる屈託のない笑顔にキュンとします。長谷川博己の狂気と哀愁、渋川清彦の自然で味わい深い酔っぱらい演技、池脇千鶴の内助の功と逞しい母親ぶり、とにかく見て!
    いいね

    良い
  • madamhiroron
    『半世界』普段エンタメ性の高い作品を観てるので物足りないのではと心配していたが杞憂。心地よく笑い所も多くゆったり気分で観ていたら衝撃の結末も。普通に生きていく事の難しさありがたさを痛感、心に染み渡る作品。
    いいね

    良い
  • araoji
    『半世界』を観る。 故郷に戻った男と残っていた2人、幼馴染みの再会の物語。 派手な物語ではないがじっくり観せる。 その中でも今までの魅せる演技でない、普通のおっさんで父親の稲垣吾郎さんがとてもいい。
    いいね

    良い
  • smalltoybox
    『半世界』人生の折り返し地点に立って居た時を思い出しました。そして、これから、にも。脚本演出演技が素晴らしく融合した良作。めんどくさい親父の吾郎さんとどっしり女房の池脇さんの夫婦が良い。心にずっと熾火のように残りそうです。
    いいね

    良い
  • chikap11
    『半世界』誰もが自分だけの、自分が知る世界を生きてる。その半分は、家族、友人、目にしたもの、耳にしたものや感じたこと、それぞれの世界が重なってできてるのかな。上手くいくこといかないこと、それでも人は生きていく。個性的な俳優陣がいい。
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ新宿で『半世界』を鑑賞。中学生の親友の3人の話。人生半ば、なかなか思うようにはいかないものですね。つらいもの抱えて泣けてきます。炭焼きは、一人でやるのは厳しい仕事だなあ。池脇千鶴さんの妻・母親っぷりが素敵だった。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【半世界】中坊の頃のままの精神構造なのに家族や部下を持つようになる…大人になっていくのに‘待った’はない。中年男供の行き詰まり感が良く伝わってくる。熟した稲垣吾郎が良い味わい…渋めな映画俳優としての確かな可能性感じた。長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦の脇は勿論、安定で見事。 #映画
    いいね

    良い
  • takajan72
    『半世界』39歳は最後に惑う年齢、そんな彼らが八方塞がりの中、開いている方角がある事に気づいていく、そんな物語と感じました。自分には半分も見えない世界の中でそれが全てと思い込み喜び悲しむ、タイトルにそんな意図を感じ心に沁み入りました
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『半世界』TC南大沢。共感出来なかったし、あんな人間関係嫌だなぁと思ってしまった。普通でした。最近の邦画はキャストがいつも同じ様な方々ばかりの印象ですが、本作は新鮮な顔ぶれで良かったです。
    いいね

    普通
  • nkikk0709
    『半世界』 いつまでも大切に心の奥にしまっておきたいような映画でした。出演者の誰もが素晴らしく、無駄な場面が一つもありませんでした。紘と初乃のどこにでもいる夫婦のやりとりや、紘、瑛介、光彦の絆、美しい風景…誰も心に響きました。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『半世界』中学生の息子や妻の気持ちなんて全く分からず関心もない。そのくせ昔の親友にはお節介焼きなヒゲ面のダメ親父、悩める普通人を演じる吾郎さんカッコいい。人間なんてみな不器用不恰好に生きてナンボだなと。安定の池脇、長谷川に渋川清彦がイイ味。ラストはさすが阪本監督と笑ってしまったw
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『半世界』いつの間にか何かと向き合う事を忘れてしまった40歳を迎えるかつての少年たち。どんな世界にいても、気づかないうちに緩やかに壊れていくし、壊れても続いていく。静かに沁みて哀愁漂う良い映画。泥臭い稲垣吾郎もいい味出してた。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『半世界』前日挨拶中継を鑑賞。池脇千鶴、渋川清彦、元自衛官な長谷川博己も、そして不器用な父役の稲垣吾郎も良い♪阪本監督作品で1番好きかも☆疲れて無関心な人生、終わりなんて突然くるし、それでも人は生きて行く!故郷、家族、友達。誰かと何かと向き合う事で前に進むんだなぁ~☆
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『半世界』40歳目前の3人の男たち。映画ではよくこういう関係のテーマで描かれるが、実際なかなかこういう付き合いしてる友人いないなあとも思うけど、それぞれ何かを抱えながらも生きていく中での暖かさ。吾郎をこういうラストにするとは意外
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『【TIFF2018】「半世界」残酷な人生に向き合って生きていく人々の姿を良く描いていました。』 https://ameblo.jp/yukigame/entry-12415991431.html
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『半世界』東京国際映画祭の人気作。やはり稲垣吾郎さん人気凄い!女性限定のような観客層だった。3人の元同級生、立場が変わっても絆は変わらない。池脇千鶴さんの涙と演技が印象的。 #東京国際映画祭 #コンペティション #観客賞 #稲垣吾郎
    いいね

    良い
  • 7IzEaRtO6BxyenZ
    『半世界』男同士っていいなあ。ラストで泣きました 何度も観てシミジミしたいです。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『半世界』 #TIFFJP @ tohoシネマズ六本木♪観客賞受賞作品として鑑賞。池脇千鶴の視点で見てみたいくらい映画の中で1番しっくりきていた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...