TOP >作品データベース >ビューティフル・ボーイ

ビューティフル・ボーイ

みんなのつぶやき
「ビューティフル・ボーイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    45
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
1,820
ポジティブ指数88
公開日
2019/4/12
原題
Beautiful Boy
配給
ファントム・フィルム
上映時間
120分
解説/あらすじ
父デヴィッド&ドラッグ依存症だった息子ニックがそれぞれの視点で書いた2冊のノンフィクションを原作に、8年間の間に13回の依存症再発、7度の入院を経て更生にいたるまでを描く、愛と再生についての実話。
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • Economy1126
    「ビューティフル・ボーイ」を観ました。冒頭の疑問から、いくら過去を振り返っても彼の言う"理解"にはたどり着かないと思い知らされる前半。そして決断に至るまでの丁寧な描写。"近いようで遠い"素晴らしいラストカット。とても良い映画でした〜
    いいね
  • orange_ponpon77
    『ビューティフル・ボーイ』を観た人のお話が聞いてみたい 家族愛とかスティーブ・カレルの演技とかティモシーの美しさ云々ではなく、私はとにかく怖かった やり切れない気持ちで自問自答を繰り返した120分だったな
    いいね
  • hopesdreamer
    『ビューティフル・ボーイ』5/12 ディノスシネマ。 薬物依存症の話。文化の違いを色濃く感じた。努力する姿は素晴らしい。でも裏切るし、そもそも犯罪だし。見捨てない家族の在り方。
    いいね
  • kalmashi
    『ビューティフル・ボーイ』 父子がともに歩んだ想像を絶する愛と狂気の道程。寛大な愛でも救えないドラッグの恐ろしさ、狂気に惹かれる思春期特有の危うさ、人を救おうとすることの思い上がり。どれもが身につまされ胸が痛い。なにより薬物依存を見事に演じきったティモシー・シャラメの美貌は必見!
    いいね
  • tsunagi_33
    『ビューティフル・ボーイ 』2回目観賞。1回目より泣いた。ニックの寂しさがより伝わって泣いた。ティモシー素晴らしいです… #ビューティフルボーイ https://t.co/9k3z3RYpZ6
    いいね
  • elastica35
    『ビューティフル・ボーイ』『ある少年の告白』と苦悩する少年ものが続いたので『リアム16歳、はじめての学校』の能天気さに救われた。ママのテンションがやばかったが
    いいね
  • hadgesh
    「ビューティフルボーイ」大傑作。こういう映画に出会えると、嬉しくなるね。とにかく暗いけど、だからいいんだよ。ちょっと驚くくらい良かった。
    いいね
  • kameno_me
    「ビューティフルボーイ」観てきた~終始観ていて辛かった…… 親子愛は素晴らしいよ~的なのかなと思ってたけどそんな甘くはなかった……どうしたらいいかわからない、それでもってとこがもう…… あと演技がすごい、涙を流す前のリアルな間がすごい……そして実話ベースだったと最後に知って衝撃
    いいね
  • bebeofst
    滑り込みで「ビューティフルボーイ」みてきた。内容はまあ笑、、ってかんじだったけど父親役のカレルさんは最高でした
    いいね
  • nanbaincidents
    『ビューティフル・ボーイ』。こちらも力が入っててよかった。スティーブ・カレルはさまざまな「父親」という存在の姿を表現し続けて、すごくいい。 あと、いよいよダメになった息子が車で逃げて行くのを、無言で追うモーラ・ティアニーの目に次第に涙が滲んでくるあたり、こちらもつい涙が。。。
    いいね
  • kaoru_miyazaki_
    「君の名前で僕を呼んで」 「ビューティフルボーイ」 ティモシーシャラメくんが今私の中できている。 素晴らしい俳優さん。
    いいね
  • coldnightpoet
    10連休の映画鑑賞5本目『ビューティフル・ボーイ』。薬物依存と向き合う親子のヒューマンドラマ…なのだが、息子の度重なる依存症再発と、親子の感情のすれ違いが観ていてしんどい。それと、時間軸弄りすぎで頭が混乱。カレルとシャラメの演技は共に素晴らしい。ERのアビーとコバーン先生も登場!
    いいね
  • kishidenbouya
    『ビューティフル・ボーイ』はティモシー・シャラメが素晴らしかったですり
    いいね
  • re_1927kappa
    新宿にて、 「ビューティフル・ボーイ」観てきた。 いい意味でも悪い意味でも、手探りの映画だと思った。ある種、ひとつの記録としてはとても優れていたし、確立されたリアルがあった。
    いいね
  • ganymedes1983
    『ビューティフル・ボーイ』 薬物依存性はそれ自体もキツイが、周囲の助力が得られない、施設に入れられ家族から距離を置かれるのが超ツライ。 ティモシー・シャラメの痛々しさ、父親役のスティーブ・カレルも素晴らしい。ラストは泣いてしまった。 でもちょっと話が真っ直ぐすぎて前半やや退屈。
    いいね
  • cryforthetsuki
    『 ビューティフル・ボーイ 』 波のように押し寄せるというよりかは積もっていったものが最後に溢れていくように感動する映画 登場人物それぞれの感情が痛いほど伝わった 暗闇と明るみを行き来して観た後には心の奥底に残る余韻を感じました 💧
    いいね
  • kiora_41
    「ビューティフル・ボーイ」 薬物依存から抜け出せない息子を信じ支える父の愛情。お父さんが甘過ぎてあまり良い親に思えない。実話だし美談になりすぎないのは良かった。それにしても芸術的に美しいティモシーくんが病んでいく姿は素晴らしい。
    いいね
  • telepath_yy
    平成最後の映画鑑賞って事で「ビューティフル・ボーイ」観てきました。感想がアーーーーーーーーーーって唸り声なんですけどこういう言葉にならない感情が出てくるからエンタメが好きです。令和もきっとこんな心が揺さぶられる瞬間を求めて。
    いいね
  • C10silly
    「ビューティフル・ボーイ」はとにかくティモシー・シャラメが美しい。こんな、ちょっとクズいくらいの役の方が似合う気がする。一時的にクリーンになって父の家族と和やかに過ごしてるシーンのガラス細工感がヤバかった。いつ壊れるかハラハラさせられるあの危うさは。
    いいね
  • cristofornu
    『ビューティフル・ボーイ』 薬物依存の映画として真っ先に思い浮かぶのが『レクエイム・フォー・ドリーム』で、あっちは薬物に嵌ったら最後、破滅に向かって真っ逆さまって感じで超怖かったけど、今作は薬物依存から脱却しようしてるのにできない面と家族の苦しみが強調されていて本当に辛い。
    いいね
    もっと見る Loading...