TOP >作品データベース >マチネの終わりに

マチネの終わりに

みんなの感想/評価
「マチネの終わりに」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
68%
  • 良い
    23
  • 普通
    6
  • 残念
    5
総ツイート数
313
ポジティブ指数85
公開日
2019/11/1
配給
東宝
解説/あらすじ
物語はクラシック・ギタリストの蒔野聡史と、海外の通信社に勤務する小峰洋子の出会いから始まる。ともに40代という、独特で繊細な年齢をむかえていた2人。初めて出会ったときから、強く惹かれ合っていた。しかし、洋子には婚約者がいた。世界を飛び回る仕事柄、そして時代という大きな波に翻弄され、蒔野と洋子の間にはすれ違いや思わぬ障害が生じ、ついに2人の関係は途絶えてしまう。互いへの想いを心の底にしまったまま、別々の道を歩む2人の運命が再び交わる日はくるのか――。
©2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • d_hinata
    『マチネの終わりに』@ tohoシネマズ西新井♪
    いいね

    良い
  • zeiramu2
    『マチネの終わりに』風景、音楽で見せるスレ違う大人のラブストーリー!主演ふたりがめっちゃマッチしてて良かったよねぇ!ふたり共に抑えた感が!それ故に激しい愛のシーンが!しかし、マネージャーのインパクトが強くって! #19映観
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『マチネの終わりに』こういう役どころの福山雅治も最近では珍しいが、ドロドロとまではいかないにしても大人のすれ違いの恋というか、それでいて後半の展開になるのなら、もっと官能的になってもいいところだが、そこまではだめだったのね。
    いいね

    良い
  • ponchansss
    『マチネの終わりに』二度鑑賞して、マネージャーが一人で物語を回して行ったという思いが更に強くなる。原作の世界観は表現されていたと思う。やっぱりギターの音が鳴るのがいい。そして最後の笑顔にふたりの未来を強く感じたのは、原作以上だった。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『マチネの終わりに』主役二人が魅力的な切なく洒落た大人のラブストーリー。ただ、婚約者がいながら蒔野を選択する洋子の心情の変化が飲み込みにくい。小説だと丹念な心情描写ができるところだけど、映画だとなかなか難しいところだったかな。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『マチネの終わりに』もう少し時間を長くしても、ストーリーを原作通りにして欲しかったという部分もないではないが、主演の2人は正にイメージ通り。原作では想像するしかなかった「幸福の硬貨」のテーマが、これしかないと思われる曲で心に響いた。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『マチネの終わりに』現実が偽りの上に出来上がったと知った時の無念と後悔は計り知れない。未来で過去は変えられても戻る事は出来ない。やり切れない過去をも受け入れ未来の為に前を向く。物語自体が面白く恋愛ドラマの枠を越えて楽しむ事が出来た。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『マチネの終わりに』パリとニューヨークの景色にクラギのBGMと歯の浮く台詞の福山雅治、でも微妙なトリリンガル。30代以上の女性に夢を見させてくれるかもだけど、スマホを忘れただけなのにって感じかな。「未来が過去を変える」は素敵。
    いいね

    普通
  • shamalmaru
    『マチネの終わりに』一つの誤解ですれ違う恋模様。手紙・電話・スマホとツールは変われども、すれ違う感情はアナログで昔から変わらない。冒頭から終盤まで挿入曲はギター単体、ラストでストリングスが加わり一気に感情のスケールが広がる。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『マチネの終わりに』クラシックギターの音色のままに、甘く切ない大人のメロドラマ。静かな情熱と真っ直ぐな毒気が並行し、やがて交錯する不条理。それでも清濁併せ呑むように生きる彼らには、すれ違った「過去」のワンシーンなのだと微笑みあえる。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『マチネの終わりに』原作未読。大人の、と言われると、ちと考えてしまうというか…まぁ、タイプ的には好きなんだけどね。ただどうしても割を食ってるのが一人だけに見えて、なんだかなぁと思うとこもあるわけで。そういったとこも含めてなだろうけどね。しかし、全編通してギターの音色はいいね。
    いいね

    普通
  • eLVUwBqwUkJw9Hd
    突っ込みどころ満載で、高校生やないんやから。開始1時間で結論わかるし。2人とも好きなアーティストと女優さんなのでとても残念…
    いいね

    残念
  • Shimichin
    『マチネの終わりに』絵になる男と絵になる女、そんな二人の切ないラブストーリー。を楽しみに観たんですが、途中二人がすれ違ってしまう原因(切っ掛け)がどうにも腑に落ちないもんだから、最後のアレも盛り上がれない。一番可哀想なのは洋子さん。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #マチネの終わりに  ♥歯の浮くような台詞の応酬に、いかにもなすれ違い。…なんて思ってしまう自分は恋愛体質ではないんだな(-"-) 未来の出来事が過去(の見方)を変えるという考え方は新鮮だった。全編を流れるギターの音色も心地良い。
    いいね

    良い
  • ouWNg6M5XwDnOiz
    まず英語フランス語の発音が全員下手糞で興ざめしてしまう。あと画質が悪いのが凄く気になった。役者も脇役含め鑑賞に耐えうるのは石田ゆり子さんだけでしょうか。これは監督役者代えたらいくらでも良くなると思います。今の邦画界じゃ駄目ですけど。
    いいね

    残念
  • TaulNcCar
    『マチネの終わりに』鑑賞。原作未読。すれ違いの恋に現代的な仕掛けと毒をまぶした見応え十分のメロドラマ。西谷弘演出とカメラが極上の仕事ぶり。カットが面白くて堪らない。福山雅治と石田ゆり子の浮世離れ二人に桜井ユキがいい味で後半は怒濤の泣きタイムに。誰の視点でも切なくて面白い。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「マチネの終わりに」美しい恋愛は時を重ねても色あせることは無く、二人の心にいつまでも去来する。』 https://t.co/vfPpminpDa?amp=1
    いいね

    良い
  • candle123123
    『マチネの終わりに』音楽がとても美しかった。珍しくサントラCDを購入した。CDを購入したのは本当に久しぶり。
    いいね

    良い
  • trustpine
    マチネの終わりに、観ました。世界的クラシックギタリストとパリの通信社に勤務するジャーナリストの二人が強く惹かれ合い、心を通わせていくが、ある障害のため二人は決定的にすれ違ってしまう大人のラブストーリー。未来が過去を変えるという台詞が心に残りました。桜井ユキがいい。
    いいね

    普通
  • 624ken
    TOHOシネマズ新宿で『マチネの終わりに』を鑑賞。クラシックギターの音色は、胸が熱くなる。穏やかな恋ですね。がつがつしてないところがいい。二人の表情が素敵。大人の切ない恋愛映画でした。桜井ユキさんが一番印象に残った。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...