TOP >作品データベース >蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    82
  • 普通
    14
  • 残念
    1
総ツイート数
2,343
ポジティブ指数90
公開日
2019/10/4
配給
東宝
上映時間
118分
解説/あらすじ
かつて国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、「ピアニスト」になることから長らく逃げてきた元天才少女、亜夜。社会人となり妻子を持ちながらも夢を諦めきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした明石。音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサル。そして、今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・塵。全く異なる境遇にある4人の天才ピアニストたちが、国際コンクールでの熾烈な戦いを通して互いに刺激し合い葛藤し、そして成長を遂げ“覚醒”していく――。
(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 1000ya
    『蜜蜂と遠雷』観た。松岡茉優が出てると松岡茉優のプロモーションビデオになってしまうな。森崎ウィンも松坂桃李も上手いから大丈夫やけど。謎の力でキャスティングされたちえみ・ブルゾンさんの下手さが際立って出てるシーンだけ辛かった…。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『蜜蜂と遠雷』劇場の音響も素晴らしかったが、蝉たちが眠りにつく頃に体験するこの感じも最高。「あめゆじゅとてちてけんじゃ」が身体の中に入ってくる。天才といわれる人たちの孤独と苦悩の先の光。きっと世界を鳴らすのは今を生きる私たちみんな。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    『蜜蜂と遠雷』 🎵原作を読む前に予告編を先に見ていたせいもあるけど、原作のイメージ通りのキャストだったなぁ。 → https://mixi.jp/view_bbs.pl?id=94607611&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『蜜蜂と遠雷』原作未読で予告から勝手にミステリーだと思っていたらヒューマンドラマだった。ピアニスト達の葛藤や成長、異なる音の美しさや見栄えする画でいい映画を見ている感覚はあるものの、話はわかりづらかったかな。原作に興味は湧いた。
    いいね

    良い
  • masurrey60
    『蜜蜂と遠雷』、
    いいね

    良い
  • maispacemailife
    『蜜蜂と遠雷』期待値上がり過ぎてた感はあるが、衣装、画面構成、ロケ地、配役等とてもセンスの良い映画。音楽俳優陣も素敵。内容については腑に落ちず宇多丸さん解説を聴き納得。確かに天才音楽ものの映画づくりの難しさは某漫画映画化で立証済。そういう意味でも違和感なく素晴らしいかもしれない。
    いいね

    普通
  • bintang1999
    『蜜蜂と遠雷』最初は原作の持つ宇宙的奥行きが映像化されて平たくなった感じがして期待値下がったけど、音楽と演奏場面に徐々にテンション上がり最後は松岡茉優の演奏場面に泣いてたよ。素晴らしいね。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『蜜蜂と遠雷』四人のピアニストを中心に音楽と人間を描いた一作!劇中の楽曲が素晴らしいのは当然として出演者達の演技も最高でした!単純な勝った負けたではなく、なぜ音楽を演奏するのか?音楽が素晴らしいのかを全編に渡る丁寧な描き方は絶品!
    いいね

    良い
  • hayashi_rin5
    『蜜蜂と遠雷』主人公たちが競い合う姿よりも、若者の成長を感じ取って満面の笑みを浮かべる鹿賀丈史さんの表情の方が印象に残ってしまった笑 できれば音にこだわりを持つ映画館で観たかったなぁ。ピアノの音に四方から包まれてみたい。
    いいね

    良い
  • damb_hy8
    『蜜蜂と遠雷』2時間あっという間で面白かった。松岡茉優さんすごく良かった。亜夜の心情がキーなのに説明は少ないし映像も抽象的だったりで、松岡さんの演技でなかったらどこまで感じ取れたかなと。最後の亜夜の登場シーンからが凄くてしびれました
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『蜜蜂と遠雷』拍手の音って、雨の音と重なるんですね。
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『蜜蜂と遠雷』@バルト9♪
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #蜜蜂と遠雷(2)  ♪原作を読了して2回目。ピアノの連弾の場面が好きだなぁ。親子から始まって、ゆきずり(笑)とか、友人とか。原作は順調に道が開けていく感じだけど、映画は最後まで迷い続けている感じ。あと、遠雷がずっと鳴っている…。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『蜜蜂と遠雷』『蜜蜂と遠雷』腑に落ちない描写や設定があるものの、確かに映画館でないと味わえない雰囲気を持った作品で好感度は高い。松岡茉優の演技に引き込まれる。演奏シーンでシゲルカワイのピアノがフィーチャーされているのがシブい!
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『蜜蜂と遠雷』@TC日比谷。四者四様の描き方と奏でられる旋律が心地良く徐々に仮面が剥がれていく様な松岡さんの表情がキュート!ワンポイントリリーフ的な片桐さんも素敵(笑)
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『蜜蜂と遠雷』数々の詩情的シーンが頭から離れない。生活者の音楽がきっかけとなり天才が世界を歌い出す。トラウマ克服、大人への脱皮が視覚と聴覚を刺激し圧倒的カタルシスに跳躍
    いいね

    良い
  • AlioLucy
    『蜜蜂と遠雷』映画館で観るべきだと思って鑑賞。その価値はあったが、どちらかというと音楽を楽しむ映画で、原作の素晴らしい壮大感を表現するのは難題だったかもしれない。ただ、俳優陣の演技もよく月の光の連弾のシーンの描写はよかったと思う。
    いいね

    良い
  • akato2023
    蜜蜂と遠雷 監督・撮影監督コンビの美しい映像は健在で,一つ一つの場面を際立たせている. 登場人物たちの演奏を主演4人の演技や撮影,音響等を最大限に活用して表している点が良い.
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『蜜蜂と遠雷』クラシック・ピアノのコンテストを題材にするのは珍しくはないが、ドラマに割く時間を削ってでも本物の演奏に比重を置いた演出に思い切りの良さを感じる。キャストが魅力的で新人の天才ぶりも見事。馬の比喩のヒントが欲しかった。
    いいね

    良い
  • trustpine
    蜜蜂と遠雷、観ました。再起を目指す元・天才少女、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、人気実力を兼ね備えた青年、そして今は亡きピアノの神が遺した少年たち4人が熱い戦いを経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ覚醒していく物語。完成度も高く、丁寧に撮られた作品です。必見かも。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    mattsuanko
    2156movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us