TOP >作品データベース >ブラック・クランズマン

ブラック・クランズマン

みんなの感想/評価
「ブラック・クランズマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    94
  • 普通
    8
  • 残念
    0
総ツイート数
12,734
ポジティブ指数91
公開日
2019/3/22
原題
BlacKkKlansman
配給
パルコ
解説/あらすじ
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、2人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか――。
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SARUCO1013
    『ブラック・クランズマン』〝映画〟というものは、プロパガンダでありジャーナリズムであり、娯楽というには一筋縄ではいかないメディアなのだと思った。潜入捜査は楽しかったが、そこで見たのは非白人である事の葛藤、現在に至るまでの差別闘争だ。
    いいね

    良い
  • yuezhuangyuan
    『ブラック・クランズマン』#movie #eiga ブラックパンサーの集会で黒人指導者がアジる。黒人の美しさに目覚めよと。細い鼻と薄い唇は白人の作った審美眼だと。でもそこに映るカッコいい黒人俳優たちは「細い鼻と薄い唇」強烈な皮肉。
    いいね

    良い
  • WildChalice
    『ブラック・クランズマン』やり取りは軽妙でお粗末な顛末も悲惨ながら、当たり前を通り越して躍起になってる人種差別は、でもそれはお互いに、という深すぎて掘れない根っこの部分を繰り返し描いていて。それがそのままラストの映像に繋がる遣る瀬無さがスゴい。良くも悪くも内容が抜ける鑑賞後感。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『ブラック・クランズマン』原作本が出ているので読みたい。この実話をエンタメ作品にするアメリカ映画のパワーすごい。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ブラック・クランズマン』主人公がデンゼル・ワシントンの息子で先ずビックリ!設定はコメディタッチだけど監督はスパイク・リーなので内容はもちろん社会派。てかこれ実話らしい。個人的にはコメディ色がちょっと邪魔。もっと社会派推しがよかった
    いいね

    普通
  • unlimitedjazz
    『ブラック・クランズマン』なんとスパイク・リーの映画は10年ぶりに鑑賞。差別は絶対になくならないし人種の共存なんて到底ムリだという現実をブラックコメディに仕立て上げて観客に叩きつけたような傑作。主役はデンゼルの息子だったのね。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ブラック・クランズマン』KKKのメンバーの発言はもちろん不快だけど、あんなに無邪気に人種差別しているのを見てると怖くなったり可笑しくなったり。黒人解放運動とKKKの活動をカットバックで見せて比較するのも笑える。サントラも格好いい。
    いいね

    良い
  • daisuke_EIGA
    #ブラック・クランズマン』差別バリバリの映画だが、主役の黒人がおもしろく展開も早いのでおもしろく観れた。が、あんな組織が未だに存在してるのと最後の流れに恐怖を感じる映画でもあった。今のアメリカとの比喩なのかな?
    いいね

    良い
  • polalain
    『ブラック・クランズマン』実話ベース。アダムドライバーよいなあ←このレベル(笑)D.ワシントンの息子さん!映画を観て学ぶ。まさに感想はこれにつきるけれど ラストsceneからの下りが戦慄!あの儀式が夢に出てきそう
    いいね

    良い
  • akeake10
    『ブラック・クランズマン』A.ドライバー見たくて鑑賞。冒頭の「風と共に去りぬ」から不穏な空気…後半の「国民の創生」上映のトチ狂ったシーンには寒気が。ラストも惨いし…なのにちょっとのユーモアや爽快感のおかげで観て良かった!と思えました
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    ドアの向こうに身構える銃口が最大のメタファーをもって、今も尚続く差別が生む現実をこちら側に突きつける。アメリカ映画最初の長編作品『國民の創生』。人種差別の祖となった創作物である映画に対して、映画が迎え撃つ。『ブラック・クランズマン』
    いいね

    良い
  • take_novo
    『ブラック・クランズマン』 スパイクリー監督作品初めて観た。ありえないストーリーと思いきや実話ベース。音楽の選曲が凄く良い。ラストに強烈なインパクトを残して終わった。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ブラック・クランズマン』スパイク・リー監督の闘争の記録として熱い大玉を投げてきた。まさかの実話だが、コミカルな展開なので刑事たちの信頼関係に想いを託せる。映画を政治的に作ることの最も明快な実践例。アメリカの今を写す映像には鳥肌が。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ブラック・クランズマン』(BlacKkKlansman)鑑賞。055 冒頭から悪ノリ全開のジョンよりも巻き込まれてアダム・ドライバーが徐々に自分のアイデンティティを明らかにする変化の様子が見どころ。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ブラック・クランズマン』(BlacKkKlansman)鑑賞。055 製作公開の背景はもちろんトランプ政権を始めとする右傾化への警鐘。"どの正義も危険"という冷静なメッセージが程良い。 #eiga
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『ブラック・クランズマン』「じぶんがされていやなことはひとにしない」
    いいね

    良い
  • riedon508
    『ブラック・クランズマン』アメリカの深い闇を見て恐ろしかったけど、ジョークで笑い飛ばせるところが凄い。音楽も良かった。
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    映画『ブラック・クランズマン』感想。捜査に入る下りはさすがに雑すぎませんか、と思ったけどまぁ実話ベースなので。緊張感みなぎる展開から、ラスト両陣営の集会まで一気に持って行く豪腕演出はさすが。最後の描写、あってもいいと思うけど、あの人は出さなくても良かったのでは。
    いいね

    良い
  • akato2023
    ブラック・クランズマン 史実を用いて現代の社会問題を痛烈に描いたコメディ. スパイク・リーの長いキャリアの集大成とも言える渾身の傑作.
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『ブラック・クランズマン』冒頭は『国民の創生』のフッテージ。中盤では、この映画の絶叫応援上映で盛り上がるKKKのヒトビトというおぞましくも笑える場面と、同時に別の場所で黒人たちが同じ映画を批判している場面が交互に映し出される。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...