TOP >作品データベース >アマンダと僕

アマンダと僕

みんなのつぶやき
「アマンダと僕」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    38
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
50
ポジティブ指数100
公開日
2019/6/22
原題
AMANDA
配給
ビターズ・エンド
上映時間
107分
解説/あらすじ
便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していく――。
© 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • funkin4hk
    『アマンダと僕』24歳の若い叔父ダヴィッドと7歳の姪アマンダに降りかかる悲劇は、悲しいけど現実にも起こりうるもの。姉を亡くしたダヴィッドは姪を引き受けるにはあまりに未熟で不安になる。姉と弟の仲の良さは母親への複雑な感情の裏返しとも。テロ後の社会の変化も見せつつ穏やかに進む。
    いいね
  • WildChalice
    『アマンダと僕』叔父さんもアマンダも表情の変化が絶妙に上手で、後半貰い泣きポイントが無限に存在するので涙腺弱い人はヤバいと思う。非常に爽やかなラストも本当に大好き。
    いいね
  • kokesick_jp
    シネスイッチ銀座でミカエル・アース監督『アマンダと僕』鑑賞。去年の東京国際映画祭で『アマンダ(原題)』を観た際は、鑑賞中に尿意を催した挙句、我慢できなくなって、途中で "建物を出る" 羽目になったわけだが、「結末はどうだっだろう…… https://t.co/LR6RbI7c54
    いいね
  • HonaCom
    ミカエル・アースの『アマンダ(原題)』について書きました。RGBの光とCMYKの色がもたらす質感、あるいは「不在の在」に関する短評です。仏では11/21、日本では来年初夏に公開予定。また本作は、先日の東京国際映画祭2018コンペテ… https://t.co/oo4S0x6FaW
    いいね
  • zazikagenn
    明日閉幕だが、僕のTIFFは終了。グランプリ「アマンダ(原題)」は、全く異論なし(脚本賞も納得)。フルーツ・チャン「三人の夫」は賞に絡まなかったが、「ヤッベぇもん観た…」度は最上なので、会う人会う人にヤバさを語ろう。個人的に涙だっ… https://t.co/q2q7qnoZw3
    いいね