TOP >作品データベース >ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

みんなの感想/評価
「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    20
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
31
ポジティブ指数95
公開日
2019/5/10
原題
THE WHITE CROW
配給
キノフィルムズ/木下グループ
解説/あらすじ
ひとりの若者が、黒いベレー帽に黒っぽい細身のスーツ姿で、レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)からパリへ向かう飛行機の中にいる。時は1961年。ルドルフ・ヌレエフはまだ伝説のダンサーでもなければ、尊大な人間にもなっていなかった。世界に名だたるキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)の一員として、海外公演のために彼は生まれて初めて祖国ソ連を出た。若きヌレエフはパリの生活に魅せられ、この魅惑の街で得られる文化、芸術、音楽のすべてを貪欲に吸収しようとしていた。だが、その一挙一動はKGBの職員に監視されていた。やがてフランス人女性クララ・サンと親密になるが、その一連の行動により政府からの疑惑の目はますます強まる。その後、ヌレエフは信じがたい要求をつきつけられ、苦渋の決断を迫られる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示するものだった。1961年6月16日パリ、ル・ブルジェ空港。ほかの団員たちがロンドンへ旅立ち、KGBと共に空港に残されたヌレエフがくだした決断とは…。
©2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Mock_Turtle99
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフのことは知らなかったが、ソ連のバレエダンサーの実話ということで、堅苦しい話かと思いきや、彼のキャラクターも相俟って、物語としてとても面白く。亡命実行のシーンはなかなかスリリング。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ホワイト・クロウ 伝説のダンサー  ♦3つの時間軸(子供の頃・レニングラード在住・パリ公演中)を並行して描いているので色調・登場人物で判別しつつ鑑賞。ヌレエフの人物像をシビアに描いているせいか、ドキュメンタリーっぽい印象も。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』努力家な反面、面倒な俺様性格だし、バレエも才能があるけど紙一重な評価。この人の人生って本作以上に山あり谷ありよね。もうちょっと深く知りたい気もしたわ。でもやっぱりバレエシーンは圧巻! #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』普通最後はヌレエフの亡命してからのバレエ・シーンで圧倒して終わる『愛と悲しみのボレロ』のようかなと思っていたけどあの子供ダンス・シーンはなんか感動する。無垢なるダンスみたいな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ソ連時代の先生は、ヌレエフが亡命したからシベリア送りみたいなことになってそこに哀れさが漂った。ヌレエフは自分の進むべき道を進んだけど犠牲になる人もいた。亡命シーンもいきなり逃亡するのではなく、KGBとの駆け引きが緊張感があるシーンでいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』面白い。だけど、幼少期になんでバレエに目覚めたかはちょっとよくわからなかった。オペラを観て天井に吊るされているシャンデリアの光に憧れたということだったが。貧しい所の出で汽車の中で生まれた子供だったのを強調していたけど、トルストイの影響かな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフと言えば『愛と悲しみのボレロ』でフランスに亡命したソ連のバレエ・ダンサーだけど、バレエ映画でもなくヌレエフがソ連の窮屈さを感じ亡命するまでをパリ公演、ソ連修行時代、幼少期でバレエするまでと三つの物語が絡み合う。面白いといえば、
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』前半は高く羽ばたきたい青年の出世話として、後半は生きるための選択を迫られるスリリングなサスペンスとして観た。その全てを踊るために捧げた彼の過酷な人生を思い、自由に生きられることを有り難く思った
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』@TOHOシャンテ|雇われ監督ではない名優レイフ・ファインズの芸術的思想を投影した渾身の映画となっていて驚いた。ヌレエフの後年の苦悩は、また別の物語として語らないところも、プラス自身の演技も見事。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』。 踊りはもちろん音楽と広々とした街に一人いるシーン、美術館で大きな油絵の前に一人佇むシーン(贅沢)が好き。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『ホワイト・クロウ』鑑賞。 ルドルフの踊る時の姿が美しく空を飛んでた、美しかった。でも、しなやかな筋肉の動きを見たかった(ので服を着てなくても良かったのに)。セルゲイ・ポルーニンは踊りでなく違うところで見せてくれてた(…)。
    いいね

    普通
  • A2hyro
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』鑑賞。 蔑視されたと思い込んだような態度を取られた時にルドルフの感情の吐露するシーンがあったけど子ども時代のシーンを織り込んでいたんだし家族のシーン以外にももっと見たかったな。
    いいね

    普通
  • A2hyro
    『ホワイト・クロウ』鑑賞。 ルドルフのダンスを追求する映画でありつつ教会や美術館巡り、更にサスペンスありと見応え十分。当時のソ連の恐さが分からず想像するしかなかったけれど、その分からない恐さに拍車がかかり最後約20分が恐かった。
    いいね

    良い
  • hanasaramaro
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』選ばれし者しか立てない舞台、そこに到達するまでは才能・努力だけでは叶わない事もある。ロシアに限らずバレエダンサーは生まれ持った容姿も重要。ソ連ではなくロシアだったら?きっと彼はそう思う筈
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 ★ 人から受けた恩を忘れ恩師や友人の女性、初対面の店員など出会う人全てに暴言を吐きまくる主人公。「俺は非凡だ」と全員を見下す彼を周囲の人間は何故か許し更に付け上がるその姿を見てるだけで胸糞。
    いいね

    残念
  • Pooh_kuru_san
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』②引き込まれる美しい127分。ソ連の貧しい田舎者という劣等感があったからこそ辿り着いた高みなのが皮肉だが、そんな考えや絡みつく足枷をも、軽く飛び越えていく彼の飛翔はどこまでも優雅で自由だった。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』①出自を愛しながらも自由を渇望するヌレエフの複雑さを新人O.イヴェンコがバレエシーンのみならず、獰猛な夢想家の心の底も見事に表現。単調に、または大仰になりがちな伝記映画の枠を超えた構成と画づくりに
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ヌレエフ役のオレグ・イヴェンコ、ポルーニンがいるのにわざわざ新人を?と思ったが、よくぞ発掘したねという逸材。下手なバレエドキュメンタリーよりしっかりバレエが見られます。撮影も美しい。ハラショー!
    いいね

    良い
  • zolba
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ドキュメンタリータッチで撮られていることもあってか、わりとずっと緊張して見てました。これ、ダンスは加工なし?びっくり。話も良かったし、アデル・エグザルホプロスのアンニュイな色気がすごく素敵だった。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』俳優レイフ・ファインズが監督&出演して映画化した世界的に活躍したルドルフ・ヌレエフの半生からは、屈折した幼少期を織り交ぜ、踊ることと自由を渇望した青年の姿が浮き彫りにされる。#伝説のダンサー誕生
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...