TOP >作品データベース >ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

みんなの感想/評価
「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    25
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
36
ポジティブ指数96
公開日
2019/5/10
原題
THE WHITE CROW
配給
キノフィルムズ/木下グループ
解説/あらすじ
ひとりの若者が、黒いベレー帽に黒っぽい細身のスーツ姿で、レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)からパリへ向かう飛行機の中にいる。時は1961年。ルドルフ・ヌレエフはまだ伝説のダンサーでもなければ、尊大な人間にもなっていなかった。世界に名だたるキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)の一員として、海外公演のために彼は生まれて初めて祖国ソ連を出た。若きヌレエフはパリの生活に魅せられ、この魅惑の街で得られる文化、芸術、音楽のすべてを貪欲に吸収しようとしていた。だが、その一挙一動はKGBの職員に監視されていた。やがてフランス人女性クララ・サンと親密になるが、その一連の行動により政府からの疑惑の目はますます強まる。その後、ヌレエフは信じがたい要求をつきつけられ、苦渋の決断を迫られる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示するものだった。1961年6月16日パリ、ル・ブルジェ空港。ほかの団員たちがロンドンへ旅立ち、KGBと共に空港に残されたヌレエフがくだした決断とは…。
©2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuya_pi
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 ★ 人から受けた恩を忘れ恩師や友人の女性、初対面の店員など出会う人全てに暴言を吐きまくる主人公。「俺は非凡だ」と全員を見下す彼を周囲の人間は何故か許し更に付け上がるその姿を見てるだけで胸糞。
    いいね

    残念
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • himaruyafurlong
    【告知】Nureyevの馬名の由来にもなった、ルドルフ・ヌレエフの半生を描いた映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』が5/10より公開。 https://t.co/8MHaIRn1NI 全国のブラックホークファン、Miesque… https://t.co/f6Ya2C0bpr
    いいね
  • naturliv
    観たい映画リストに追加! 【映画】ヌレエフの半生を描いた『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』2019年5月10 日(金)公開 https://t.co/yQgw1oUdiv
    いいね
  • p_marikaito220
    今日から「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」が上映されます。この映画はバレエのルドルフ・ヌレエフを題材にしたストーリーだし、セルゲイ・ポルーニンも出演するので、万理華ちゃんと熙子ちゃんがきっと連れ立って観に行くやつ。だからぼくも観… https://t.co/C3iVnhg9QN
    いいね
  • karenardsewo
    映画「ホワイトクロウ 伝説のダンサー」の上映館が増えてないかとGoogle検索にタイトル入れたら「ホワイト苦労」って変換された。 ホワイトカラーも、えらい苦労してる国だもんな。 映画は、徳島の上映見込みなし。おのれー。
    いいね
  • dewa3tei
    映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 見たい。 https://t.co/lMXxgUKt7W
    いいね
  • NakagawaYusuke
    試写で見る。 ヌレエフの伝記映画。 ソ連からの亡命までを描く。 詳しくはまた後日。 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 https://t.co/wXsSYwpd1t
    いいね
  • poyome
    「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」も観たい。バレエダンサー、ヌレエフの映画だけど、スパイもの的なところも気になる。レイフ・ファインズさんが監督してるし、出演も。気になる気になる…。
    いいね