TOP >作品データベース >ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

みんなのつぶやき
「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    25
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
36
ポジティブ指数96
公開日
2019/5/10
原題
THE WHITE CROW
配給
キノフィルムズ/木下グループ
解説/あらすじ
ひとりの若者が、黒いベレー帽に黒っぽい細身のスーツ姿で、レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)からパリへ向かう飛行機の中にいる。時は1961年。ルドルフ・ヌレエフはまだ伝説のダンサーでもなければ、尊大な人間にもなっていなかった。世界に名だたるキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)の一員として、海外公演のために彼は生まれて初めて祖国ソ連を出た。若きヌレエフはパリの生活に魅せられ、この魅惑の街で得られる文化、芸術、音楽のすべてを貪欲に吸収しようとしていた。だが、その一挙一動はKGBの職員に監視されていた。やがてフランス人女性クララ・サンと親密になるが、その一連の行動により政府からの疑惑の目はますます強まる。その後、ヌレエフは信じがたい要求をつきつけられ、苦渋の決断を迫られる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示するものだった。1961年6月16日パリ、ル・ブルジェ空港。ほかの団員たちがロンドンへ旅立ち、KGBと共に空港に残されたヌレエフがくだした決断とは…。
©2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • asapu918
    『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』試写。ルドルフ・ヌレエフの半生を描く伝記ドラマ。若い頃のエピソード、絵画や彫刻を参考にする描写などが興味深く、2時間以上の尺ながら体感時間は1時間半。空港での亡命劇は手に汗握る緊張感!主演のオレグ・イベンコが魅せる数々のバレエシーンは必見。
    いいね

    良い