TOP >作品データベース >金子文子と朴烈

金子文子と朴烈

みんなの感想/評価
「金子文子と朴烈」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    13
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
196
ポジティブ指数95
公開日
2019/2/16
原題
박열
配給
太秦
上映時間
129分
解説/あらすじ
1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きることを決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていくことになるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。
Ⓒ2017, CINEWORLD & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hiroopen
    『金子文子と朴烈』@シネマテーク。1923年の朴烈事件を描く。文子役チェヒソの愛嬌ある表情、そして啖呵を切る流暢な日本語に魅了される。終盤には天皇制批判を彼らに語らせるが支援側日本人も登場させる等配慮あるエンタメ映画としても良い。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『金子文子と朴烈』関東大震災直後の暴徒による虐殺事件を正当化せんとする政府の一部要人。これを帝国主義の象徴と捉えた青年思想家と極貧の日本人女性が法廷で戦いを挑む実話。日本人にも彼らの理解者や常識人が存在した事を公平な視点で描く。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『金子文子と朴烈』朝鮮人アナキスト朴烈と唯一無二の同志 金子文子の壮絶な闘い。震災に乗じた無差別弾圧も、強権を奮う日本政府にも抗い、強固な絆を築いていく2人を結ぶ運命。チェ・ヒソの流暢な日本語と愛嬌ある仕草は美しさと底力に溢れる。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『金子文子と朴烈』文子の心を掴んだ犬ころと言う詩。朴烈の中身そのものを表した文章に惚れ込んだ彼女の目の輝き。同志から家族へその繋がりを阻むものがどんなに脅威を奮っても、より強まる二人の姿に心打たれる。あの写真のシーンは本当に美しい。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『金子文子と朴烈』@ シネマート心斎橋観!関東大震災を背景に出逢った男女の日本を相手に壮絶にして爽快な闘いの記録。クセはあるが流暢な日本語が良い!多分演出だろうが必要以上に文子の過去を描写せず悲惨な過去を逞しく笑い飛ばす様で全体に笑いも交え娯楽大作に仕上げる韓国映画の底力が秀逸!
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『金子文子と朴烈』ほぼ日本語の映画を日本人キャストに頼らず作れるところが歴史を物語っているようで切なくなってしまった。日本の政治家たちは、忘れてしまえばなかったことにできると思っている節がある。日韓合作でできたらもっとよかったのに…
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『金子文子と朴烈』文子を演じたチェ・ヒソの熱量と可憐さ溢れる歴史大作。 https://www.cinemarev.net/entry/kaneko_fumiko.html @kukucoo #eiga #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【金子文子と朴烈(パクヨル)】関東大震災の混乱期、朝鮮人迫害に抗う青年活動家と、彼の恋人であり同志でもあった日本人女性の数奇な運命。武器にしたロジック、胸熱な台詞にドラマとしても存分な見応え感。チェ・ヒソの愛嬌も魅力大…流暢な日本語、日本人ぽい朝鮮語を話すのにも感心。 #映画
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『金子文子と朴烈』今まで見た韓国映画で日本語が一番正確だった。キーとなる金子文子の恵まれない子供時代ももっと描いて欲しかった。朴烈は犯罪者になって英雄になりたかった心情が伝わってきた。日本人でも彼らに援助する姿も描かれていて好感。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →歴史に関しては、描き方はステレオタイプだけれども、有事には陰謀も策略も隠蔽も起こりやすい。そしていつも犠牲になるのは市井の民。という部分ではとてもリアル。それと戦う人たちの熱は伝わった。とにかくパワフル。『金子文子と朴烈』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『金子文子と朴烈』今、この時、日本人としてはとても複雑な気分になることしきりだけれども、まるまる史実だと思って観る人は居ないだろうし、そんな事よりもとにかく「出会っちゃった2人」の描写が情熱的で可愛くて切なくて……ああ、若さって見失わせるよね、と思うのだ #eiga #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『金子文子と朴烈』死刑にされた後に墓は一緒だから結婚しようと言うその朴烈の言葉に、家族を見出すかな。孤独な精神に。ポスターになったあの写真は実際に獄中の中で撮った写真を模したもの。裁判シーンの凛々しさにアイドルかと思わせる描写。日本で金沢文子やるとしたら石原さとみぐらいだろう。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『金子文子と朴烈』けしからん映画である。金子文子を韓国の女優が演じるとは。それが凄い可愛いからなおさら。なんで日本で先に作れないかな。まあ反国家的で天皇制を否定するからな。金子文子はアナーキスト。日本から捨てられたという。そして朴烈に共感していくのだが「犬の詩」、死ぬ時は一緒。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『金子文子と朴烈(パクヨル)』試写。無政府主義者・朴烈と日本人女性・金子文子の実話を映画化。日本の極悪ぶりが悲しい。関東大震災時の朝鮮人虐殺、混乱する日本政府など内容はサスペンスだが、意外にもコメディタッチで重すぎない。文子の壮絶な幼少期から描いて欲しかった気もする。
    いいね

    良い
  • kera_ma_go
    「朴烈 植民地からのアナキスト」この公文書改竄が大問題になってる時期にこの作品を観られるとは。最初は内容の割に妙に緩いノリだなと思ったんだけどそのノリを武器に最後まで突っ走ると思わなかった。恐ろしく洗練された脚本。こういう作品が作れる国が本当に羨ましい……
    いいね

    良い
  • nagura_team
    金子文子と朴烈、面白かったなあ。脚本と演出、役者の芝居どれもが素晴らしかった。でも題材的にイメージフォーラムでひっそりとやるしかないのかな。最近の日本映画に飽きた方はぜひ。
    いいね
  • kaonozo
    「金子文子と朴烈」は見終わって3日たっても、あれこれ思うことの出来る秀逸な映画であった〜強烈な金子文子さんの生きざまを知ったし、良く配慮された映画だとつくづく思う〜 #金子文子と朴烈
    いいね
  • saisighs
    映画「金子文子と朴烈」の中に関東大震災のシーンがあって、地震のシーンを見ると今でもドキドキしてつらい。自分や家族が怪我をしたりしたわけじゃないのに、あとからじわじわきた。20年以上経ってもずっと、ドキドキしてこわいな。
    いいね
  • masato009
    『金子文子と朴烈』私の場合、演劇→朴烈のその後を知って衝撃を受ける→映画、という順番だったわけだが、それによって人一倍この映画を楽しめたように思う。この映画に関しては、ネタバレはほとんど意味がない。事件の概要を知り、朴烈のその後の人生まで知ってこそ、より感動できるはずだ。
    いいね
  • horry_a
    「金子文子と朴烈」と、詩人・尹東柱と宋夢奎を描いた「空と星と風の詩人」を2本連続で見てきた。どちらも素晴らしかった。 特によかったのが、女性の描かれ方。「金子文子」が同志として対等であることが、いきいきと描かれていたし、尹東柱に関わる女性たちも、自らの意思で彼と関わり→
    いいね
    もっと見る Loading...