TOP >作品データベース >ビール・ストリートの恋人たち

ビール・ストリートの恋人たち

みんなの感想/評価
「ビール・ストリートの恋人たち」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    45
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
1,527
ポジティブ指数91
公開日
2019/2/22
原題
If Beale Street Could Talk
配給
ロングライド
上映時間
119分
解説/あらすじ
「赤ちゃんができたの」――。1970年代のニューヨーク。ティッシュは19歳、恋人のファニーは22歳。幼い頃から共に育ち、自然と愛を育み、運命の相手を互いに見出した2人にとって、それは素晴らしい報告のはずだった。しかし、ファニーは無実の罪で留置所に。彼はティッシュの言葉を面会室のガラス越しに聞いた。小さな諍いで白人警官の怒りを買った彼は強姦罪で逮捕され、有罪となれば刑務所で恥辱に満ちた日々を送るしかない。2人の愛を守るために家族と友人たちはファニーを助け出そうと奔走するが、そこには様々な困難が待ち受けていた...。アカデミー賞作品賞受賞『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督最新作。
©2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Mock_Turtle99
    『ビール・ストリートの恋人たち』ビールストリートというから、てっきりメンフィスが舞台かと思ったらNY。若い2人の姿が切ないまでに瑞々しく、だからこそ、黒人を取り巻く現実、こんな話はいくらでもあったと思われるところが何ともやるせない。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『ビール・ストリートの恋人たち』とんでもなく理不尽で残酷な世の中でのささやかな救いや幸福が美しく描かれている。上質で丁寧なためそのコントラストに深く打たれるが、その反面観ていてしんどくもなるきらいもある。でも良い映画なのは間違いないです。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ビール・ストリートの恋人たち】希望を失った時代でも、街角には幸せがあることが瑞々しく描かれていました。妊娠を告げる場面の、嫉妬するほどの多幸感。一級品の撮影や演技で、小さな幸せを的確に捉えていく丁寧な演出に心奪われました。
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『ビール・ストリートの恋人たち』TCシャンテ。無実の罪で投獄された恋人を救おうとする、黒人女性とその家族の物語。若い男女が結ばれて行く過程の回想シーンと並行で描かれる。人種差別の重いテーマと、情緒的な美しい映像の対比が良い。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ビール・ストリートの恋人たち』劇場で鑑賞。70年代のNYを舞台に、無実の罪で引き裂かれた男女の悲恋が描かれる。叙情を紡ぐ繊細な演出に彩られた物語は、誠実かつ切実な視点と共に甘く苦く、観る者の胸に迫る。流麗なカメラワークも眼福。秀作
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ビール・ストリートの恋人たち  ♦『~闘士たち』という印象だな…。不条理で不平等な世の中に抗う家族の戦い。ディエゴ・ルナとデイヴ・フランコが演じる役に救われる想い。色彩のバランスが絶妙で、全ての瞬間をポストカードにしたくなる。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ビール・ストリートの恋人たち』 70年代のNY、無実の罪で捕らえられた恋人を救おうとする、黒人女性とその家族の物語。出番こそ少ないが、ファニーに罪を被せる白人警官の凶相が圧巻。「デトロイト」の撲殺警官と並ぶヤバさが印象に残った。
    いいね

    良い
  • trustpine
    ビール・ストリートの恋人たち、観ました。1970年代のニューヨークに生きる若い2人に降りかかる無実の罪、2人の愛を守るため家族と友人たちが助け出そうと力を注ぐ。切なくて素敵なラブストーリーです。レジーナ・キングの助演女優賞は文句なしですね。あとコールマン・ドミンゴもいい。
    いいね

    普通
  • snake954
    『ビール・ストリートの恋人たち』みる。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ビール・ストリートの恋人たち』見つめ合う2人、心寄せる家族。吐息や体温まで優しく伝わる監督のタッチは濃厚て独特。しかし引き伸ばしと端折りが交錯する語り口に戸惑い、社会の試練に立ち向かうメロドラマを型通りにこなしたとしか思えず。
    いいね

    普通
  • 51thor
    『ビール・ストリートの恋人たち』苦しくなる程の人種差別が根底脈々と流れる。ごく普通のカップルが冤罪に問われまた家族間の争いも骨肉の争いそのもので胸痛くなる展開。独特なカメラワークと光を利用した色彩の危うさ。幸せを祈る #movie
    いいね

    良い
  • masaakiukulele
    🎬『ビール・ストリートの恋人たち』ビビッドな映像、音楽、そして間、が半端ない。バリー・ジェンキンス監督 × ジェームス・ボールドウィン 期待以上だった。只々切ない。📖本も読む。
    いいね

    良い
  • iChiCo_7
    無実の罪で恋人が捕まり。ムーンライトがいい意味でも悪い意味でもとってもねっとりもったりだなあと思った、その感じ今作でもあった 舐めるようなカメラと地響きみたいな音響、重くて、もうちょっとだけ軽くしてくれたら観やすいかも でも良かった
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ビール・ストリートの恋人たち』光の使い方が上手で美しい作りだが、中身は辛い差別問題が根底に。一途で辛くても前向きなラブストーリーだけど、ラブの方は叙情的過ぎる演出かなとも感じてしまう。ムーンライト程の切なさは感じなかった。
    いいね

    普通
  • garancear
    『ビール・ストリートの恋人たち』予告の印象で恋愛映画かと思えば、そうではあっても、相当しんどい話だった。助演女優賞は納得。静かなテンポで流れる恋人達の幸せそうな顔と警察官の憎々しい顔と…胸焼け気味(当方隊長不良)色彩やファッションが素敵。黄色コーデが可愛い。 #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ビール・ストリートの恋人たち』彼がなんで刑務所にいるのか次第に明らかになっていくのだが、レイプ事件の犯人にさせられた。ポリスの証言によって。その裁判の過程や二人の出会いと子供を生むまでのドラマが淡々と語られる。前作『ムーンライト』の雰囲気。湿ったニューヨークの情景と音楽がいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ビール・ストリートの恋人たち』オープニングは刑務所のガラス越しに妊娠を告げるシーン。19歳の少女の不安。そして喜んでその結果を受け入れる男。次に両親への報告。刑務所にいる男の子供だと告げるのだからかなり勇気がいる。そこもクリア。そして相手の両親への報告。そこは母親と決裂!
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ビール・ストリートの恋人たち』邦題といいポスターといい黒人のラブストーリーなのかと思ってしまうがジェームズ・ボルドウィンが原作だと知って観に行った。邦題に引かれて観に行くとしっぺ返しに遭うようなシリアスな黒人差別が底にあるドラマだった。19歳と22歳の若いカップルが妊娠。
    いいね

    良い
  • chikap11
    『ビール・ストリートの恋人たち』人種差別という闇の深さに激しい恐怖と怒りを覚えた。若い恋人同士が本当に美しく、それぞれのやり方で二人を支えようとする家族もとてもいい。だからこそとてもつらい。美しい映像との対比。そっと心に残る映画。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ビール・ストリートの恋人たち」差別が酷かった時代のこの地域の恋人たちは苦しんだと思います。』https://twitter.com/yukigame/status/1101582822660177920
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...