TOP >作品データベース >天国でまた会おう

天国でまた会おう

みんなの感想/評価
「天国でまた会おう」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    31
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
261
ポジティブ指数100
公開日
2019/3/1
原題
Au Revoir Là-Haut
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
117分
解説/あらすじ
1918年、休戦目前の西部戦線。生き埋めにされたアルベールを救ったエドゥアールは、そのときに顔に重傷を負ってしまう。パリに戻った2人を待っていたのは、戦没者は称えるのに帰還兵には冷たい世間だった。仕事も恋人も失ったアルベールと、生還を家族にひた隠しにするエドゥアール。そこに声を失ったエドゥアールの想いを“通訳”する少女が加わった。一度は負けた人生を巻き返すために、彼らは国を相手にひと儲けする大胆な詐欺を企てる。だが、そこには隠された本当の目的が――。
© 2017 STADENN PROD. – MANCHESTER FILMS – GAUMONT – France 2 CINEMA  
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mattsuanko
    『天国でまた会おう』#movie なんか心に沁みる映画だった。ムリして観に行って良かった(^^)/
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『天国でまた会おう』を鑑賞。停戦間近の戦争で出会った二人。無駄な戦いからひどい運命になっていきますね。仮面の男のデザインがかっこいい。映像が幻想的でなんかおしゃれですね。数奇な運命の物語でおもしろかったです。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『天国でまた会おう』ジャン=ピエール・ジュネやテリー・ギリアム作品を彷彿とさせるという意見には納得。何といっても独特の美的センスの仮面が魅力的で仮面制作者の功績大。真の家族像という点で今日性を持ち得る。古典的な味わいのドラマ。
    いいね

    良い
  • WildChalice
    『天国でまた会おう』凄惨な土埃と爆撃から始まり、それらを覆い隠す対照的に綺羅びやかでバラエティ豊かな仮面と美術の数々が楽しくも何処と無く切なさがあって、展開としても予想がつかない部分が多く大変面白く見られました。登場人物に無駄がないのも見易くて良い。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『天国でまた会おう』数えたカットは1880。エドュワールの顔を隠す仮面や絵画などのアートと痛々しい怪我や泥臭い戦場などか対比的。特に戦場は塹壕からの突撃という短いシーンだが汚く危険で行きたくないと思わせる。中盤から登場する少女がすばらしかった。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『天国でまた会おう』鑑賞。第一次世界大戦で顔に大怪我を負ったエドュワールの悲劇と、そこから社会に反撃するような詐欺行為。怪我の後遺症や貧しさなどがそこここに見られ痛快な様子はあまりない。それだけに、ラストを迎えてタイトルの意味がわかると胸が痛む。時代の再現も抜群の傑作。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『天国でまた会おう』 戦争の犠牲者が仕掛ける前代未聞の詐欺とは!?戦争の理不尽さを問う感動作。フランス映画。 http://eiga-suki.blog.jp/archives/seeyouupthere.html
    いいね

    良い
  • araoji
    『天国でまた会おう』を観る。 戦場で顔に傷を負った男と助けた男が戦後のどさくさに大金を手にしようとする物語。 仏映画らしいエスプリと哀愁を持った作品でとてもいい。 ラストがどうなるか?と思ったが、きれいに着地してすばらしい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『天国でまた会おう』父親との確執もあり、悪徳司令官も姉と結婚して、後々絡んでくる。ただあまり強くはないな。最後はあっけない。でも映画の作りがファンタジックで楽しい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『天国でまた会おう』フェリー二っぽさがある壮大なドラマだった。ミステリー作家ピエール・ルメートルのベストセラーでエンタメ要素もあり物語も飽きない。仮面の男は『BPM ビート・バー・ミニット』で印象的な役をやったナウエル・ペレーズ・ビスカヤート。声が出ない役で仮面だけど表情豊か。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『天国でまた会おう』ファンタジーっぽさがある大河ロマンのフランス映画。第一次世界大戦の塹壕戦。そこで殺人狂の指揮官と死に損なったが絵が好きな青年に助けられた男。青年は一命をとりとめたが顔下半分を負傷。モルヒネを打ちながら壮大な仮面の詐欺師になって、浮浪児の少女も加わる騒動。感動!
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『天国でまた会おう』戦争に人生を狂わされた男たちの復讐譚が、洒落っ気たっぷりで、アーティステックな魅力たっぷりの映画になった。まだ未読のルメートルの原作も読んでみたい。ルメートルと言えば、「その女アレックス」の映画化はどうなったの?
    いいね

    良い
  • ayanya_candy
    #天国でまた会おう 』続き。復讐劇をユーモアを交えて描いていく中で、3人の年齢を超えた友情、そして家族の時間を超えた絆が確かに感じられた。 ラスト、タイトルがこんなにも切なく心に沁みる。 #映画レビュー
    いいね

    良い
  • ayanya_candy
    #天国でまた会おう 』とても良かった。ナウエル・ペレ・ビスカヤーの演技が観たくて鑑賞。戦争でのショッキングな事件により仮面をつけて生きることを余儀無くされた彼が作り出すたくさんの仮面、描くデッサンも素敵だった。#映画レビュー
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『天国でまた会おう』@シャンテ♪戦争で1度命を無くした者同士、そこで芽生えるのは優しさや負い目こにつけこむような関係でもあるのに、崩れることのない付かず離れずな関係に引き込まれた。『天国』で…というこの邦題の厭らしさも結構好き。
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『天国でまた会おう』女は怖いぞ。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『天国でまた会おう』戦争シーンの乾いた土の色に色褪せたような軍服が妙にリアリティーを感じた。マスク初め美術が素晴らしくそれだけでも堪能できます。戦争が有形無形の物を失くさせ狂わせる話であり、親子の話で親の愛の話。二つ目の親子の話も涙
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『天国でまた会おう』戦争シーンの意外な迫力にまずうたれるが、それが奪っていくものは肉体的な傷だけでなく人生そのものなのだなと。だからこそ仕掛けられる詐欺計画にも共感する。エドゥアールの奇妙な仮面とパフォーマンスにも惹きつけられる。悪党の末路とエスプリ効いたラストも楽しく。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『天国でまた会おう』‪2回目。戦争で富を得た者と全てを失ってしまった者‬。その不条理から生まれる詐欺事件‬。主人公はそこに一世一代の復讐を仕掛ける‬。何度観ても切なくて胸が締め付けられる作品だった‬。美術や衣装が美しいのも印象的‬
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『天国でまた会おう』‪鑑賞。二人の帰還兵が企てた詐欺事件は、戦争で儲けたり成り上がった者達への復讐であり、彼らの復権を目指すものでもあった。芸術の力で残酷な運命に打ち勝とうとしたエドゥアールの生き様が切なかった。#eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...